債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

債務(負債)と借金の違いとは?

 

借金を整理できる方法を債務整理といいますが、債務整理について調べていると「負債」「債務」「債権」「借金」など似たような言葉が多く出てきます。

この記事では、債務整理について調べていると出てくる債権・債権者・債務者・借金・負債などの用語の違いについて説明します。

債務(負債)と借金の違いは?

債務とは

法律上の用語で「法的に物を渡したり、お金を払ったり、何かをする義務が発生しているもの」を総称して債務といいます。債務整理の場合でいうと、債務とは「お金を返す義務」のことです。

債務とは

債務は「特定の人に対し何らかの給付・行為をする法的義務がある」という広い意味のため、目的が金銭の給付とは限りません。例えば、雇用契約や業務請負契約なども債務となります。お金を返す義務がある場合は「金銭債務」と呼ぶことがあります。

債務者とは、特定の債権者にお金を借りている(カードローンなどの借金)のほか、住宅ローンや自動車ローンなどの未払い、借金を滞納しているなど、支払いの義務がある人を言います。

反対の言葉として債権があります。こちらは「特定の人に対し何らかの給付・行為を請求する法的権利がある」という意味で、お金を返して欲しいと請求する場合は「金銭債権」と呼ぶことがあります。

債権者とは、債務者に対して金銭の給付を請求できる人を言います。債権者は、例えば借金であれば貸金業者、住宅ローンや自動車ローンなら銀行となります。

借金とは

法的に「金銭消費貸借契約」を交わし、お金を借りることを借金といいます

借金とは

借金は、貸主から金銭の交付を受け、借り主は受けた金銭と同額(または契約で決めた利息を含めた金額)を返済しないといけなせん。

債務整理では、貸主が銀行やクレジット会社、消費者金融などになります。

負債とは

企業の簿記会計用語で「企業が第三者に支払う義務があるもの」を総称して負債といいます。簡単に言うと、会社の借金です。

企業がどのように資金を調達し、どのように運用しているかを表したものを貸借対照表(バランスシート)といいますが、この表は3つの項目「資産」「負債」「純資産」に分かれています。

貸借対照表

  • 資産…現金・預金・売掛金・建物など「調達した資金の使い道」
  • 負債…買掛金・未払金・預り金・借入金など「借金して調達した資金」
  • 純資産…株主の出資金など「返済の必要がない資金」

このように、「負債」とは会社が銀行などから借りたお金を言いますので、個人が債務整理をする際にはあまり使うことがない用語です。会社や企業が負債を整理して事業を再生する債務整理や会社の破産手続きなどでは使われる用語です。

負債・債務・借金の違いとは

上記のように、似たような言葉であっても実は違います。

負債は会計用語で会社の借金のこと。債務整理に関係のある用語としては、お金に限らず何らかの行為をする義務を総称した「債務」と、契約に基づいてお金を返す義務がある「借金」となります。

債務整理における債務とは

債務整理における「債務」とはお金を返す義務のこと、つまり借金と同じ意味となります。

この借金を整理する方法を債務整理と呼んでいます。債務整理には、任意整理・特定調停・個人民事再生・自己破産があり、どの方法で整理をすると最適かは状況によって違ってきます。迷う場合や、専門家に意見を聞きたい場合は司法書士または弁護士に相談しましょう。

月間相談件数600件以上の債務整理専門弁護士に相談してみる

The following two tabs change content below.
西岡容子

西岡容子

熊本にて夫婦で司法書士事務所を営む。10年以上の実務経験で、債務整理の経験も豊富。現場での経験を活かしてユーザーのためになる確かな記事を執筆中。
西岡容子

最新記事 by 西岡容子 (全て見る)

債務整理弁護士ランキングBEST3

債務整理おすすめ弁護士比較ランキングバナー
債務整理の森からコメント

 - 借金が返せないとどうなる?対策集

債務整理弁護士事務所ランキング