債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

楽天カードに過払い金は発生するか?【2017年】

 

楽天に対して過払い金請求をした時の反応について専門家にお話しを伺ってきました。

任意整理への対応についても教えて頂きましたので、参考にしてみて下さい。

image5

楽天カードは過払い金請求に応じてくれるか

最近は「過払い金請求は急ぎましょう!」というCMがあまりにも多いので、楽天カードはどうなの?と気になって調べる方も多いかもしれません。

しかし実際のところ、楽天カードに過払い金は存在するのでしょうか。

楽天カードに過払いはない

そもそも、「過払い金」というのは出資法と金利上限法の間のいわゆるグレーゾーンと呼ばれる金利を撤廃すしたためにできたものです。

法改正後、金利の上限は18.0%となりましたが、楽天銀行の金利は最大14.5%と非常に低く、法律違反をしていないため過払い金そのものが発生していないのです。

そのため回収率も支払までの期間も算出できないのが現状です。

楽天カードに限らず、国内信販会社のショッピング枠やリボ払いのみの利用者は、過払い金はほぼないと言ってよいでしょう。

任意整理なら交渉の余地はあり

過払い金請求でお金が戻ってくる可能性はありませんが、現在でも楽天カードから借入をしているのであれば任意整理をして将来利息をカットできる可能性はあります。

交渉については、原則専門家に行ってもらいましょう。(個人ではほぼ相手にされませんので)

140万円までの任意整理交渉であれば司法書士など、成功報酬額の安い事務所に依頼するのがおすすめです。下記の料金比較ページなどから探してみてください。

任意整理の費用と支払い方法でみる弁護士ランキング

楽天銀行の任意整理交渉(過払い金請求)は専門家へ

それでも楽天カードに過払い金を請求したいと言う場合は自身で再計算し、楽天カードへの開示請求を行い過払い金を求める方法もありますが、ほぼ不可能でしょう。過払い金を期待するより、任意整理もあわせて弁護士や司法書士といった専門家に依頼したほうが良いでしょう。

弁護士や司法書士の中で過払い金や借金問題に強い人は交渉力も強いので、楽天銀行側とスムーズな交渉を行ってくれます。

過払い金計算はもちろん、その後の分割払い交渉までしっかり取り合ってくれますので、個人では中々進まない交渉も進みやすくなるのです。

任意整理のメリットやデメリットについて知りたい方は、下記の記事をお読みください。

任意整理のメリットとデメリット

場合によっては訴訟も、できる限り弁護士へ相談

場合によっては訴訟しなければならないこともありますので、最初から専門家に頼ることはメリットが大きいと言えるでしょう。

費用も分割払いに応じてくる事務所が多いので、安心して任せることができます。

もしあなたが楽天銀行カードローンの債務整理を考えているのであれば、まずは近くの弁護士事務所の無料相談を利用してみてください。

お金を借りると言うことは返済義務が生じると言うことですが、返せない状況に陥ると心を病んでしまう人、夜逃げを選択する人もいます。そうなる前にまずは専門家に相談し、取るべき道をとりましょう。

いきなり弁護士に相談するのは気が引けるという場合は

かと言って、いきなり弁護士に相談をするのは少し荷が重い・・・そんな方には無料匿名相談をしている法律相談所がありますので、そちらを利用すると良いでしょう。

あなたの場合にいくら利息カットや減額ができるのか?など簡単な質問に答える事で回答をもらう事ができます。

楽天銀行の便利でお得なカードローンとは

楽天といえば楽天カードマンのCMでおなじみのクレジットカードですが、スーパーカードローンもあります。

キャンペーンを良く行っており、普段でも新規入会と利用で最大3000ポイントをもらうことができるお得な楽天カードですが、楽天銀行のスーパーローンは金利も4.9~14.5%と低く返済計画が立てやすいのが特徴です。

さらに利用限度額300万円までなら所得照明は必要ありませんし、専業主婦、パート、アルバイトの方でも申し込み可能です。フリーローンとして、教育費や自己投資、旅行や医療費など様々な目的で利用でき、借り換えやおまとめも可能なのが楽天銀行カードローンです。

 - 過払い金請求への消費者金融の対応