債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

個人再生でクレジットカードが使えなくなるのか

 

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_l

個人再生によるメリットはたくさんあります。しかし、もちろん良いことばかりではありません。デメリットも、当然ながらあります。その中にはクレジットカードを巡る問題も含まれます。じゃあ、クレジットカードをめぐる問題って一体何?というあなたへ。ここでは、クレジットカードに焦点を当て、その取り扱いを探っていきます。

計10年はカードが使えない!?

個人再生のメリットは、もちろんあなたにとって有意義なものもあります。

その代表的なものがこれ。

個人再生のメリット→債務が削減され返済がとても楽になる

しかし、一方ではさまざまなリスクが生じてしまいます。

その一つに新規の融資が出来なくなることがあげられます

以下のことには黄色信号もしくは赤信号が、ともります。

各種のローン

クレジットカードの新規申請

その理由は至って簡単。

個人再生をしたことで、信用情報機関への情報登録として

「この人借金返せずに個人再生しました。しばらく新規融資は要注意人物」

となるようなチェックがついているからです。

この情報機関の事故情報は、ブラックリストと呼ばれ、全部の金融機関および各クレジットカード会社から、あなたの新たな申請はNGとなってしまうのです。

だいたい5年間くらいは新たなクレジットカードがつくれないとみてよいでしょう。

ただし、この5年というのは借金を支払い終えてから5年間ですから・・・

事実上、10年近くはクレジットカードやローンの申請が通らなくなります。

さらに・・次のようなことも起こるので注意が必要です。

所有しているクレジットカードも使用不可に

実は個人再生をすると、現在使っているクレジットカード使用できなくなります。

個人再生の手続きをする前にもっていたクレジットカードは、審査が通って持っているものの、今のあなたの状況においては、新たな借金になりますので、やはりカードは使えなくなるのです。債務整理したのですから、これは当然といえます。こればかりはどうすることもできません。

これらは、個人再生を利用した最大のデメリットといえます。

ただし、よく考えれば・・別にクレジットカードをもっていなくても生活が不便になるわけではありません。買い物をしたら現金払いにすればいいだけで、大げさに嘆くことはないのです。

デビットカードが代役!

そうはいっても、クレジットカードの現金不要のメリットが捨てがたい!

享受したい!と思う債務者も少なからずいるようです。

スーパーなどで普段、買い物をする際にクレジットカードをやたらに利用することはそうそうありません(たまにお茶1本でもクレカを使っている人もいますが)が、少し値段の張る商品を購入する時にはカード払いが便利なのは事実です。ポイントもたまったり、割引になったりもします。

しかし、個人再生の利用者はクレジットカードが使えない・・。

そこでオススメなのがデビットカードです。

デビットカードはあらかじめ現金をチャージしておけば現金いらずで買い物ができます。クレジットカードの代替品としても、注目を集めています。チャージ分だけしか使えないことから借金をするわけでもないし、破たんすることもありません。

デビットカードは債務者向き!?

先に述べたような意味では、デビットカードは債務整理をした人に向いているカードといえるでしょう。クレジットカードのように特別な審査はないため、個人再生を利用してもデビットカードをもつことはできます。

ただ一点難をあげれば・・

デビットカードが使えるお店がクレジットカードに比べれば少ないことです。

しかしながら現在、デビットカードの利用店は広がりを見せています。

クレジットカードの代わりに所有しておくのもよいでしょう。クレジットカードが使えれば、利便性はいいですが、もし個人再生で使えなくなったときには、デビットカードでもその代役は務まります。

クレジット停止になったときには、検討に値するアイテムといえるでしょう。

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

債務整理弁護士ランキングBEST3

債務整理おすすめ弁護士比較ランキングバナー
債務整理の森からコメント

 - 個人再生後のカード借入や住宅ローン

債務整理弁護士事務所ランキング