債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

債務整理後にスマホ分割購入の審査は通るのか

 

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s

債務整理をしたあとに、スマホの分割購入ができるかどうかという話ですが、審査に通らない可能性があれば、「債務整理の方法」や「債務整理先」を考える必要が出てきますよね。

これから債務整理を検討していて、スマホの買い替えなどを予定している場合には、まずスマホ購入時の審査内容について知る必要があります。

スマホを分割購入する際の審査とは?

最近のスマホの最新機種や高級機種の値段は、携帯電話という枠を超えて既にパソコン並みの価格になりつつあり、分割購入が一般的となりました。

しかし、誰でも分割購入の審査が通るわけではありません。

マンションや車の分割購入と違いスマホの分割購入は簡単に考えている人も多いですが、実はスマホの分割購入もマンションや車の分割購入と同様に購入の際は審査が待ち受けています。

つまり、ドコモでもソフトバンクでもauでもスマホを分割購入する場合は、割賦販売法によって信用情報機関の情報をもとに、審査が義務付けられています。

もちろん、スマホの分割購入価格はマンションや車の分割購入と比べると金額が小さいため、普通に生活している大部分の利用者は問題無く審査をパスすることができます。しかしながら、ごく一部の利用者は審査をパスすることができません。

審査に落ちる原因は携帯料金の滞納歴と債務整理歴

審査をパスすることができない人の大部分は過去に携帯電話やスマホの利用料を滞納したことがある人です。

また、ごく一部の人は過去の債務整理が原因で個人信用情報機関に事故情報が記録されたいわゆるブラックリストの人です。

従って、上記の2つに心当たりのある人はスマホを分割購入する際の審査にパスできない場合があります。

ということは、これから債務整理を検討する人はどうしたら良いのでしょうか?ポイントなども併せて解説します。まずは審査する内容についてみてみましょう。

携帯会社はTCAという信用情報機関を持っている

TCAは携帯電話特有の信用情報機関

ドコモやソフトバンクやもauなどの携帯会社がTCAという信用情報機関を持っていることは余り知られていませんが、TCAとは社団法人電気通信事業者協会のことで携帯電話やPHS・固定電話・衛星通信事業者・ケーブルテレビ事業者などの間で共通の課題に対応するために発足した社団法人です。

つまり、携帯会社や衛星通信事業者やケーブルテレビ事業者の業界団体で専門の信用情報機関ではありませんが、携帯電話・スマホ・PHS・固定電話などの不払い情報の管理も行っています。

電話関連の支払い情報を一元管理

携帯電話・スマホ・PHS・固定電話などの不払いが発生した場合、TCAに記録されていますから、その後にスマホを分割購入する際などの審査で過去の不払いが発覚するということです。

それに加えて専門の個人信用情報機関の個人情報が控えています。

一般の信用情報機関

個人信用情報機関には全国銀行個人信用情報センター・日本信用情報機構・CICなどがありますが、各情報機関には個人の過去のカードローン借入履歴や返済履歴・クレジットカードの使用履歴などが記録されています。そして、特に、2週間以上の延滞履歴や不払い履歴や事故情報などが記録されています。

つまり、カードローンやクレジットカードの2週間以上の延滞や、任意整理・個人再生手続・自己破産手続などの債務整理の情報が記録されています。

その様な情報は少なくとも5年~10年記録されることになっており、その間にカードローンや住宅ローン・クレジットカードなどの審査が行われた場合、それらの情報により申込者は審査をパスすることはできません。もちろん、スマホの分割購入を含む全ての割賦販売の審査にもこの信用情報が使われています。

債務整理後にスマホ分割購入を申込むには

そこで、債務整理を行う場合にあらかじめ以下の様な対応をすることができます。

苦しくても電話会社の支払いは続けておく

例えば、任意整理を行う場合、任意整理の対象から電話会社を外すことです。

任意整理は債務者と金融業者との民民の和解交渉ですから、債務整理の対象を自由に選択することができます。

例えば、5社のカードローンと1社のクレジットカードの債務がある人が、2社のカードローン会社と1社のクレジットカード会社とだけ任意整理交渉を行い、他社には今まで通りの返済を続けることもできるのです。

その時に携帯会社の支払いも継続しておけば、先程のTCAに不払い記録が載りません。ただし、任意整理を行った事実は個人信用情報機関に記録されていますから、スマホの新機種を分割購入することはできない場合が多いと言えます。

債務整理をすると5~10年分割購入ができない

任意整理・個人再生手続・自己破産手続などの債務整理を行った人は、少なくとも5年~10年は携帯電話やスマホを分割払いで購入することはできない可能性が高いです。

ただ、過去に携帯会社への不払いなどが無ければ、機種代を現金での一括払いにすることで申込みはできる場合が多いと言えます。

トライしてみるのも手

つまり、債務整理を行った人がスマホを分割購入するには少なくとも債務整理から5年以上経過することが必要ですが、各携帯会社の審査ポリシーに差があることも事実で実際に5年未満でも審査にパスするケースも見受けられます。

従って、5年経過前後からトライしてみるのも手です。

債務整理が得意な弁護士(司法書士)に依頼をする

最後ですが、債務整理後の分割購入やその他住宅ローンや車のローンなど、心配であれば債務整理の相談件数が多い法律家を選ぶことが大切です。

債務整理と言っても内容は人により異なりますが、その事例を数多く対処している方が、有利な選択肢は増えます。電話会社は債務整理対象から外すべきなのか?債務整理をするべきではないのか?など、具体的な内容は専門家に相談するしかありません。

まとめ

  • 債務整理後にスマホ購入予定がある場合は、電話会社の支払いを続けておく
  • 債務整理をすると原則5年は分割購入ができなくなる
  • 債務整理に詳しい専門家に相談する

債務整理に強いおすすめ弁護士はこちら

 

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

債務整理弁護士ランキングBEST3

債務整理おすすめ弁護士比較ランキングバナー
債務整理の森からコメント

 - 債務整理後の借入れや住宅ローン

債務整理弁護士事務所ランキング