勝浦総合法律事務所の口コミ・評判はどうなの?実際に話を聞いてきた

勝浦総合法律事務所の特徴
・債務整理、過払い金の実績が豊富
・債務整理、過払い金に懸ける思い入れが非常に強い
・相談者が驚く料金体系

本日は東京の青山一丁目駅から徒歩5分の場所に事務所を構える、勝浦総合法律事務所を訪問し、勝浦代表弁護士にお話を伺ってきました。
ネット上でも債務整理に注力している弁護士事務所として評判ですが、実際の雰囲気はどうなのでしょうか。

インタビューは債務整理の相談場所としても使用される完全個室の部屋でご対応いただきました。
防音がしっかりしており、外部に声が漏れる心配はありません。

勝浦代表弁護士

はじめに、勝浦総合法律事務所の特徴について教えてください

主観的な話になってしまいますが、債務整理・過払い金の対応に懸ける「情熱」はどの事務所にも負けないと思っています。
当然、一案件にかける時間は多くなってしまいますが、こちらの負担よりも、ご相談者の利益を第一に考えるのが当然だと思っています。

うちの事務所の所属弁護士は皆、ご依頼者にとってベストと思える選択をとり続けることを、情熱をもって愚直に続けていますね。

そのような思いが通じているのか、ご依頼いただく件数も月に50件ほどの反響をいただいており、直近1年での過払い回収額が約4億円となっております。
過去8年間では約37億円の回収の実績がございます。

具体的にはどのような案件がありますか

例えば、過払い金の案件に関しては、和解ではなく、しっかり裁判で勝って、然るべき金額を受け取ることをゴールとしています。
当然、和解でも返金はありますが、我々の中では和解もある種の失敗だと捉えています。

和解するということは、お互いの譲歩が生まれるので、過払いした金額を全て取り戻せない可能性が高まります。

これは当然あるべき姿ではないはずです。
納得できない事案に関しては、徹底して正しい結果を求めにいくのが、勝浦総合事務所のやり方です。

ここまでやるかとご依頼主さんに不審がられる場合もありますが、プロとして、最善の結果でお返しするのが自分たちの義務だと考えています。

料金体系について説明する勝浦代表弁護士

すごい情熱ですね。勝浦先生ご自身のその「情熱」はどのような経験からきているのですか

弁護士4年目に、鳥取県の公設事務所へ赴任した際の経験が大きかったです。
当時鳥取は弁護士事務所が少なく、県民のみなさんからすると弁護士は身近とは言えない存在でした。

赴任して間もない頃に、とある中年の方が債務整理の相談にいらっしゃいました。
手続きや料金の説明をし、ご依頼が正式に決まった旨をお伝えすると突然その方が泣き出したのです。
理由を聞くと、ここで依頼を受けてくれなかったら自殺まで考えるほど思いつめていたから安心して思わず泣いてしまった、とのこと。
しかも、よくよく話を聞くと、その方は過払い金(返済の必要のない借金)で悩まれていたのです。

この経験を通して、思い詰める前の早い段階で対策を打つお手伝いをするのが自分の役割だと、はっきり意識するようになりました。

実際に弁護士事務所に行くとどのようなことを聞かれるのでしょうか

はい。まずは、ご相談者の現状を把握するために、「法律相談カード」に必要事項を記載していただいております。

「法律相談カード」とは、ご相談者の収支情報を記載いただくものです。
これらの項目を埋めていただくことで、その人に合った最適な解決方法が見つかりやすくなります。

もちろんあいまいな箇所や分からない部分は書かなくても良いですし、この記載事項だけで手続きができるか出来ないかが決まるわけではありません。

続いて、「債権者一覧シート」に、借り入れをしている企業と金額を記載していただきます。

記載が済んだら、これらのシートをもとに、弁護士からいくつか簡単な質問を致します。
その上で、いくつかの選択肢をご提案しますので、一緒に最適な方法を考えていき、ご相談者の方が納得した進め方で、正式にご依頼いただく、という流れになります。

ご依頼後は、ほぼ弁護士側での対応となりますので、ご依頼者の方は手続き完了をお待ちいただくことになります。

料金体系について教えていただけますか

はい。
任意整理の場合は、相談料や着手金は無料、借り入れをした会社1社あたり 1万8,000円を頂戴しております。
他の事務所で相談した後に勝浦総合法律事務所を訪れた方に、料金体系のご説明をすると驚かれる場合が多いです。

債務整理を検討する際の相談先はどのように選ぶべきでしょうか

まず、司法書士と弁護士で迷われている方がいる場合は弁護士に依頼するのがベターかと思います。

料金的な面で、司法書士を選ばれる方も多いのですが、実はトータルの費用で見るとそこまで大差はありません。

【参考】債務整理を司法書士と弁護士に依頼した時の違い

また、交渉がもつれて、貸し手から控訴されて裁判沙汰になった場合も弁護士ならそのまま対応が可能ですので、最初から弁護士に依頼していた方が心理的な安心感はあるかと思います。

あとは、実際に話をしてみて信頼して任せられるかどうかの直感も大事だと考えております。

そういった意味では、インターネットだけで選ぶのではなく、電話や実際に訪問して自分の目で担当してくれる人を見極めるのが大切です。

最後に借金問題で悩んでいる人に向けてメッセージをお願いします

債務整理をすると、劇的に生活が改善します。
弁護士に相談したことがない方にとっては、はじめは敷居が高いと感じるかもしれません。しかし、ほとんどの方が初めて弁護士を利用します。
電話でもいいので、まずはお気軽にご連絡ください。

今は漠然とした不安が大きいかと思いますが、弁護士に相談いただくことで、自分の不安が何から来ているのかを把握することができます。
誰かに不安を話したいけど近くに話せる人がいない、というお悩みを持っている方も、単なる話し相手くらいの気軽さで良いので、電話相談をお役立ていただきたいですね。

編集後記

勝浦総合法律事務所は「身近で、頼りになる弁護士」をスローガンに掲げています。
インターネット上では分からなかったのですが、話しやすい雰囲気はもちろん、債務整理や過払い金の案件を通じて、悩んでいる人の力になりたいと熱っぽくお話しされているのが強く印象に残りました。

会話の中で、何度も「依頼するしないは別として、弁護士に相談して自分の不安の現在像を把握するだけでも気持ちが楽になる」とおっしゃっておりました。
債務整理・過払い金に悩まれている方は、情熱のある弁護士が全力で最善の結果に向けて助けてくれる「勝浦総合法律事務所」にぜひ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

弁護士法人勝浦総合法律事務所 東京オフィスへのアクセス

    〒107-0062 東京都港区南青山2-6-12 アヌシー青山5階
    銀座線、半蔵門線、大江戸線 青山一丁目駅A5出口より徒歩4分
    銀座線 外苑前駅1B出口より徒歩6分

公開日:
最終更新日:2019/07/08