みつ葉グループインタビュー 日常の延長線上にある債務整理を専門チームで解決していきたい

みつ葉グループの特徴

  • 365営業日24時間という対応時間の柔軟性がある
  • 相談料、着手金は無料
  • 債務整理に注力している専属チームを置いている

みつ葉グループは全国に事務所を構える、総合士業グループです。

テレビCMを放映していたこともあり、名前をご存知の方も多いのではないでしょうか。

今回は、債務整理に注力している司法書士法人みつ葉グループに伺いました。
訪れた東京オフィスは、東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル2階にあります。

司法書士法人みつ葉グループの代表司法書士、宮城先生にお話を伺ってきました。

早速ですが、はじめに、みつ葉グループの特徴について教えてください

はい。まず挙げられるのは365日、24時間相談を受け付けている点です。
この方針は、開業当時から変わっておりません。
ご依頼される方の中には、ご家族や職場の方に、債務整理の相談していることを知られたくないということで、家族が寝た後や仕事終わりにご相談いただく方も多くいらっしゃいます。
我々としては、そのような方々からご連絡いただきやすい時間にご相談を受け付ける体制を最低限整備したいと考えており、このような営業時間を設定しております。
お問い合わせだけでなく、土日に面談にいらっしゃる方も多く、利用しやすいとご好評いただいております。

どのようなお問い合わせ方法があるのですか

メールと電話にてご相談を受け付けております。
お電話でご連絡いただいた際には、受付担当が現在のお困りごとについて、その場で伺います。
いつも約10名ほど待機しておりますので、電話が繋がりやすい状況かと思います。
メールでご相談いただいた場合でも、基本的に翌営業日までには内容を確認し、
こちらから改めてご連絡しています。
我々としては、お電話の方が、現状を把握しやすいですし、ご相談いただいた方からも、担当者の声を聞いて安心したというお声もいただきます。

電話・メールでの相談料は無料ですので、気軽にご相談ください。

その他の特徴はありますか?

債務整理専門の専属チームがあることです。
専門チームで進めるメリットは大きく2つあります

まず、分業制による手続きのスムーズ化が挙げられます。
みつ葉グループでは、大きく分けて「電話相談」「面談・提案(方向性)」「債権者との交渉」という分業を敷いているのですが、それぞれ必要な知識やスキルが異なります。
分業制を敷くことで、各業務のプロが最高のパフォーマンスを発揮できるのが、債務整理の専門チームを持つみつ葉グループの強みだと思います。

次に、専門チームによる手厚いサポートです。
債務整理を少人数で扱おうとすると、仮に担当が欠けた場合、手続きや交渉が止まる可能性もあります。
みつ葉グループでは、チームとして業務に取り組んでいるので、安定したサービスを提供することができるのです。

前述の分業制の副次効果になりますが、実績を積んで経験の数が多くなることもメリットの1つです。
みつ葉グループでは、月2,000件、年間1万件以上の債務整理の相談を受けています。
それだけ、様々な債務整理のケースを経験しているので、お客さまのご状況に応じた最適なご提案をすることができるのです。

費用はどれくらいかかるのでしょうか

費用に関しては、ご相談料が無料のほか、着手金もいただいておりません。
基本報酬として、50,000円から対応いたします。お借入れ先の数によって費用は変わりますので、気になる方はまずはお気軽にお電話ください。

よく質問としていただくのですが、「何社以上の借り入れがある場合は相談できない」などの上限自体はございません。
ご依頼いただく方は、3〜4社から借り入れされているケースが多いです。

相談してくる方はどのような方が多いのでしょうか

債務整理というと、ギャンブル依存症などのネガティブなイメージも多いですが、ご相談にいらっしゃる方は普通に働いている方が多いです。
例えば、

  • 家族が多く日用品などの生活費で、月々の支払いが厳しい方
  • 奨学金の返済が難しい方
  • ローンで車を購入したが、返済が難しくなってしまった方
  • 体調を崩して、退職を余儀なくされて生活費が払えなくなってしまった方

など、債務整理が必要な環境は普段の生活の延長線上にあります。
債務整理が特別なこと、恥ずかしいことと思わずに、誰にでも起き得ることだということをまずはご理解いただけるといいな、と思います。

女性のご担当者はいらっしゃいますか

担当者の男女比率は6:4となっております。
希望がある場合は、女性の担当者を割り当てることも可能です。

やはり、女性同士だからこそ相談しやすいこともあるかと思いますので、ご希望の際には遠慮なくお申し付けください。

事務所側から債務整理の依頼を断る場合はあるのでしょうか

個人間の借金トラブルや、税金・国民年金・国民健康保険等の滞納、ご本人以外の借金トラブルなど、司法書士が間に立っても解決しないケースでは、申し訳ございませんがご依頼を断る場合があります。

どのタイミングで相談するのが良いのでしょうか

返済にお困りの方はいつでもご相談ください。特に、既に借入先が複数あり、返済のために他社から
また借りるという状態に陥っている方は、すぐにご相談いただきたいです。
「もっと早くご相談いただければ・・・」という方もたくさんいらっしゃいますので、ご遠慮なくお電話ください。

最後に、借金問題に悩んでいる方に向けてのメッセージをお願いします

債務整理は特別な問題ではなく、日々の生活を送っていく中で、誰にでも起きる可能性がある問題です。
我々としては、債務整理に一緒に取り組む上以上は、ただ手続きを行うだけでなく、ご依頼者様の生活再建がゴールだと捉えています。
同じような悩みを抱えている人はたくさんいますし、悩んでいるのはあなた一人ではありません。
専門家だからこそ出せる解決策はいくつもありますので、一人で悩まずにぜひ気軽に相談に来てください。

編集後記

みつ葉グループの宮城先生は、物腰が柔らかく、こちらのお話も笑顔で頷きながら聞いてくれる様子が印象的でした。
今回、インタビューの中で、債務整理は決して特別な人だけが経験するものではなく、日常の延長線上で誰にでも起き得ることだとお話をされていましたが、日本では多重債務に関する相談が年間で約30,000件ほどあると言われています。※
相談先としては様々な選択肢がありますが、経験豊富な専門チームが全力でサポートしてくれる安心感のある、みつ葉グループをぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
※多重債務者対策を巡る現状及び施策の動向より抜粋
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/saimu/kondankai/dai09/siryou1.pdf

公開日:
最終更新日:2019/08/21