債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

自己破産をして後悔した失敗談

 

紹介などで安易に決めないように。

実際に、自己破産による債務整理を行った佐竹さん(仮名)にその体験談を聞いてきました。 債務整理の先輩からアドバイスもありますので、参考にしてみてください。

債務整理時の借金状況

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

私は大学を卒業してからサラリーマンをやっていたのですが、父親が自動車部品の工場を興し、それを継ぐのは長男であるになるんだろうな・・・と思いながら育ちました。

ですので、サラリーマンはいずれ退職し、父親の仕事を継ぐと心の中で決めていました。サラリーマン5年目位の頃、父親も高齢であるということから、私は会社を退職し、父親の会社の役員となりました。

その頃はバブル絶頂期で、自動車が飛ぶように売れていましたので、父親の会社の経営状態もすこぶるよかったです。いきなり役員報酬100万円程もらえ、マイホームも住宅ローンを組んで購入しました。

銀行もお金を借りて下さいと言ってくるような状態で、会社の借金は、

  • 国から5000万円程度
  • 信用金庫から5000万円程度
  • 大手銀行からも3000万円程度

それでも、毎月の売り上げがとてもよかったので、返済するのが大変だということは一切ありませんでした。住宅ローンの返済も月々40万円程度でしたが、全く負担には感じませんでした。

ですが、バブル崩壊が起こり、借金が返せなくなってしまったのです。このままでは消費者金融やヤミ金からお金を借りるしかないというところまでいき、とうとう父親と相談して債務整理することにしました。

 

弁護士の選び方について

当時私はソニー生命という保険会社に加入していて、その担当者ととても懇意にさせて貰っていました。

完全に信頼関係が出来上がっていたので、その担当者に会社の実情を相談しますと、とてもいい弁護士さんがいるということを教えてくれ、弁護士事務所を紹介してもらいました。
私は法律に関して全くの素人なので、弁護士さんに全てお任せして借金をなんとかして貰えるように頼みました。

弁護士さんの言うことには、全ての借金をチャラにするには自己破産という方法しかないということで、私は借金が全てなくなるなら自己破産するのも手かなと思い、弁護士さんの言われるがままに手続きを委任しました。

費用はいくら位かかるのか聞いたのですが、100万円程度だということで、相場を知らない私はそれでもお願いするしかないと思ったのです。わずかばかりの貯金を全ておろし、弁護士費用に充てることにしました。ただ、自己破産すると家も車ももちろん会社もなくなってしまうとのことでした。

 

債務整理後の状況

毎月の借金の返済が滞るようになり、もう借りるあてもなかったので弁護士に相談したところ、自己破産しか道はないとのことでした。

会社の借金の保証人には父親と私、私の妻がなっていました。父親の自宅と私のマイホームが担保に入っていたので、全てそれらを失う結果となりました。車も全て会社名義だったのでとられてしまい、中古の軽自動車を購入することとなりました。会社の什器や機械類も全て債権者の手に渡り、もちろん会社はなくなってしまいました。

父親はかなりの厚生年金があるので母親となんとか暮らす生活費はありそうでしたが、住む場所がなくなってしまったので、中古のマンションを購入することに。幸い母親は保証人にはなっていなかったので、母親の預貯金を引き出して中古マンションを購入し、現在二人で住んでおります。

私の家族は妻と三人の子どもがおりますが、家がなくなってしまったので市営住宅に引っ越しました。私は自己破産と同時に無職になったわけなのですが、知り合いのコンピュータ関連会社にお世話になれることになり、今はエンジニアとして働いております。

 

その弁護士に依頼して良かったか

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

ソニー生命の担当者に紹介してもらった弁護士は、腕はいいと思うのですが、今になって色々調べてみますと自己破産以外の債務整理の方法があったのでは?と疑問が残ります。

例えばですが、任意整理とか個人再生などです。両親の預貯金や自宅なども全て失わなければならなかったのか?と疑問が残ります。やり方次第では借金を数千円ずつ返済するという契約をして、全ての財産を残すという方法があったのではと思うのです。

そうすれば、一生かけて借金をちびちびと返していき、私や父親や妻が亡くなれば、あとは財産放棄さえ子ども達がすれば借金はなくなります。そういった債務整理をしている知り合いがいるのを今になって知り、あの弁護士の言うことを聞いたことは本当に正解だったのか?と疑う気持になっています。

それに、手数料が100万円というのも法外な金額のような気がしています。大手法律事務所のホームページなどを見ますと、数十万円程度で、しかも分割払いで債務整理をしてくれるということが書いてありますよね・・・。

 

債務整理後の状況と、アドバイス

債務整理をしたこと自体は仕方ないことだと思っています。バブルが崩壊するのを予測できずに、機械や設備に対しての投資をどんどん行い、そのためにかなりの借金をしてしまったことは経営者である私達の責任です。そのためにたくさんの従業員をリストラし、皆きっと露頭に迷ってしまっているでしょう。

ですが、今考えると会社や自宅、その他の財産を守る手立ては他の債務整理の方法でもできたと思うのです。少しずつ借金を返しながら、社員を最小限にし、私達の報酬もかなり減額しさえすればなんとか会社を存続させることは出来たのではないかと思います。わが社は他の会社には真似できない技術を持っていましたので、倒産させるのはもったいないと今になって思います。

申し訳ないですが、あの弁護士さんに頼みさせしなければ、私達の人生はもっと他のものになっていたのでは?と思わざるを得ません。
ですので、債務整理をしようと思う人は、紹介などで安易に依頼を決めず料金などを確認される事をオススメします。

 

管理人より一言アドバイス

知人からや会社、取引先などからの紹介で弁護士や司法書士を決めてしまうケースは非常に多いように感じます。しかし、「悪徳弁護士」というのは実際に存在します。こちらの佐竹さんが依頼した弁護士事務所がどうだったのかはわかりませんが、料金などを比較することもせずに決めてしまうのは危険かもしれませんね。

 - 債務整理の体験談, 自己破産の体験談