債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

個人再生の影響

 

「個人再生を利用したい」、しかしながらその影響を心配する声をよく聞きます。自分や家族にどのような影響があるかのか?手続き後では遅いこともありますので、不安ばかりがつのります。そこで個人再生の手続きを実施するにあたり、どのような影響が発生するかを考えてみたいと思います。

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s

信用情報機関の登録

個人再生は裁判所を通して行う債務整理のひとつです。自前の財産を手放さずに債務の減額ができるとあって債務者にとても重宝されています。

ただ、個人再生にはいくつかのデメリットがあげられます。信用調査機関へ債務者の氏名等が登録されるのもその一つです。ブラックリスト入りのことですが、この影響で新たな借り入れ、クレジットカードの所有などが10年近くは制限されることになります。さらに官報へも記載され、ある程度の影響がでることは必死です。

予想を超えて影響があるともいえますが、債務者自身に加え、家族への影響も一部で懸念が出されているようです。家族についてはまったくといっていいほど影響はありません。家族名義のクレジットカードやローンは組むことができます。それは家族の情報が信用調査機関に登録されていないからです。ブラックリストへの記載はあくまで債務者本人のみで、家族の情報は関係ありません。ただし、家族名義のカードやローンでも個人再生をした債務者が保証人となっている場合には、その使用に支障をきたす恐れがあります。

家族の影響はまったくなし

逆に家族が債務者の保証人となれば借金の肩代わりをする必要がありますが、そうでなければその影響もないでしょう。やはり問題は個人再生をした本人への影響です。

ブラックリスト入りすることでの実害は避けられそうはありませんが、名声を気づけることも見逃せない点です。例えば会社へ個人再生したことが知られること。

通常は個人再生の手続きをしたからといって勤め先の会社へその事実が知られることはありません。

ただ、裁判所へ出さなければならない書類を会社が作成する場合には、当然のことながら個人再生の事実が知られることになります。

もちろん個人再生は犯罪ではありませんので会社へ知られても問題はありませんが、自己評価の低下は避けられないともいえます。日本企業は社員の私生活への干渉を行いますので、借金をしたものの債務整理を実行したとなると出世などの影響は十分あるといえるでしょう。

直接的な影響はなくても目に見えない間接的な風当たりは続いていくと思われます。個人再生を行うと債務者自身は限定的ではありますが少なからず影響はあるといえます。

 - 個人再生とは?メリットとデメリット