借金で死にたいあなたへ

 

当サイトへの問い合わせでも、借金地獄で返済ができず、取り立てに追われる毎日で死にたい・・・というメールを頂く事がある。

しかし、解決策はいくつもあるはず。

死ななくて良かった、という方も大勢いる。

少し厳しい事を言うかもしれないがこの記事だけは本気で言いたい事を言わせて頂く。

借金問題と言っても、任意整理や自己破産など方法は違い、ヤミ金問題でも対処は可能だ。

あなたが方法を知らないだけかもしれない。

まずは一度読んでみて、死ぬならそれからにしてほしい。

a826991badff12df31b36cbdc5d9b201_s

借金返済が出来なく死にたい?笑わせるな

まず最初に言っておく。

もし、借金を返済することが出来なくて、今まさに死にたいと考えているのであれば、その考えを今すぐに捨ててほしい。

死ぬことで本当に解決するのか?

正直な話、自分自身が死ぬことで永遠に借金の取り立てに悩まされることも無くなるが、それで本当に良いのか。

ありふれたセリフでアドバイスの様な事もしたくはないが、遺された人間はたまったもんではない。

はっきり言ってあなたが借金地獄で死ぬことによってどれだけの人が迷惑するのかという事だ。

自分には心配してくれる家族などいない?

それでも迷惑する人間はたくさんいる、死んだあなたを処理する人、手続きをする人、借金の責任を背負わされる人、数えだしたらキリがない。

全てはあなた自身の責任

はっきりさせておきたいのだが、今あなたに起きている状況は100%「あなたの責任」だ。

どんな理由で借金を作ってしまったのかは知らない。

いかなる理由であれ、今現実として起きている事はあなたの責任だ。

なぜ今の状況になったのか良く考えてみてほしい。

事業に失敗したのか、ギャンブル依存でつぎ込んだのか、買い物依存か、連帯保証人の借金なのか、恋人に貢いだのか、なんなのかはわからないがすべてあなたが決めたことだろう。

敗者は敗者の責任を取るしかない、あなたが決めてきた人生なのだから。

しかし責任を取るというのは死ぬことじゃない

死ぬことで保険金や住宅を家族に残せると思っている人も多いかもしれない。

だけど、死ぬことは逃げでしかない。

またあなたは自分の責任から逃れようとしているのだ。

逆説的に言えば、恐らくその認識がないからあなたは借金まみれでいる事に危機感を感じないままどうしようもないところまできてしまったんだろう。

そして、死ぬことですべてから逃げようとしている。

死ぬとどうなるか知っているのか?

貴方はもうこの世の人間では無くなり、やりたいことやりたかったこと全てが永遠に閉ざされ、無となる。なんの価値もなくなってしまう。

遺された人の悲しみ

何より家族である両親や兄弟、子供たち、そして友人や恋人、同僚などあらゆる人に多大な悲しみを与える事になる。

もしあなたが人の親であるならわかるだろう。

どれだけ子供がかわいいかが。

どんな子供でも親からは無償の愛を与えられて生まれてきている。

その後どのように育ったかはわからないが、命の無駄遣いほど愚かな事はない。

借金を返済することが出来なくなった程度のことで、死にたいと考えるなんてバカとしか言いようがない。

返さなければいい。

逃げ出せばいい。

お金なんて払えなければ払わなければ良いだけだ。

それだけの覚悟がないだけだろう。死ぬ覚悟があるなら死んだ気で借金を踏み倒せばいい。

今「借金程度のこと」という言葉を使ったが、私は決して借金の返済を軽視しているワケではない。

命はお金に替えられない

消費者金融からのキャッシングや銀行カードローンなどで借りたお金は必ず返済義務があり、当然返さなければいけない。

しかし、人間の命というのはお金に替える事はできない。他に代替品など存在しないのだ。

死ぬほどに辛いのはなぜだ?

一度書き出してみる事をおすすめする。

口語体で紙に書くことであなたを死に追い詰めるほどの恐怖や不安がはっきりと目で認識できるようになる。

恐らくその理由は、

  • 借金を返す事ができない、生活費が足りない
  • それによって人に迷惑をかける
  • 取立てのプレッシャーに耐えられない
  • 多額の借金の重みに耐えきれない

恐らくこんなところがメインだろう。

しかし、多重債務であっても、これらの問題はすべて債務整理をすることによって、法的に借金問題を解決することができる。

あきらめないでほしい。

債務整理は私達国民全員に認められている権利であり、生活を立て直すための最終手段だ。

必殺技と思ってもらっていい。

収入がなければ生活保護を受けるという方法だってある。

死ぬことは借金返済の最終手段ではない事をわかってほしい。

命の使い方

少し話が変わるが、命の使い方、と聞いてピンとくるだろうか。

「命」の「使い方」、つまり、「使命」だ。

あなたはなんのために生まれてきたのだろうか、考えた事があるか。

それは、人間に許されている唯一の特権を利用するためだ。

人間に許された唯一の特権、それはつまり、「笑う事」だ。

動物は笑わない、植物も笑わない、物質や細胞などあらゆるものも笑う事はない。

唯一笑う事ができるのは人間だけだ。

あなたもまだ笑える。死にさえしなければ、だが。

借金自殺の統計

内閣府のサイトに借金による自殺者の統計データが記載されていたので引用する。

債務問題による自殺者の推移

0というのは前年の数値を基準にしているので、マイナスの振れ幅は気にしないでほしい。

問題はピンク色の部分、債務関係が原因による自殺者の割合だ。

水色の生活苦というのも同じと考えるとあまりにも多い。

愚かとしか言いようがない。

あなたもこの統計の一部となるのか、借金地獄を解決して人生をやり直すのか、この先をもう少し読み進めてから再度考え直してほしい。

債務整理で返済義務は無くなる?

ここまでのお話で「死にたい」という考えについてもう一度考えてもらえただろうか。

ここからは、具体的に債務整理の方法や、借金問題を解決するための方法を紹介していきたい。

あなたの借金もなんらかの方法で必ず解決することができる。

代表的な債務整理の方法

債務整理と一言で言っても「任意整理」「自己破産」「個人再生」「特定調停」など様々な種類があり、中でも最も多くの債務者が選んでいるのが任意整理だ。

どの債務整理を行うにしても、まず最初に弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談し、回答を得る事になる。

行政の無料相談窓口に出向いたり、電話相談を行ったとしても、結局は法律事務所を紹介されることになるので同じだ。

弁護士や司法書士へ債務整理の相談をすることで、現在の総借入額と収入から、どの債務整理方法が最も適切なのかをアドバイスをもらう事ができる。

つまり、あなたの場合自己破産しかない、または自己破産しなくても任意整理で解決できる、などという選択肢を絞ってもらう事ができる。

任意整理

例えば任意整理の場合、債務者本人から依頼を受けた弁護士や司法書士が、債権者と直接交渉し、借金の利息を無くしたり、毎月無理の無い返済額にリスケジュールしてもらうことが可能となる。

また利息の引き直し計算によって過払い金が発生していた場合には、その払い過ぎたお金を返還してもらうこともできる

任意整理の特徴として、裁判所を通さずに交渉を進めていくことが出来るので、面倒くさい書類集めや裁判所への出頭などは必要ない。

ただ任意整理は借金の返済義務を無くすための手続きではないので、その後毎月返済をしていく必要がある。

自己破産

借金そのものを全て帳消しに出来る債務整理が自己破産だ。

あなたの借金がとうてい返すことができない金額なら自己破産をするしかない。

自己破産では裁判所の判断により借金返済義務を無くすことが出来るが、官報への掲載や20万円を超える財産の没収などが課せられる。

それでも借金問題は完全に解決することが出来るため、無事に免責がおりれば「死」という言葉が頭の中から消え去るはずだ。

パチンコや競馬などに使った借金でも、十分な反省と心を入れ替えるということが裁判所に伝われば自己破産が認められる。

というより、判例ではほとんど認められている。

合わせて読みたい

闇金問題も弁護士の相談窓口へ

闇金からの強引な取り立てが苦痛で、死にたいと考えている人も中にはいると思うが、それも何も心配する事はない。

確かに闇金というのは、暴力的とも言える取り立てを平気で行ってくるし、自分だけではなく家族や会社にも迷惑をかけてしまうことがある。

これがキツくて死にたいと考える人も多いだろう。

会社員だったのに、仕事を辞めなければいけない状態にまで追い込まれてしまっている人もいるだろう。

現実に、闇金から逃げるために死んでいった自殺者は数多くいる。

闇金の返済義務

しかし闇金は違法行為であり、お金を借りてしまったとしても、それを返済する義務はない。

つまり死のうと考えるなんてもってのほかだ、ヤミ金に対する仕返しにもならない。

警察に相談をしても暴力的な被害を受けていなければ動いてくれないので、やはり債務整理と同様に弁護士や司法書士へ相談するしかない。

自分自身でしっかりと対応し、一切金を払わない態度を見せればそのうち諦めるが、嫌がらせに耐え切らなければいけない。

これは現実的ではないので、今すぐに闇金対応が可能な弁護士に依頼すればいい。

それで終わりだ。

闇金問題に強い法律事務所では、闇金で悩む人達専用の相談窓口を設置しているケースも多いので、自殺防止のためにも、迷わず電話をして全てを話してほしい。

全国様々な地域で闇金に対応してくれる弁護士事務所もあるから、心配する必要はない。

即座に弁護士や司法書士が受任通知を闇金業者に送り付け、相談者に対しての取り立ては一切無くなる。

合わせて読みたい

元本の支払いも不要

そして利息はもちろんのこと、実際に借りた元本そのものの支払い義務も無くなる。

 

いかがだろうか?

借金問題で死ぬことが、どれだけ無駄で意味の無い死だということを理解してもらえただろうか?

自殺関連や、自殺対策の情報なんて知る必要なんてない。

死を選ばなくとも借金問題解決への扉は常に開いている。

とにかく借金で死ぬのだけはやめてほしい。

命を粗末にしないでほしい。

合わせて読みたい
The following two tabs change content below.
債務整理の森中の人

債務整理の森中の人

債務整理の森編集長。ユーザーの求めている情報をわかりやすく配信することを最優先し、記事の編集に励んでいます。

挿入サンク

  • 記事を読んでもわからなかった
  • 具体的な内容を相談したい

という方は、お気軽にお電話でもメールでもお問合せください。

↓24時間無料相談受付中↓


 - 借金が返せないとどうなる?対策集