債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

板垣法律事務所で特定調停をした体験談

 

借金問題は素直に弁護士に依頼した方が良い

実際に、板垣法律事務所を利用して特定調停手続きを行った森山さん(仮名)にその体験談を聞いてきました。 債務整理の先輩からアドバイスもありますので、参考にしてみてください。

債務整理をする事になったキッカケと、その時の状況

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

総額230万円の借金が返せなくなり・・・

私は今から10年ほど前に債務整理に強い弁護士事務所に所属している弁護士の先生に依頼して特定調停という形で債務整理を行いました。私が当時借金をしていた金融業者は、

借入先 金額
アコム 30万円
アイフル 50万円
プロミス 50万円
レイク 20万円
スタッフィ 30万円
アメックスショッピング枠 30万円
アメックスキャッシング枠 20万円
合計 230万円

上記の消費者金融5社、クレジットカード会社1社から総額230万円の借り入れを行っている状況でした。

私は当時サラリーマンとして大学を卒業して新卒の社会人として働き始めてから3年目の時でしたが、私が会社から貰う給料から毎月の消費者金融への返済金とクレジットカードの返済金、合わせて月々12万円の返済金を自力で捻出する事が出来なくなり、債務整理を決意しました。

 

弁護士の選び方と、弁護士を決めた理由

インターネットの無料相談から藁にもすがる思いで・・・

私が特定調停という形で債務整理を依頼した弁護士事務所は、埼玉県三郷市早稲田にある「板垣法律事務所」でした。

私が当時債務整理を考え始めていた時にインターネットの広告でも「板垣法律事務所」は自己破産や任意整理、そして特定調停などの借金問題に強い弁護士事務所、という宣伝内容が記載されており、当時消費者金融の金融業者やクレジットカードの運営会社からの借金の督促に悩んで半ばノイローゼ気味になっていた私は藁にもすがる思いでインターネットの広告を経由して「板垣法律事務所」のホームページから「無料相談」のページに行き、入力フォームに必要事項を入力して無料相談を体験する事になりました。

当時、「板垣法律事務所」はインターネットの広告をたくさん出しており、頻繁にインターネットを見ている時に広告が目に入ってきたのも私が板垣法律事務所に依頼したきっかけとなりました。

 

債務整理の方法と、債務整理後の状況

返済額が月々11万円から4万円に減った

特定調停は全ての必要書類の記入を板垣法律事務所の担当弁護士の方がやって下さいました。

私が行ったのは私の当時の借金の借り入れ状況と借り入れ期間を正確に調べて担当の弁護士の方に書面と口頭で実際に「板垣法律事務所」で面談を行って伝えた事と、東京地方裁判所に弁護士の方と特定調停の話し合いを消費者金融の金融業者と行った事、この2点だけでした。

特定調停という形で債務整理を行った後は借金の借り入れ額こそは減額されなかったものの、借金の利息はプロミスを除く全ての消費者金融の金融業者の毎月の利息が29.2%から19.2%に減率され、月々の返済額も減少して返済が楽になりました。

月々の返済額も消費者金融5社の返済額がそれまでの月々合わせて11万円の返済から月々合わせて4万円の返済に減額されました。

消費者金融の毎月の返済額が月々11万円から4万円に減った事で自力で自分の給料から返済金を捻出する事が出来るようになり、特定調停を行ってから丁度5年で230万円の借金を完済する事が出来ました。

 

その弁護士(司法書士)に依頼して良かったか?失敗談など

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

弁護士費用を出し惜しんだ事が失敗でした

私が10年前に板垣法律事務所に特定調停という形で債務整理を依頼した時には、無料相談を最初に行って私の借金状況を詳細に伝えた所、担当の弁護士の方が「特定調停という形で債務整理を行うのが一番適していると思われます」という回答を下さり、所属弁護士の方に特定調停を依頼する事となりました。

特定調停は当時私が借り入れを行っていた消費者金融5社と行い、クレジットカード会社とは行いませんでした。

クレジットカード会社のアメリカンエキスプレスについては、担当弁護士の方が、

「クレジットカードの借り入れは特定調停をしても不調に終わるケースが多いです。アメリカンエキスプレスは毎月1万円の返済なので、このままでも毎月の返済に負担が無ければ特定調停をアメリカンエキスプレスに対しては行わない方向でも良いと思うのですが、どうでしょうか。」

とアドバイスをして下さったので、そのアドバイスに従い、特定調停を行いませんでしたが、確かにクレジットカード会社の返済金1万円は特定調停後に消費者金融5社の返済金が毎月合わせて5万円になった事によりそれほど負担にはならなかったので無理なく返済を続ける事が出来、良いアドバイスをして頂いたと今でも感じています。

上記のようなアドバイスを担当弁護士の方から頂けたのは本当に有難かったです。もし、当時の状況に戻っても私は再び債務整理を「板垣法律事務所」の当時の担当弁護士の方に依頼すると思います。

当時の特定調停における失敗談としては、私は特定調停の為にかかる弁護士費用30万円を出し惜しみして悩んでしまった時期が「板垣法律事務所」に特定調停を正式に依頼する前に1ヶ月間ほどあり、その1ヶ月の間に消費者金融の督促電話が連日私の携帯電話にかかってきて神経を無駄にすり減らしてしまった、という失敗がありました。

もっと早く決断して「板垣法律事務所」に特定調停を依頼しておけば精神的なダメージも少なくて済んだのに、と当時は思いました。

 

債務整理後の状況、これから債務整理をされる方にアドバイス

あのタイミングで特定調停しなければ自殺していたかも

私は10年前に「板垣法律事務所」に特定調停という形で債務整理を依頼して行ってもらい、本当に良かったと感じています。

一番の成果は「板垣法律事務所」の担当弁護士の方によって消費者金融の返済金が月々11万円から月々4万円に減った事が最大の成果でした。

あの時特定調停をしていなければ私はどうなっていたか、もしかしたら自殺のような事もしでかしたかもしれない、そんな心理状態でしたので、本当に特定調停をして良かったと思っています。

「板垣法律事務所」の担当弁護士の方に特定調停を申し立てて頂いた時からピタリと消費者金融の督促の手紙や電話が全て止まった時には本当に心が休まる思いがしました。

「もう督促手紙や取り立ての電話が来ないんだ」、そう感じる事が出来たあの時の安心感は私が特定調停後5年間で借金を完済出来た事の原動力になった気がします。

特定調停後5年間で借り入れ総額230万円の借金を返した後は、妻の出産費用の為に銀行系カードローン会社からお金を30万円ほど借りた以外は借金もせず、現在は無借金で生活する事が出来ています。

特定調停を現在考えている方でもし自力で特定調停をしようとしているのでしたが、私は「素直に弁護士事務所に依頼した方が良いですよ」とアドバイスをしたいです。

理由は、特定調停は自力で一般人の債務者が行っても消費者金融の金融業者との調停が不調に終わる事が多いからです。
特定調停は裁判所に強く法律に強い弁護士事務所に依頼する事をおすすめします。

 

管理人より一言アドバイス

こちらの森山さんの様に、「弁護士に相談するかどうかで悩んで問題を先延ばしにしている」という方は非常に多いようです。実際に、特定調停や任意整理を自分でやろうとする方も中にはいますが、結果を見るとメリットは少ないようにも思いますね。

自分でやるにしても、無料相談で費用が発生する弁護士は少なくなっていますので、まずは下記の様な匿名シミュレーションを利用して相談してみるのも良いかもしれません。

>>街角法律相談所への借金相談はこちらから

 

債務整理弁護士ランキングBEST3

債務整理おすすめ弁護士比較ランキングバナー
債務整理の森からコメント

 - 債務整理の体験談, 特定調停の体験談

債務整理弁護士事務所ランキング