メトロポリタン法律事務所(新宿区)の口コミと評判を検証

 

メトロポリタン法律事務所の評判の真実を徹底分析

ライター坂本が今回は、メトロポリタン法律事務所についての口コミや評判・噂について分析・検証していきます。

このページを通じて、メトロポリタン法律事務所の良い点も悪い点も含めて、特徴や他事務所との違いを把握し弁護士・司法書士選びの参考にしてみて下さい。

インターネット等に書き込まれた口コミや、実際に利用した人の声・体験談などを調査し、また、自身でも無料電話相談を利用してみた結果をまとめています。

まず、早速ですがザッと理解していただくために当サイトが分析・検証した、メトロポリタン法律事務所の特徴を3つ挙げてみました。

メトロポリタン法律事務所の特徴

弁護士登録40年、事務所設立30年の実績があること。
研究者としての実績があること。

代表の北河弁護士は弁護士業務に従事しながら大学教員25年の実績があります。
また、研究者としての豊富な業績を弁護士業務に活かすことにより、依頼者にベストな選択肢を提示することができます。

弁護士報酬を丁寧に説明していること。

弁護士報酬基準を公開しており必要に応じて見積書も作成しています。
費用に関する質問に対しては丁寧に説明し、納得していただいてから委任契約書を作成しています。

メトロポリタン法律事務所の概要

メトロポリタン法律事務所

事務所所在地
東京都新宿区新宿2丁目8番1号 新宿セブンビル809
電話番号
 03-3356-7618
WEBサイト
http://www.metro-law.jp/
所属弁護士会
東京弁護士会所属
過去の行政処分
なし
最寄駅からのアクセス方法
最寄駅からのアクセス 丸の内線「新宿御苑駅」徒歩1分
周辺情報
新宿御苑駅前商業地域

※近隣の方や訪問したことがある方の情報に基づいた口コミです。
最新情報でない可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

メトロポリタン法律事務所代表弁護士プロフィール

メトロポリタン法律事務所代表弁護士プロフィール

  • 代表 北河隆之弁護士

【経歴】

  • 1975年10月 司法試験合格

  • 1976年 3月 東京都立大学法学部法律学科卒業

  • 1976年 4月 第30期司法修習生

  • 1978年 4月 弁護士登録(東京弁護士会)

  • 1984年 4月 笠井・北河法律事務所設立

  • 1993年 6月 北河法律事務所設立

  • 2003年 5月 メトロポリタン法律事務所へ名称変更

  • 現職   琉球大学名誉教授・明治大学法科大学院兼任講師(環境と法Ⅳ)

代表弁護士コメント

当事務所は「北河法律事務所」開設(1993年)から数えて20年目でその前身の笠井・北河法律事務所開設(1984年)から数えると29年目を迎えました。

私は今年(2012年)で弁護士登録から35年目となります。

おかげさまで多くの皆さまのご支持を得ることができ多数かつ多様な事件を処理してまいりました。

私どもメトロポリタン法律事務所は「実務と理論の架橋」を目指すという他の法律事務所と一味変わった理念を掲げて事件に取り組んでおります。

当事務所には現在、弁護士4名が在籍しておりますが、私は東京都立大学法学部非常勤講師・明海大学不動産学部教授を経て、現在、琉球大学法科大学院教授として研究・教育に携わっております。

また、阿部弁護士は民法学者として長年にわたり研究・教育に携わり、現在、明治学院大学法学部教授の職にあります。

また、松村弁護士は長年に亘り明治大学法科大学院教授として環境法の研究・教育に携わってきました。

私どもは法律実務の実践の現場から得られた経験を研究・教育の現場に還元し、また、研究・教育活動から得られた知見を実務にも取り入れ活用する(相互にフィードバックする)という業務スタイルを指向しております。

それが当事務所が目指している「実務と理論の架橋」です。当事務所は事件を定型的に大量処理する事務所ではございません。

一つ一つのご依頼を依頼者の方とのコミュニケーションを大切にしながら丁寧に処理していく事務所です。

事件処理に当たっては常に「上質なリーガル・サービス」を提供できるものと自負しております。

公式HPからの引用)

メトロポリタン法律事務所を利用した方の感想・口コミ・評判

実際に、メトロポリタン法律事務所を利用した方の感想・口コミ・評判をネットで検索しました。

  • ネットの口コミ・評判記事→なし
  • Yahoo!知恵袋→記載なし

メディア掲載履歴 

上記の通りネット上の、メトロポリタン法律事務所に関する口コミ評判記事を見つけることはできませんでした。

また、弁護士紹介サイトの紹介も限定的でした。

弁護士費用は安いのか?

当然のことながら、債務整理を考える人は経済的に行き詰まっている人が多く、費用の問題は最も気になるポイントです。

しかし、費用の問題を気にする余り「安かろう悪かろう」の弁護士・司法書士に委任してしまうと元も子もありません。

したがって、債務整理で大事なことは「費用が安くかつ良い弁護士・司法書士」を選ぶことにつきると言え、事前に費用が明確に示されていることと文書による確認ができる弁護士・司法書士事務所が求められます。

任意整理個人再生自己破産過払い金
相談料金1時間1万円 1時間1万円 1時間1万円 1時間1万円
着手金1社3万円~
(最低額10万円)
100万円~20万円~-
報酬金- 案件により異なる 案件により異なる-
その他費用----

メトロポリタン法律事務所の債務整理の費用はホームページに明記されています。

また、債務整理の費用は相談により分割払いが可能です。

メトロポリタン法律事務所の債務整理の費用は以下の通りです。

法律相談料は1時間以内の相談で1万円(消費税別途)、1時間を超える場合には30分単位で5千円(消費税別途)です。

  • 個人の自己破産事件
    着手金 金20万円以上
    報酬金  成功報酬(個別案件により異なる)
  • 個人の民事再生事件
    着手金 金100万円以上
    報酬金  成功報酬(個別案件により異なる)
  • 任意整理事件
    着手金  債権者1社につき3万円×債権者数
    ただし、1社の債権額が①50万円を超える場合には2万円②100万 円を超える場合には5万円 ③500万 円を超える場合には10万円 ④1000万 円を超える場合には20万円⑤5000万 円を超える場合には30万円⑥1億円を超える場合には50万円 をそれぞれ1社ごとに加算することができる 
    (前号の着手金は金10万円を最低額とします)

上記の通りメトロポリタン法律事務所の費用の着手金は他の弁護士事務所の平均並と言えますが、報酬金などの成功報酬の規定が複雑で難解なため面談の時に個別に確認する必要があります。

電話調査の結果と総評

電話調査について

メトロポリタン法律事務所に実際に電話で相談を行いました。

メトロポリタン法律事務所の具体的な返答や受けた印象と、ここまでの総合評価を、以下ご紹介いたします。

主に下記のような内容を調査していますが、相談の流れに応じて、弁護士・司法書士選定基準でプライオリティーの高い内容を質問しています。

  • 弁護士との電話での相談が可能か。それとも事務員での対応か。
  • 応対が丁寧か、信頼感があるか
  • 費用についての回答は明瞭であるか

総評

この事務所の総合評価
2.6
専門性
3.0
無料相談
1.0
費用と支払い方法
3.0
対応スケジュール
3.0
直接相談
3.0
専門性
直接相談
対応
スケジュール
費用と
支払い方法
無料相談

メトロポリタン法律事務所に実際に電話で無料相談を行ない特に感じたことは以下の通りです。

同事務所は北河隆之弁護士が1984年に設立した前身の事務所を引き継いだ事務所で、通算すると36年の実績のある事務所です。

現在、5名の弁護士が在籍していますが、北河弁護士を始めとして在籍中の弁護士は大学の教授が多いのが特徴と言えます。

今回の電話相談に対しては女性の事務員と相談員が対応してくれましたが、基本的に電話相談には応じていないということでした。

また、同事務所の取り扱いは交通事故損害賠償・不動産関係の紛争・相続遺言をめぐる紛争・商標著作権に係わる紛争・債務整理となっており、債務整理の優先順位が低いのが気になります。

更に、法律相談料は1時間以内の相談で1万円で1時間を超える場合には30分単位で5千円となっています。

加えて、費用の報酬部分の規定が複雑で難解なことも指摘せざるを得ません。

ただ、同事務所は費用に関する質問に対しては丁寧に説明することを事務所のポリシーにしていることから、面談の時に詳しく説明し見積書を出してくれる筈です。

合わせて読みたい
The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。
自身も自己破産の経験があり、債務整理の森においては主に法律事務所の記事を担当。
現在は韓国釜山と福岡に居を構え、それぞれを行ったり来たりしながら、専業ライターとして活動中。

■略歴
1994年 都内某有名私立大学法学部卒業
 同年 日経BPマーケティング社に就職
    法人営業部営業マンとして日経BP社年間購読雑誌の法人販売を担当
2010年 任意整理手続するも失敗
2014年 自己破産手続
2015年 同社退職 
 同年 フリーランスのライターとなる

■得意分野
債務整理・金融・株式投資・不動産投資

■債務整理の森閲覧者へのメッセージ
債務整理の森のライターとしての目線で常に意識しているのは、債務整理を行なう人の目線です。
略歴にもありますが、私は過去に任意整理手続と自己破産手続を経験しています。
しかもそれは、任意整理手続に失敗した上で自己破産手続するという、珍しいケースです。
ですので、「あの時こうしておけば良かった」とか「ああするべきではなかった」など後悔は尽きませんが、今となっては少しでも同じような境遇の人の参考になればという思いで書いています。
特に債務整理を手掛ける弁護士や司法書士は、債務整理をビジネスにしている訳ですから、ある意味では債務整理者と利益が相反する場合もあり得ます。
そういったことも踏まえ、忖度することなく記事としてありのままに書き上げることは、私にしかできない仕事と自負しております。
私の記事が、借金問題でお悩みの方のお役に立てば幸いです。

厳選!おすすめ記事BEST3

1
債務整理に注力しているおすすめの事務所一覧【徹底調査】

当サイトでは、実際の取材や債務整理の相談を行なった体験談をもとに、おすすめの弁護 ...

任意整理の費用と支払い方法でみる弁護士ランキング 2
任意整理の弁護士費用はどれくらい異なるの?おすすめ事務所を徹底比較

借金に関する相談は、弁護士事務所や司法書士事務所において無料で行なうことができま ...

3
アヴァンス法務事務所(大阪市)の口コミと評判を検証

目次1 アヴァンス法務事務所の評判の真実を徹底分析2 アヴァンス法務事務所の概要 ...

 - 弁護士事務所の口コミ, 弁護士の評判調査結果