ニューウェイズ(モデーア)で借金まみれになり差し押さえされた男の悲劇

 

今回、債務整理の経験、借金の体験談記事ということで書くことになりました細川亮です。
現在30歳です。

現在は、ブログやライティング活動を行っております。
負債は500万超えですが、普通に生きてます笑

今回はそんな自分が

  • 何故借金そしたのか?
  • これからどうしていくのか?

を皆さんにお伝えしていきます!

今借金されてる方の何か参考や、暇つぶしになれば幸いです!

現在の借金状況

住信SBI → SMBCコンシューマファイナンス(債権譲渡)

2,200,000円 → 裁判により圧縮 現在919,000円+延滞損害金

↑毎回このような督促通知が来る 遅延損害金がえげつなく上昇中だ

三井住友カードローン

225,000円 + 利子増加中

三井住友クレジットカード(ショッピング&キャッシング)

1,155,000円 + 利子増加中

クレディセゾン

90,000円

エポスカード(ショッピング&キャッシング)

1,520,000円 + 利子増加中

個人(経営者)

150,000円 (元本50万円)

知人の経営者に借りたお金。 これだけはしっかりと返済中である。

両親

1,000,000円

会社設立時や、諸々で相当支援してもらっている。
100万円は概算である。

合計:5,058,000円 + 毎日増加

いきなり思い画像を連続して載せましたが、これが現在の借入状況です。
では、この借金がいかにして増えてきたのかをこれから書いていきます。

恐怖のマルチ!”担ぐ”という謎文化

このクレイジーなツラが全てを物語ってますね

2011年7月~2012年7月、当時23歳

高専を卒業して、就職で福岡から上京

細川

社長になったらぁ!!

 

と意気込む血気盛んな若者でした。

しかし!現実はそう甘くないわけです。

シゴトはうまく行かず、怒られまくり失意の日々・・・

細川

こんなはずじゃなかったのに・・・

 

そんな時若者がハマるものと言えば・・・そう!

「マルチ商法」ですね!笑

いや、実際にとても当時は魅力的に感じたのです。

何故なら

  • どんな人でも成功できる!(←会社でダメダメな自分でもいける!
  • 大事なのはどれだけコミットするかだ!(←うぉぉぉやる気だけはある!
  • ここにはあなたを承認する仲間がいる!(←やったぁぁぁ

こんな感じのグループだったので、それはもう気持ちが盛り上がりました。

細川

なんて素敵な環境なんだ!

 

と思い

即そのマルチ(当時:ニューウエイズ 現在モデーア)にサインアップするのでした。

スターターキットを買うためにEP◯Sカードで25万円の借金をして・・・。

これが人生ではじめての借金でしたね。
しかし、こんなのはまだまだ序の口です。

本当の恐怖はココから始まるのでした。。。

アップラインを担ごう!←?!

皆さんは、「アップラインを担ぐ」という言葉をご存知でしょうか?

はい もちろんご存じないですよね。

ここで簡単に説明しますと。

「アップライン」というのは、自分の紹介者もしくはその紹介者の紹介者の紹介者の・・・と、自分の紹介の直接連鎖の前に始めてた人のことを言います。

で、その人を「担ぐ」とはどういうことか。。。

ここでマルチのシステムである「報酬体系」が関係してきます。

これはダウンライン(いわゆる子ねずみ笑)の売上量に応じて「タイトル」という入ってくる報酬がアップする基準というものがあるんですね。

つまり、子ねずみの売上次第でアップラインの「タイトル」が決まってくるということです。

ってことは大事なのはその子ねずみ達に如何にして売らせるか?が大事になるかと思いきや・・・そんな簡単に売れるようになれるほど、世の中甘くないです。

しかし、親ネズミ(いっちゃった笑)は「タイトル」を意地でも取りたい・・・そしたらどうするのか?そこで「担ぐ」という言葉に戻ってきます。

自分もこの「担ぐ」の担ぐ側になったので簡単に説明しますと。

紹介者には3人の子ねずみがついていてその3人が月に12万円の売上を立てたら達成できるとある「タイトル」がありました。

親ねずみ

そのタイトルを取りたい! だからみんな協力してくれ!!

 

紹介者は熱く語ります。

そしてその師匠と言われる親ネズミからも

親親ねずみ

紹介者を担ぐものが、自分も担がれる者になる 稼ぎたいなら担げ!

 

みたいな感じのことを推奨してくるわけです。

そりゃあバリバリ意識高い系風情に染まってる自分は

細川

よっしゃ!紹介者さん担ぎます!おすおす! 気合っす!

 

みたいな感じで盛り上がるわけです。

ただ! 12万円を1ヶ月で素人が売ろうなんて甘い甘い

結局製品なんて売れないし(そもそもこのグループでは推奨してなかった)自分みたいに25万円でスタートする人も見つけられなかった。

このままじゃ紹介者さんを担げない・・・

親ねずみ

担ぐって決めたなら・・・やることはひとつだよな?

細川

そうです!担ぐって決めたんで意地でも達成します!おす!

 

とクレジットカードのショッピング枠を使って12万円分の商品を購入・・・これがいわゆる初自己購入で、在庫をかかることになります。(小売しないのに)

何が恐ろしいかって、今こうしてみたら「は?なんで12万円も買うとかアホやろ!」って思うんですけど、そこが5000人近くのグループを作ったマルチの組織力。

まるでそれが、正解かのように間違っているのは、自分なのかのように見事に洗脳しているんですね。

担ぐのあとは“基準は下げない”

そして見事に表彰される紹介者。
もう子ねずみの我々も大喜びです。

そして、なんとかその月は凌げましたが・・・次の段階は「一度上げた基準は下げない」という。

またそのグループ独自の文化が会ったのです。

親ねずみ

一度12万円の基準値を達成したなら、下げてはイケナイ 達成し続けるのが成功者だ!

細川

そうっすね! 自分も成功者なりたいっす! 基準達成し続けます!おすおす!

 

と言った具合に、師匠と言われる親ネズミの言われることは絶対なので基準値を守るために、25万円のパッケージでスタートする人を探す日々。

しかし、そんな簡単に見つからずまた12万円分を自己購入・・・そんなことを2ヶ月、3ヶ月。。。と続けていきました。

極めつけは自己啓発セミナー

このグループの恐ろしいところは「自己啓発セミナー」を主催する会社と組んで丹念に洗脳をしているということですね。

その参加費20万円!!高い笑

もうクレジットカードのショッピング枠完全に使い切りますよね。そりゃ。

ただ、自分はこの自己啓発セミナーがかえって気づくきっかけになったので良かったです。

「あなたの本当に大事な人は誰でしょう?」という問いが最後にあったのですがそれは・・・両親だな!と思いました。

しかし、そのセミナーでは「紹介者」を大事にしよう 的な流れでフィナーレだったんですね。

そこに猛烈な違和感を覚えて、少しづつ疑うように成りました。

ルームシェア→脱走

その自己啓発セミナーを受けてから、もう基準値を達成するお金もなくなりどうしよう・・・となっていたところ

紹介者から「ルームシェアして一緒にすもう」と提案があります。

お金も無かったし、まぁ面白い連中といるんだからいいか。と思ってルームシェアを始めました。

しかし、人間一緒に住むと嫌なこととかも見えてきますよね。
そして、その嫌な部分の矢印がグループにも向くようになっていきました。

そこでグループでは禁止されている「ネットで調べる」をやってみたところ出てくる出てくる 多大な借金をして、去っていった人たちの超絶アンチな意見が笑

「流石にここはまずい!」とついに目が覚めた自分は怖くなって荷物をそそくさとまとめ、友達の家に転がり込んでそのグループとはおさらばしたのでした・・・

借金70万円と、今回のネタになる経験を残して笑

結婚式で150万円の借金

2014年 1~3月、当時25歳

結婚式は二次会までハデにやりました

 

カルト的マルチを抜けてからは、至って普通の会社で営業をしておりました。

仕事自体はめちゃくちゃ絶好調!ってわけでもかと言って悪いというわけでもなく日々なんとな~く過ごしておりました。

収入も安定してきたため、その当時3年ほど付き合っていた彼女にプロポーズし結婚しました。(もちろん今も奥さんです笑

そして、2013年3月から同棲をスタートして翌年の2014年4月に結婚式をしよう!と決めて

しかし、金遣いは結婚しても別に良くなるわけではなく毎月ギリギリ生活でした。

尚、妻とは独立採算制を取っており自分が家賃や光熱費等の固定費妻が食費などの変動費を払う。

そんな感じで分けて後の金額は二人がそれぞれ自由に使う。
というスタイルををとっておりました。

で!!

結婚式を控えていながら、大して貯金などせず結婚式3ヶ月前をむかえることになります。

そこで、気づきます。

細川

ヤバイ 金が足りん

 

普通の方ならそこで、「うまくやりくりしよう」だったり「結婚式を工夫して金額を抑えよう」ってなりますよね。

自分は違います。

細川

借金すればええんや!!!

 

見事にマルチ時代にした経験が活かされて(?)「なければ借金!」という選択肢を選びます。

そんな自分が即行ったのは「銀行系カードローン」です。

これならそれなりの額を、目的関係なく借金することが出来ます!

即、銀行ATMコーナーの隅にあるあの囲われたゾーンに入り、ローンを申請しました。

結果極度額150万円まで通すことができました。
その時は思わずガッツポーズ!

そして、そのお金を元に妻の望み通りの結婚式を挙げたのでした。

いやぁ銀行残高0なのに、あの大金が出てくる感覚は、金銭感覚イカレますね。
みなさんも是非お気をつけて。

ココらへんで既に、マルチの時の借金は大して減ってなかったので200万円くらいいってましたね。
それでもまだまだ、中盤もいってないくらいです。
さぁここからどうなっていくんでしょう。

リボ払いの闇

2014~2015年、当時25~26歳

ここまでは、まだ使いみちが分かるようなものなのでいいのですが結構ヤバかったのが「リボ払い」によりやらかしたことです。

これは本当に恐怖でした。。。

自分のクレカは特に何も気にしてなかったのですが毎月の支払いが3万円で固定されてのリボ払いになってました。
なので“一括払い”で切ったものも含めて全てショッピング枠を利用しての購入になっていたのです。

いくらクレカを使っても

細川

特に家計苦しくないな~


なんて思ってたものですから(明細とか全然見ていなかった)

気づいたらなんと「100万円のショッピング枠全て使い切る」という事態になっておりました。

これ気づいたのは確か2015年の冬でしたねぇ。
不意を付かれたのでこればっかりは本当にショックは隠せませんでした・・・

ひとまずなんとか冬のボーナスで、まとめて返済しつつ取り戻したのは覚えてます。

リボ払いはマジで危険なのでもっと注意喚起して欲しいですねぇ。

起業準備&セミナーで借金

2016年1月~12月、当時27~28歳

見てくれだけは結構出来る風だったのだ

 

2016年の1月に、友人から誘われて「傾聴」のセミナーに参加します。
自分は営業職という言うことも在り、勉強になるかなと思い参加してみました。

実際内容も為になるもので、良かったのですが。
一番衝撃だったのは、自分よりも年下の女性が「先日独立しました」と言ってたことです。

細川

なにぃ!?この人でも独立できるんか!?じゃあ俺も出来るんじゃないか?!(失礼)


という安易な理由で独立起業を決意。

それからありとあらゆる起業に関するセミナーに通いだします。
自身がダイエットで22kg痩せた経験があったので「ダイエットコーチ養成講座 50万円」これも説明会を受けてその場で即決(成功者は決断が早い)

そしてとある起業塾の勧誘を受けて

細川

この塾のノウハウは本物や!!


30万円即決(成功者は)その後継続で50万円

それから「時代はセミナ-ビジネスや!俺話すのうまいし!」と思いセミナー講師養成講座 30万円即決(成功者)

その他教材やら本やら買いまくって結局200万円ほど使いました。

どうやって資金調達したのかって?
それはもちろん借金です!!!

住信SBIという銀行系のカードローンが在りました総量規制対象外なのでなんと年収当時550万円に対して220万円も融資枠をゲットしました。

やったね!です。

そんなこともあり、起業準備でガンガンお金を使い。
そして、運悪く割とすぐに結果を出せてしまい初月で40万円のキャッシュ。
3ヶ月後には月商100万円。
5ヶ月後には月収100万円を達成します。

細川

やっぱり俺は成功者だ!!

 

もう調子にノリまくりの頂点でした。

しかし、そんなことがずっと続くわけでもなく調子に乗ってものは落ちるのが世の摂理。

起業準備で使ったお金は多少は取り戻したものの元来のお金遣いの粗さと見栄も相まって結局クレジットカードやカードローンの融資枠を使い込み、最終的には2017年1月 支払いが回らなくなりました。

そこで初めて、「もう無理だ」となり妻にも財務状況を暴露「これじゃあ無理だね」となり、弁護士に相談することになりました。

「任意整理」か「自己破産」か

2017年1月~3月、当時28歳

2017年1月 もう借金の支払いが回らなくなりわらをもすがる思いで弁護士事務所を訪ねました。

ほんとその時は「この世の終わり」くらいの気分ですね。
なんせ自分の中では「見栄が命の起業家」だったのでこんな状況見られた日にはもう終わる と思っていました。

それで弁護士にありのままの状況を説明しこれからどうすればいいかという方針について話し合いました。

以外だったのはこんなめちゃくちゃだと「めちゃ怒られるやろうなぁ」と思ってたんですがそこは相手もなれてます。別に、怒られたりなんかしませんでした。

それで、「自己破産」「個人再生」「任意整理」のそれぞれの説明をされて

弁護士

決めるのはあなたです、どうしますか?

 

と言われました。

ぶっちゃけその当時、一応会社は立ち上げててこれでも代表をしていたので代表が「自己破産」をすると、融資が受けられないのでそれは避けたいと伝えました。

となると、あとは「任意整理」か「個人再生」ぶっちゃけ任意整理じゃ払うのめちゃ大変だなぁと思ったので。

個人再生でいきたいと伝えました。

※個人再生は借金が1/5に圧縮できる

それで、ひとまず「個人再生」でやっていく方向性で決まり実際にどうするかは、弁護士が各社と調停をする期間が半年ほどあるので、その間に考えましょうか。
というものでした。

まぁそれなら督促も止まるし、気持ちも楽になるからただの先延ばしではあるのですが、それで快諾。

弁護士費用は65万円で毎月6万円づつを11ヶ月支払うということに。
そこから実際に任意整理か個人再生かをしていくということになった・・・のですが。

何分自分は不安定所得者、いまさら会社員になんて戻ることも出来ず、そんな状態でもそれをつづけていました、

なので弁護士費用の6万円も正直払うがしんどくて約2ヶ月で支払いストップ。

結局任意整理はやらず終いで終わりました。
それが2017年6月頃の話。

それで8月頃からまた督促がスタートするのでした。

『とことん無視し続け、気づいたら2件裁判が終わってた』

もうその後は払おうにも払えないので全ての支払をストップ&無視を続けました。

何通督促状が来ようが、電話が来ようが全て無視です。 全て。

なのでどうなったかと言うと2件ほど民事裁判を起こされ気づいたら終了しておりました。

ちなみに個人事業主かつ、金融資産等一切持ってないので差押えする物もありません。

これは以前弁護士に相談した時に

弁護士

結局何も持ってない人が一番強いんですよ 何も取れないんで

 

という言葉のとおりだなぁと最近は思う限りです。

まさかの差押え?!そして親バレへ・・・

2018年 7月、30歳(現在)

細川

俺別に差押えできるもんなんてねーから大丈夫っしょ!

 

そんな高をくくっていたある日・・・

ついに差押えをくらいました。

それは「保険の解約返戻金」です。

生命保険も医療保険も両方掛け捨てだったのでなんら問題ないだろう。
と思ってたんですが。。。。

医療保険に解約返戻金があったのはすっかり忘れておりました。

返戻金差し押さえの通知書

 

なので、ばっちり差押えをくらいしかも、契約したのが「義理の父」。
これまで、妻からは義理の実家にだけは・・・と言われてたのですがついに年貢の納め時が来たようで。(自分の実家には伝え済み)

意を決して電話!

・・・・

結論:ボロンカスに言われました

現在義理実家とは協議中ですが、夫婦の仲は夫婦で決めると思っているので、なんて言われようが気にしないです。

ですが、借金に対する世間の考えってのを改めて知れてよかったです。
借金って恐いなぁ。

完済に向けて

こんな状態なわけで、いまは全ての支払をストップしています。

正直返したい気持ちはあるけど、返す種がないので無理ってのが現状です。
なので、ひとまず差押え出来ない資産を構築する。

例えば「ブログ」などのWeb資産を作ってそれを元に安定収益を作って、完済していこうというのが今のところの完済プランです。
会社員にはもう戻る気が1ミリも無いので笑

今後の返済予定

2019年6月30日に完済しております。
・・・と大風呂敷だけは広げておきましょう笑

現在債務に悩んでる方へ一言

細川

債務整理しましょう!(説得力の無さ)

 

いや、これは実際に毎月利子の支払いだけに追われてるなら本当に、債務整理はした方がいいです。

理由は3つ、

  1. 一旦でも、督促が止む これの心理的安息は大きい
  2. 当然元本償還、もしくは圧縮されるので返済期間が短くなる
  3. プロの意見(弁護士)を聴くことで安心できる

以上の理由です。

特に、焦って自分だけで考えてるうちは他のことがなーんにも手につかなくなりますし。

自分のように、開き直って財産もなにも無い個人事業主なら差押えのしようがないしどこにもバレようが関係ないので放置しても平気ですけど。

正直自分のメンタルだから堪え切れていますけど、大半の方はメンタル持たないと思います(爆

会社員の方や、しっかり返したい方はそれこそ債務整理を一刻も早く行うことをオススメします。

まずは悩む前に相談を。

今更すぎますが、後払いに対応してる法律事務所もあるとか。(早く知りたかった

 

以上負債まみれからのアドバイスでした笑

The following two tabs change content below.
債務整理の森中の人

債務整理の森中の人

債務整理の森編集長。ユーザーの求めている情報をわかりやすく配信することを最優先し、記事の編集に励んでいます。

挿入サンク

  • 記事を読んでもわからなかった
  • 具体的な内容を相談したい

という方は、お気軽にお電話でもメールでもお問合せください。

↓24時間無料相談受付中↓


 - 債務整理体験談