債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

ベリーベスト法律事務所の口コミと評判

 

ベリーベスト法律事務所の口コミと評判を検証してみました。

インターネットでの書き込みや、実際に電話相談を受けてみた感想と内容について書いています。債務整理をする時の参考にしてみてください。

ベリーベスト法律事務所

btn01_red

ベリーベスト法律事務所の特徴

ベリーベスト法律事務所は、2010年に設立した若い弁護士事務所です。

まだ設立から6年くらいですが、全国18か所に拠点を置き、所属弁護士は100名以上と急成長しています。

業務も多岐に渡り、メディアへの露出も多く、勢いを感じます。弁護士業界の中では「大手」と言って良い事務所でしょう。

所在地・アクセス

  • 〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 アーク八木ヒルズ11階


その他の支店は、札幌、仙台、大宮、千葉、八重洲、池袋、新宿、渋谷、立川、横浜、静岡、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡に事務所があります。

また、海外にも上海、バングラデシュ、ミャンマーに支店を置いています。

ベリーベスト法律事務所の2chや知恵袋での評判

掲示板サイト(2ちゃんねる、以下2ch)や、yahoo知恵袋などの質問サイトを見てベリーベスト法律事務所の評判を調べてみました。


ここまで2ch(2ちゃん)に書き込みがあった内容です。

次は、いくつか目についたyahoo知恵袋の質問を参照してみます。(少し省略しています)

今年3月、同法律事務所に平成12年と17年から借り入れたクレジット会社の過払い分(完済してません)があるか依頼し、当初は過払い金が発生するようなことを言われましたが、今日届いた中間報告書では過払い金0円。

遠方で0歳の子供がおり、家族には内緒だった為書類を郵送するだけにしてしまい、ここに依頼したのは失敗だったかなと思ってます。

ネットから依頼してすぐ男性の弁護士から電話がありましたが、こちらから電話すると女性が出て、その後男性に変わりますが最初に電話してきた弁護士ではない人です。

今日も届いた書面に残高が払えるかの否かの連絡を下さいとあったので電話しましたが、やはり最初に女性が出ました。

担当に変わりますと言って出たのがまた女性で、間違って電話に出たのか違う名前を言い始めたので、私が自分の名を言うと一瞬取り乱しました。

最初に出た女性がフルネームを聞いてきたのに変な感じでした。その後やはり弁護士ではない男性に変わりました。

書面がざっくりとした内容だったので担当弁護士と電話できるよう改めて連絡するつもりです。

引用:yahoo知恵袋より

大手にありがちですが、

「電話担当(オペレーター)」
「相談役」
「受任担当(弁護士)」

がそれぞれ分かれていて、業務連絡や細かいやり取りがうまくいかないケースがあるのかもしれません。

受任までに一度、担当が面談し、その後責任を持って最後まで債務整理を行ってくれれば安心感がありますが、バラバラでは信頼性に欠けますね。

こんな質問もありました。

完済分の過払い金請求をベリーベスト法律事務所(借金相談センター)というところに今日電話で申し込みました。

手数料42000円報酬は18%か25.2%と言われました。なぜか高いようだし怪しい気がするんですが忠告ください。

相談だけのつもりがどんどん話を進めていくし電話だけで話が終り書類を後日送るので送り返して終わりのようです。アドバイスお願いします。

引用:yahoo知恵袋より

詳細はわかりませんが、債務者と面談をせずに受任するのであれば、当サイトではあまりオススメはしていません。(具体的なことはわかりませので、各自自己責任にてお願いします)

ここから先は、実際にベリーベスト法律事務所に電話相談をした内容を元にして書いています。

色々と突っ込んだ質問もしていますので、参考にしてみてください。

電話無料相談の調査結果

ベリーベスト法律事務所に実際に電話で無料相談を行い具体的に下記の質問をぶつけてみました。

質問は弁護士選定基準で優先順位の高い順に行いました。ベリーベスト法律事務所の具体的な返答と受けた印象と評価は以下の通りです。

債務整理専門の弁護士がいるか?

弁護士選定基準プライオリティーNO1は債務整理専門の腕利き弁護士に依頼することですが、ベリーベスト法律事務所には80名の弁護士と200名以上の専門スタッフが借金問題に特化した専門チームで債務整理手続を行っているとのことです。

同事務所のホームページによりますと、

累計の問い合わせ件数は7万件
累計の過払い金返還額は245億円

に達しているそうです。

このベリーベスト法律事務所の規模は弁護士事務所としては、債務整理に特化した法律事務所としてはアディーレ法律事務所と並ぶ2大法律事務所と言えます。

そして、取り扱い分野は個人依頼の債務整理問題に限らず、

交通事故の交渉
離婚問題
刑事訴訟
民事訴訟

などもオールラウンドに対応する総合的法律事務所で、特に、債務整理問題と交通事故問題とB型肝炎問題については特別のホームページを立ち上げて注力しています。

同事務所は現在の代表である酒井将弁護士と浅野健太郎弁護士により設立され現在に至っていますが、お二人の経歴から慶応大学の同級生であることが推測されます。

お二人の略歴は以下の通りです。

酒井将代表弁護士

sakai

1999年慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2000年司法試験合格
2005年弁護士ドットコムをオープン
2006年法律事務所オーセンス開設
2010年12月弁護士法人ベリーベスト法律事務所開設

浅野健太郎代表弁護士

urano

1999年慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2000年司法試験合格
2002年11月柳田野村法律事務所(現 柳田国際法律事務所)入所
2006年法律事務所オーセンスパートナー
2009年5月ニューヨーク大学法科大学院卒業
2009年11月米国ニューヨーク州司法試験合格
2010年1月米国ニューヨーク州弁護士登録
2010年12月弁護士法人ベリーベスト法律事務所開設

本当に無料相談できるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO2は無料相談で好印象を受けた事務所や弁護士を選ぶことですが、ベリーベスト法律事務所ではホームページの中で電話とメールによる相談は無料が強調されています。

実際に電話口でも質問してみましたが、平日9:30~21:00、借金に関するご相談は24時間電話受付で、メールは365日24時間対応とのことです。

弁護士費用は安いのか、また、分割できるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO3は弁護士費用の問題です。

当然のことながら、債務整理を考える人は経済的に行き詰まっている人が多く費用の問題は最も気になるポイントです。

しかし、費用の問題を余り気にする余り「安かろう悪かろう」の弁護士に委任してしまうと元も子もありません。

従って、債務整理で大事なことは「費用が安く且つ良い弁護士」を選ぶことにつきると言え、事前に費用が明確に示されていることと文書による確認が出来る弁護士事務所が求められます。

ベリーベスト法律事務所の弁護士費用は以下の通りとなっています。

過払い金請求・任意整理の費用

相談料0円
初期費用(着手金)0円
基本報酬(1社あたり) 40,000円
成功報酬(過払い金請求)20%
成功報酬(任意整理)10%

自己破産の費用

相談料0円
初期費用(着手金)0円
基本報酬(同時廃止) 240,000円
基本報酬(少額管財)340,000円
基本報酬(法人破産) 600,000円
裁判所費用(同時廃止) 30,000円
裁判所費用(少額管財) 230,000円

個人再生の費用

基本報酬(住宅ローン条項なし)340,000円
基本報酬(住宅ローン条項あり)440,000円
裁判所申立費用30,000円

なお後払い・分割払いのシステムも用意されており、分割の場合は基本的に半年程度の分割が多いとのことです。※具体的には個別案件で異なるため正式委任後に担当弁護士と相談して決定

従って、ベリーベスト法律事務所の弁護士費用の水準は、過払い金請求・任意整理の費用については基本報酬は40,000円と普通ですが、成功報酬(過払い金請求20%・任意整理10%)が上乗せされますからトータルでは高い水準です。

ただ、自己破産の同時廃止の場合のトータル費用270,000円は司法書士事務所並で安いと言えます。

POINT:債務整理費用はトータルで見ると高い

債務整理手続のタイムテーブルを示してくれるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO4は債務整理手続のタイムテーブルを示してくれるかどうかですが、下記のようなタイムテーブルを示してくれました。

ほぼHPに記載の情報と同じです。

  1. 電話かメールでのお問い合わせ(弁護士が直接お話を伺う)
  2. 「委任契約」を締結(お話を伺い受任いただける場合)
  3. 金融業者に介入通知を発送(同時に全ての取引履歴の開示を請求)
    (過払い金があれば返還請求を行う。受任通知が到達した時点で金融業者からの取り立てはストップ)
  4. 交渉や裁判により業者と和解(返済計画の説明)
  5. 返済計画の実行

しかし、こちらから電話をして最初に電話に出たのはアポイント専門?と思われるオペレーターでした。

ある程度知識はあるのかもしれませんが、「今すぐ細かいことを聞きたい」という場合には答えられないかもしれません。

POINT:最初の問い合わせはアポイント専門のオペレーター

担当弁護士に直接面談できるのか?

電話やメールで面談のアポイントを取れば弁護士による無料相談を受けられます。

また、必要な場合は面談のアポイントを取れば弁護士による相談を受けられます。

ベリーベスト法律事務所では正式委任すると担当の弁護士が決まりますが、弁護士をトップとした借金問題専門チームがチームとして担当するとのことです。

従って、正式委任後に担当弁護士と面談するには、きっちりアポイントを取る必要があると考えられます。

総評

(5段階評価・25点が最高レベル)

ベリーベスト法律事務所の総評

ベリーベスト法律事務所に実際に電話で無料相談を行ない特に感じたことは、良くも悪くも大手の法律事務所だな」という印象です。

大手銀行の担当者のように言葉は非常に丁寧ですが、こちらの相談を親身に聞いてくれるというよりは、事務所の都合でアポイントを取ろうという姿勢です。

電話を受けた方は事務員と名乗っていましたので、末端の事務員の態度にホスピタリティーが感じられないところを見ると、正式委任する気にはなれません。

また、同事務所の正式ホームページが乱立気味で弁護士数や社員数などがまちまちで、弁護士数や社員数が増減していることが推測されます。

ただ、受任件数や規模から考えれば債務整理専門の弁護士事務所として高い水準であることは間違いありませんので、慎重に無料相談を行った上で委任するか否かを判断する必要があります。

btn01_red

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 弁護士の評判調査結果

債務整理弁護士事務所ランキング