債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

売掛金は個人再生では財産扱い

      2016/08/21

個人再生と売掛金の関わりとは

事業を営んでいると売掛金が発生します。この売掛金が個人再生において、どのように財産処理されるのかで手続きにも大きく影響を与えます。

売掛金があると個人再生にはどうか?について考えてみます。

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s

売掛金は財産として清算価値保証の対象とされる!

個人再生の申立てをする債務者の職業はさまざまです。

サラリーマンもいれば契約社員などの非正規雇用者もいます。自営業の方もいらっしゃるでしょう。

〇個人再生に至るプロセス

〇債務者の職業

この2種類は様々な形で存在しているのはご存知の通りです。

サラリーマンではない、自営業や個人事業主なら取引先に売掛金などを所有しているはずです。

売掛金とは・・・取引先からの未回収金。実質あなたの資産です。

この売掛金は個人再生の中でどのような位置づけになるか?によって意味が大きく変わってきます。

事業を営んでいると、多かれ少なかれ、ある程度の資金が動きますね。

この資金の流れが個人再生の手続きにも影響を与えるのです。

というのも、通常は債務者の財産については裁判所へ報告しなければなりません。その際、売掛金についての扱いが問題になることがあります。

売掛金は実務上、清算価値保証の対象とされます。

〇清算価値保証とは・・・

個人再生における返済額が自己破産の清算金を上回らなければならないとされている、という決まりです。簡単に言いますと、現在保有している資産の総額は、最低限払わねばならないという原則を言います。

ですから売掛金を財産とみなし、清算価値保証に充当することは、個人再生の返済額が増えることになります。

⇒ ポイントなのは・・・

清算価値保証に組み込まれるのは=再生手続き前までに発生した売掛金!

ということです。

したがって、再生手続き後の売掛金はその対象にはならないのです。

個人再生において売掛金が財産扱いになるという点は押さえておきたいものです。もし忘れていると、「こんなに返済金額が多かったっけ?」

ということにもなりかねません。そのため現在の財産状況と負債状況をきちんと把握することはとても大事なことなのです。

個人再生をするにあたっては、個人事業や自営業の方は取引先からの売掛金の回収についても把握しておくようにしなければならないのです。

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

債務整理弁護士ランキングBEST3

債務整理おすすめ弁護士比較ランキングバナー
債務整理の森からコメント

 - 個人再生とは?メリットとデメリット

債務整理弁護士事務所ランキング