債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

アプラスの過払い金請求返還率と回収期間【2017年】

 

image

 

アプラスに対して過払い金請求をした時の反応について専門家に話を聞いてきました。

アプラスで過払い金請求をするとどうなるか?返還率や回収期間は?

アプラスで過払い金請求をするとどうなるのかというと、アプラスの過払い金請求ができる可能性は高く、返還率も高いようです。金融機関によっては返還率が非常に低く、過払い金が50万円あるのに10万円しか返還されないということもあります。

ただし、どのくらいの期間を通じて変換されるかは曖昧で、返還額が確定次第すぐに返ってくることもあれば半年程度待たされることもあります。アプラスの過払い金の回収率はそれほど低くありません。むしろ高いほうと言って良さそうです。

アプラスに対し過払い金請求を考えるのであれば、回収率の高さやその後の分割交渉のしやすさなどを考慮し、前向きに行動を取って無駄になる事はなさそうですね。

 

過払い金請求は専門家へ

通常過払い金があるのでは、と思ったとき弁護士や司法書士に依頼します。

過払い金請求を専門家に依頼するメリットは、どのくらいの過払い金が発生しているのか正確に計算してくれること、過払い金で借金が全額相殺されなかったとき、任意整理することになっても交渉を代わりにしてくれることがあります。

実は個人で過払い金請求をすることもできるのですが、計算方法は面倒ですし、まずアプラスに対して返済履歴などの情報を公開するよう求めなければなりません。しかし個人で情報開示を請求した場合、一部しか公開してくれないこともあれば、公開されるまで長い期間を要することもあります。そうするといつまで経っても過払い金請求は終わりませんし、その間も借金の返済をし続けなければなりません。

しかし弁護士や司法書士に依頼すると取立てをすぐにやめるよう通達がなされますので、早ければその日の内に取り立ての電話などが止みます。アプラスに限らずですが、過払い金請求を検討されているのであれば自分で行うより専門家に依頼をした方がメリットの部分が多いですね。

 

アプラスの特徴について

アプラスといえば新生銀行グループの消費者金融です。目的が自由なフリーローンから自動車や事業など目的別のローンまで様々な種類のローンを扱っており、クレジットカードの発行にも応じています。

利用可能枠は最低10万円、最高300万円、利率は利用可能枠によって6.90%~18.0%となっています。全国各地にあるゆうちょ銀行や新生銀行などのATMで利用することができ、返済期間は元金と利息を完済するまでとなりますが、利用可能枠の範囲内で借入を繰り返せば返済額や返済期間も変わります。

毎月一定額を返済すれば良いので返済計画は立てやすい消費者金融です。

当サイトでおすすめしている専門家はこちら

 - 過払い金請求への消費者金融の対応