債務整理のベストな選択とは?経験談を踏まえて基礎情報から弁護士の選び方まで一挙解説

 

もし多額の借金を抱えてしまった場合、もしくは借金を返せなくなったと思った場合、誰もが検討するのが債務整理。平成30年6月に実施された消費者庁のデータを見てみると、全国の消費生活センターから寄せられた「多重債務」に関する相談件数は平成29年段階で25,918件に及びます。平成22年に改正賃金業法が完全施行する前は、70,000件~95,000件にまで及んでいたので大きく減少しましたが、それでも債務整理で苦労する方は一定数存在します。

誰もが債務整理を行いたくないと思いますが、人生で何が起きるかわかりません。実際に債務整理のイメージについて、アトムくん編集部が実施したデータによると、債務整理は「借金を返せなくなった人の最終手段」と答えた人が50%だったのです。

引用:債務整理は最終手段というイメージが50.56%!債務整理のイメージ調査をしてみた件

当たり前ですが、債務整理は世間的に「恥ずかしい」「みっともない」というイメージが付きまとうものです。しかし同様にアトムくん編集部のデータによると、「借金について誰かに相談したことがある」人のうち85%の方が「相談して良かった」と回答しています。

当メディアの編集部では、債務整理を検討する様々な方にインタビューを行うことがあるのですが、債務整理において一番恐ろしいのが「債務整理について相談しにくくなってしまい、判断が遅くなってしまう」こと。

なので当メディアは、債務整理で大切なことは下記の3つと答えています。

  • 相談しやすいように、ある程度の基礎情報はインプットしておくこと
  • 債務整理を検討し始めたら、いち早く第三者に相談すること
  • もし専門家の意見を聞くのであれば、複数人に相談すること

様々な債務整理経験者の方と出会ってわかったのですが、債務整理の相談ができない人の傾向を見てみると、相談者・相談相手(知人・友人)がそもそも債務整理についてわかっておらず、変に債務整理を恐れて専門家に相談できなくなってしまうケースが多いのです。

ですので今回は、債務整理を検討している方が、周りの意見に惑わされず、少しでも専門家に相談しやすくするために、債務整理を行う上で知っておきたい情報を全てまとめました。

この記事の内容や、引用している関連記事を読んでいけば、自然と債務整理について詳しくなれるような構成にしておりますので、少しでも債務整理について検討している方はぜひ読んでみてください。

そもそも債務整理とは

それではまず、そもそも「債務整理」とは何かについて、解説していきます。とても簡潔にお伝えすると、債務整理とは「借金を整理するための手続き」と思っていただければ大丈夫です。この借金の整理には、「借金を減額する」ことはもちろん、「支払いに猶予を持たせる」だったり、「過払金の利息を手に入れる」など、借金に関する様々な手続きの総称を指します。

このように債務整理は様々なパターンがありますが、主に4パターンに分類分けされます。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理

任意整理とは、「裁判所が全く関与しないで済まされる債権者との手続き」のことを指します。反対に特定調停、個人再生、自己破産は必ず裁判所が絡みます。

よって任意整理は弁護士がいなくても交渉することができるのですが、業者(金融関係者など)の力関係もあるので、弁護士・司法書士なしで有利な結果を得るのは非常に困難です。そのため、任意整理でも弁護士・司法書士にお願いするのが一般的です。

また任意整理ならではのメリット・デメリットも存在します。具体的には下記の記事でまとめていますので気にある方はぜひ読んでみてください。

任意整理とは?メリットとデメリット

特定調停

特定調停は、任意整理と同じく債権者との手続きであることは変わらないのですが、交渉の間に調停員が入り、話をまとめてくれます。

最大のメリットは、債権者との交渉時に裁判所が入ってくれるので、弁護士を雇わずに自分だけで交渉が進められます。しかも、特定調停の申立費用は、わずか500円です。しかし、裁判所を経由して申立てを行ったからといって、あくまで話し合いによる解決策なので、任意整理と同じく、借金が全く減るとは限りません。

これだけの解説だと、任意整理よりも特定調停の方がメリットが大きいように思えますが、もちろん特定調停にもデメリットがあります。それは、下記の2点です。

  • 債権者の同意が得られないと調停が成立しない。
  • 過払金を見逃すことになる。

他にも特定調停ならではのメリット・デメリットが存在しますので、特定調停が気になる方はぜひ読んでみてください。

特定調停とは?メリットとデメリット

個人再生

個人再生とは、「ある一定の条件を満たせば、裁判所の認可により、大幅に元本を減らせる手続き」のことを指します。

では「ある一定の条件」とは何でしょう?主に下記の3点を指します。

  • 安定した収入があること(毎月の返済が滞りなくできること)
  • 債務総額が5000万円を超えていないこと
  • 最低限、自分の手持ち財産の総額以上を返済に回せること(清算価値保障)

これらの基準を満たし、裁判所の認可が降りれば、元本を大幅に減らすことが可能です。かなり魅力的な債務整理であるように思えますが、もちろんデメリットも存在します。一番のデメリットは弁護士・裁判所への依頼費用が高くなること。また手続き自体が厳格なので許可されない場合もあります。他にもメリット・デメリットはありますので、気になる方は下記の記事を読んでみてください。

個人再生とは?メリットとデメリット

自己破産

自己破産とは、「どうしても借金の返済ができない時、自分の財産を全て売り払う代わりに、借金を全部精算してもらう手続きのこと」です。自己破産も、特定調停、個人再生と同様に裁判所に申立てを行い、話を進めていきます。

最大のメリットは、免責決定が出れば、借金返済の義務がなくなること。反対にデメリットは、「財産を失う」「資格制限を受ける」「官報掲載される」など自己破産ならではのデメリットがあります。

よってメリット・デメリットが幅が大きい分、かなり慎重に行う必要があるのが自己破産の特徴。そもそも自己破産できない場合や、自己破産手続きの方法によって費用感も大きく異なりますので、自己破産について気になる方はぜひ下記の記事を読んでみてください。

自己破産を検討するときに一番重要なことは?経験談・弁護士の選び方も交えてご紹介

以上、債務整理それぞれの内容について解説させていただきました。読んでいくうちにわかったかと思いますが、どのパターンで債務整理した方が良いかは、債務者それぞれの状況次第なのです。ですので、まずは債務整理には4種類あること、それぞれにメリット・デメリットがあることは必ず抑えておきましょう。また網羅的に債務整理のメリット・デメリットを把握したい方は、下記の記事にまとめておりますのでぜひ読んでみてください。

債務整理の種類と基礎知識

債務整理をすると周りにバレるのか

次に債務整理を検討する上で、債務者が気にするのが、「借金があることがバレないか」という問題です。債務整理を行う上で、避けて通れないのが弁護士との郵便物でしょう。誤って家族が受け取ってしまい、借金があることがバレてしまうケースも。

万が一、家族にバレるのであれば良いと思いますが、絶対にバレたくないのは職場・友人ですよね。基本的に職場や友人にバレる機会は少ないのですが、やはり最もバレやすいのは家族と連帯保証人です。

また、どの債務整理で行うかも重要なポイント。基本的に「任意整理」「特定調停」は家族だとしてもバレる可能性が低いのですが、「個人再生」「自己破産」はバレる可能性が非常に高いのです。

ではそれぞれどのタイミングでバレてしまうのか。詳しくは下記の記事でまとめておりますので、気になる方はぜひ読んでみてください。

任意整理や自己破産は家族や会社にバレるかバレないか?

債務整理の費用感

次に解説していくのが、債務整理の費用感に関して。そもそも債務整理はお金は、借金をしてしまい、お金がない場合に実施されるもの。当たり前ですが、弁護士費用は少ない方が良いですよね。

債務整理の費用は、相談内容や期間、相談回数によって変動はあるのですが、大きく分けて2種類に分類されます。

  • 裁判所に支払う予納金などの「実費」
  • 法律家(弁護士、司法書士)に依頼する際の「報酬」

裁判所に支払う予納金などの「実費」

まず費用として必要なのがタイトルにも記載した「実費」の部分。この「実費」は債務整理の種類などで大きく異なります。

例えば個人再生の場合。弁護士の相談費用とは別に、より詳しい調査を行うために裁判所が「個人再生委員」を選任します。もちろん上限はありますが、この費用だけでも15万円ほどかかります。また、裁判所関連の諸費用(収入印紙、官報公告費用、郵便代)で2万円くらいかかるのです。

また厄介なのは自己破産の場合。自己破産は大きく分けて2種類あり、同時廃止と管財事件に分けられますが、それぞれで裁判所費用が大きく異なります。ちなみに管財事件になった場合は、裁判所が破産管財人を選任するため、その選任費用で20万円ほどかかります。管財事件とは何かについて調べたい人は下記の記事をご覧ください。

管財事件?同時廃止?自己破産の手続き期間や流れを解説

法律家(弁護士、司法書士)に依頼する際の「報酬」

次に費用としてかかるのが弁護士への報酬費用です。こちらはある程度イメージが付きやすいのではないでしょうか。弁護士費用は事務所によって様々な料金形態がありますが、基本的には下記に分類分けされます。

相談料

読んで字の如く、法律家に相談した際にかかる弁護士費用です。債務整理に関しては、初回だけ無料で相談できるところも多く、その後の相談難易度や時間によって料金が変わってきます。

着手金

事件(債務整理)を依頼する際に、最初に支払う費用です。基本的に支払ったら戻ってこないお金で、法律事務所によっては分割払いができる場合もあります。

成功報酬

金融業者との和解交渉などが成功したことによって支払われる報酬費用です。他にも高金利の業者を適切な金利に計算し直した(引き直し計算)ことで債務が減った場合に支払う「減額報酬」という報酬費用もあります。

以上、ご説明させていただきましたように債務整理にかかる費用は、実費と報酬によって分けられます。可能な限り弁護士費用は抑えたいと思いますが、そもそもどの債務整理にどれくらいかかるのか、という相場感は抑えておきましょう。

具体的な相場感に関しては下記の記事でまとめておりますので、この記事を読み終わった後に読んでみてください。

債務整理の費用相場を紹介。払えない場合や法テラスの利用についても解説

債務整理の経験談から学びましょう

ここまで読み進めたらだいぶ債務整理について詳しくなってきたのではないでしょうか。次からは具体的に経験談をご紹介していきます任意整理、個人再生、自己破産のそれぞれで、かなり事例が異なりますので、弁護士・司法書士と相談する前に読んでおくと良いでしょう。

任意整理の事例

最初にご紹介するのが、任意整理の体験談。借金した消費者金融は合計で4社。元本を減らすために返していこうとすると生活が持たないので、債務整理を決意したそうです。インターネットで評判の良さそうな弁護士を探し、選んだ債務整理方法は任意整理。なぜ任意整理を選んだのか、また任意整理後の生活がどうだったのか。任意整理後の信用問題なども語ってくれていますので、ぜひ読んでみてください。

債務整理の体験談

個人再生の事例

次にご紹介するのが、個人再生の体験談。勤めていた会社が業績悪化してしまい、残業代・ボーナスがカットされてしまいます。その補填としてキャッシングを行ってしまい、だんだん借金が増え返済が困るように。最終的には350万円の借金になってしまいました。

インターネットの無料相談サービスを利用して弁護士を探したところ、選んだ債務整理方法は個人再生。住宅ローンの返済もあったので、住宅ローンもあり、収入も上がる見込みがあったため選んだそうです。

この体験談では、なぜ民事再生を選んだのかはもちろんのこと、無料相談サービスウを利用した感想もまとめておりますので、債務整理を検討している方はぜひ一読してみると良いでしょう。

350万円の借金を個人再生して家を売らずにすんだ体験談

自己破産の事例

最後にご紹介するのが自己破産の経験談。自己破産の特性上、債務は帳消しになりますが、財産が全てなくなる性質がありますので、できるだけ選びたくない人が多いですが、この経験談では「自己破産をしてよかった」と語ってくれています。

神経症を患ってしまったことにより、クレジットカード3枚から240万円の借金。さらに父親の借金300万円の肩代わりをすることになり、借金の総額が540万円に。

そのような状況からどうやって自己破産に踏み切ったのか、また自己破産を決断してからどのようなプロセスを踏んだのか、自己破産する上でのアドバイスなど、経験者だから語れるアドバイスをまとめていますので気になる方はぜひ読んでみてください。

500万円の借金を自己破産で帳消しにした体験談

弁護士の選び方

これまででまとめさせていただいた経験談にもあるように、債務整理は4つの方法があり、それぞれでメリット・デメリットはもちろん、費用も大きく異なります。前述させていただきましたが、どの債務整理方法を選ぶかについては、弁護士と念入りに打ち合わせして決めることをお勧めします。もちろん債務整理は弁護士に頼まなくても可能なのですが、ほとんどの方は初めて債務整理を行うと思われますので、専門家を頼ってみることをお勧めします。

サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
  • 無料相談の対応が非常に親切
  • 分割払い・後払いも対応
  • 債務整理に特化した実績
  • 月間600件以上
  • 積立開始後すぐ着手
  • 土日、深夜でも相談可能
  • 全国対応
  • 初期費用0円

編集部による電話取材においても大変親切な対応であったことだけではなく、支払い状況が困難な利用者に対し、分割・後払いに対応している・納得いくまで無料相談をしてくれる点などから、まずはサンク総合法律事務所に相談をしてみてはいかがでしょうか。

0120-322-046
【24時間無料受付中】

サンク総合法律事務所の基本情報
営業時間 土日営業 電話相談 分割払い
24時間営業

ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)

名村法律事務所
  • 初期費用0円
  • 債務整理案件に注力している弁護士が複数人所属
  • 債務整理1社でも対応可能
  • 電話相談可能
  • 全国対応
  • 25年以上弁護士活動をしているベテランの弁護士が所属

ひばり法律事務所は、東大法学部出身の名村弁護士が代表を務める、債務整理や過払い金請求に注力している事務所です。 ひばり法律事務所は、全国どこでも対応可能で、何度相談しても費用がかからないという点も嬉しいポイントです。
また、代表の名村弁護士は、弁護士として25年以上の実績を持っているという点も安心できるポイントでしょう。

0120-009-171
【無料受付中】

ひばり法律事務所の基本情報
営業時間 土日営業 電話相談 分割払い
10:00~18:00 〇(事前予約のみ)

東京ロータス法律事務所

東京ロータス法律事務所
  • 全国無料出張面談
  • 料金が自慢
  • 分割、後払いにも対応
  • 土日も相談可能
  • 匿名相談可能

初回の相談費用を無料としているだけでなく、電話の問い合わせによる電話料もかからないと、大変丁寧な対応で知られる事務所の一つです。

東京ロータス法律事務所の基本情報
営業時間 土日営業 電話相談 分割払い
平日9:00~19:00
土日祝日10:00~18:00

アース法律事務所

アース法律事務所は、元裁判官で弁護士歴30年以上のベテラン弁護士が代表弁護士を務めていますので、経験・実績共に申し分のない事務所です。

万が一、訴訟になった場合であっても安心して任せることができます。

フリーダイヤルがあり、事務の方が大変丁寧に対応してくれるので相談するのが苦手な方も安心して連絡できる事務所です。

また、即日の相談にも対応しており、その日に依頼することが可能というのは、とても魅力的です。まずは、電話かメールで無料相談してみてください。

アース弁護士事務所の基本情報
営業時間 土日営業 電話相談 分割払い
10:00〜19:00 〇(事前受付のみ)

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所の最大の特徴は、「圧倒的な債務整理の実績」です。

週刊誌が行った調査で過払い金実績総額日本一を獲得した実績もあります。

大手貸金業者、クレジット会社をはじめ、様々な金融会社を相手として過払い金請求をした実績があり、現在でも毎月3,000件以上の相談件数を受けている事務所です。

司法書士法人杉山事務所
司法書士法人杉山事務所の基本情報
営業時間 土日営業 電話相談 分割払い
9:00〜19:00

調査方法について

今回ご紹介した弁護士事務所・司法書士事務所の調査については、直接電話相談を行ない、以下の項目で「おすすめできる」と判断した事務所を掲載しております。

  • 債務整理の専門性や実績
  • 無料で相談ができるかどうか
  • 弁護士報酬の支払い方法
  • スピーディに対応してもらえるか
  • 専門家(弁護士・司法書士)と直接話ができるか

調査方法の詳細について、詳しく知りたい方はこちらをお読みください。

以上、当社独自の無料相談調査結果に基づいた本当におすすめできる法律事務所(弁護士・司法書士)の一覧となります。

電話相談の内容と体験者の口コミについては、各社口コミページから事務所ごとの内容をご覧ください。また、支払い方法を重視して事務所を選びたい方はこちらの記事もご確認ください。

無料匿名で相談したい場合

当サイトでおすすめしている事務所を掲載・ご紹介しましたが、「まだ債務整理を依頼するかわからない」という段階であれば、匿名相談ができる司法書士法人みつ葉グループがおすすめです。

「借金について誰に相談すればいいかわからない」
「まだ債務整理をするかもわからない」
「とりあえず匿名で借金関連の相談をしたい」
「自分がどうしたらいいのか教えて欲しい」

こういった段階であれば、友人や家族、インターネットの相談サイトに聞いてみるよりも専門家の匿名相談に聞いた方が確実な回答をもらえます。

この記事を読まれている皆様はそれぞれ置かれている状況も異なるかと思いますが、まずはいち早く専門家に相談し、解決策を一緒に考えるという選択肢をとることをおすすめします。「匿名相談」ですので、気軽に依頼できるという点でもメリットは大きいでしょう。

誰に相談するのが適切なのか

ここまで一読いただきありがとうございました。ここまで読み進めましたら、各章で紹介している記事も合わせて読んでみていただけますとさらに債務整理の理解が深まるはずです。

最後にお伝えしたいのが、債務整理は誰に相談するべきなのか、について。結論からお伝えすると、債務整理は必ず専門家に相談しましょう。債務整理の森では様々な債務整理経験者とお会いしておりますが、債務整理を行う上でベストな選択は、冒頭にも述べたように下記の3つです。

  • 相談しやすいように、ある程度の基礎情報はインプットしておくこと。
  • 債務整理を検討し始めたら、いち早く第三者に相談すること。
  • もし専門家の意見を聞くのであれば、複数人に相談すること。

反対によくやってしまうことは、家族や知人などに相談するパターンと、yahoo知恵袋に相談してしまうパターン。どちらも相談したくなる気持ちはわかるのですが、両パターンに共通するのは相談相手が債務整理に精通していないので、解決策があくまで憶測でしかないのです。むしろ早く相談したほうが良いのにも関わらず、債務整理を知らない人たちの意見を鵜呑みにしてしまい、専門家に相談できずに苦労してしまうケースも。

「もっと早く相談しておけばよかった。。」と後悔する経験談は、残念ながら数多くあります。そこで債務整理の森では、債務整理について正しく理解していただくために、「漫画でわかる債務整理」というコンテンツを用意しています。

ここまで読み進めていただいた方はぜひ読んでみてください。

漫画でわかる債務整理

以上、債務整理について必要な情報は全てまとめさせていただきました。この記事はもちろん、ご紹介させていただきました記事や事例をご参照いただき、少しでも人生が楽になることを祈っております。

The following two tabs change content below.

債務整理の森編集部

債務整理の森編集長。ユーザーの求めている情報をわかりやすく配信することを最優先し、記事の編集に励んでいます。

厳選!おすすめ記事BEST3

1
債務整理のベストな選択とは?経験談を踏まえて基礎情報から弁護士の選び方まで一挙解説

もし多額の借金を抱えてしまった場合、もしくは借金を返せなくなったと思った場合、誰 ...

2
債務整理に注力しているおすすめの事務所一覧【徹底調査】

当サイトでは、実際の取材や債務整理の相談を行なった体験談をもとに、おすすめの弁護 ...

3
債務整理のベストな選択とは?経験談を踏まえて基礎情報から弁護士の選び方まで一挙解説

もし多額の借金を抱えてしまった場合、もしくは借金を返せなくなったと思った場合、誰 ...

任意整理の費用と支払い方法でみる弁護士ランキング 4
任意整理の弁護士費用はどれくらい異なるの?おすすめ事務所を徹底比較

借金に関する相談は、弁護士事務所や司法書士事務所において無料で行なうことができま ...

5
債務整理のベストな選択とは?経験談を踏まえて基礎情報から弁護士の選び方まで一挙解説

もし多額の借金を抱えてしまった場合、もしくは借金を返せなくなったと思った場合、誰 ...

6
ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)の評判・口コミを徹底分析

※2020年8月に名村法律事務所からひばり法律事務所に事務所名を変更しました 目 ...

 - 債務整理の種類と基礎知識