債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

セディナ(OMC)の過払い金請求返還率と回収期間【2017年】

 

_uSB9JAhEkvIiFK_LcJzbu

セディナOMCカードに対する過払い金請求、任意整理、特定調停など、対応を専門家に聞いてきました。

セディナ(OMCカード)、過払い金請求の概要

セディナ(OMCカード)から借入やキャッシングをしているという方の中には「もしかしたら過払い金が発生しているのでは?」と思う方もいるでしょう。

セディナの過払い金対応は良い

実際にセディナ(OMCカード)の過払い金回収率や期間などを調べてみると過払い金請求に応じてくれる可能性は非常に高く、回収率も他の企業に比べれば高いようです。

また過払い金が返還されるまでの期間も比較的短く、その後任意整理をし残債を分割払いで支払いたいと交渉した場合、応じてくれる可能性は非常に高いです。

 

セディナ(OMCカード)に過払い金請求できる人

セディナ(OMCカード)の金利についてみてみると、グレーゾーン撤廃に伴いセディナ(OMCカード)も金利の改定を行いました。

それまでは利息制限法ではなく出資法に基づいた金利を採用していたため現行の18%よりも高い金利で取引をしていたことになります。

2007年9月より以前の借入は対象

つまりセディナ(OMCカード)が金利を改定した2007年9月2日より以前に借入や返済の実績があるという場合、過払い金が発生している可能性があるのです。

元々はOMCカードだったものが現在はセディナで取り扱っていることになりますので、2007年9月2日以前にOMCカードと取引していたという方はセディナに過払い金請求をしてみてください。

 

具体的な過払い金請求の流れ

具体的なセディナ(OMCカード)への過払い金請求実績をみてみると、和解で終わらせる場合、個人で過払い金請求をするよりも、弁護士や司法書士に依頼したほうが回収率は高くなります。

7~9割戻る事も

実際にセディナ(OMCカード)と交渉した専門家によると、7~9割は戻ってくるといいます。

もちろん場合によっては和解金が5割程度になることもありますが、ほとんどの場合は満額に近い回収率となるようです。

回収率に不服があれば訴訟し、満額を勝ち取るしかありませんが期間はその分伸びます。

和解からは早いが初動は遅い

そもそもセディナ(OMCカード)は取引履歴を請求しても開示するまでに最大4ヶ月かかりますから和解が終わってからの返還は早くても初動は非常に遅いです。

和解さえしてしまえば支払までにかかる期間は3ヶ月程度と短いのですが、そこに至るまでの期間は長いと覚えておきましょう。

なお取引期間が長くてもショッピングセンターダイエーやOMCカードに勤務していた実績があるという場合、社員への利率優遇があるため過払い金が発生しないケースがあります。

心当たりのある方は本当に過払い金が発生するかどうか、専門事務所の無料相談で確認してみるといいでしょう。

債務整理弁護士ランキングBEST3

債務整理おすすめ弁護士比較ランキングバナー
債務整理の森からコメント

 - 過払い金請求への消費者金融の対応

債務整理弁護士事務所ランキング