債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

過払い金請求をしたらいくら戻ってくるのか?

 

9c2a974c7ff7663e9bbb90e89c128406_s

過払い金請求をするとどのくらい戻ってくるのか?というのパッと答えるのが難しい質問です。その理由も踏まえて、実際の所どのくらい戻ってきそうなのか?という事については本文中で解説していきますので、少々お付き合い頂ければと思います。

そもそも過払い金とはなんぞや??わかりやすく解説します

そもそも過払い金請求というのは何かというと、過去に払いすぎた利息を取り戻すことを言います。消費者金融やクレジットカードなどが債務者に対して利息制限法の上限以上の利息をかけていた場合に発生します。

借金をすれば当然返済義務が発生するわけですが、実は利息制限法では総額10~100万円未満の借り入れについては利息は18%以上にしてはいけないというように定められていました。ところが出資法で定められていた金利の上限は29.2%でしたから、当然食い違いが生じます。「出資法」という法律と「利息制限法」という二つの法律が混在した為にできたいわゆる「グレーゾーン金利」というやつです。

現在は18%と決められているのですが、この18%に統一される前に借り入れをして18%以上の金利を支払っていたという方は、グレーゾーン金利と呼ばれる範囲で過払い金が発生するというのです。実際の裁判で貸金業者に対して利息制限法以上の過払い金は利用者へ還すことと判決を下しました。この裁判を皮切りに、多くの方が過払い金があるのではないかということで弁護士や司法書士に相談するようになったのです。

POINT:過払い金とは、違法な金利によって発生した返済で、支払う必要のなかったお金の事!

実際には過払い金請求でどのくらいお金が戻ってくるのか?

では実際に過払い金請求をするといくら戻ってくるのかというと、借りた金額×借りたときの金利×利息制限法の上限金利で答えが出ます。

たとえば150万円を借り入れたときに25%の金利で契約し、3年間借りたとします。
利息制限法では15%が上限となりますから、その差10%が返還分となります。
つまり150万円借りれば1年間で15万円となり、3年間借り入れたということは15万円×3年で45万円が過払い金となる、ということです。

と、簡単な計算でザックリした数字は出るのですが、問題はこの先です。これだけの過払い金がある、という事実がわかったら貸金業者に対して、「過払い金請求」をする事になるわけですが、これを個人でやろうと思うとかなりの法律知識武装と、それぞれの必要書類の用意、交渉、を全て自分でやなばければいけません。ですので、本来この交渉を司法書士や弁護士に依頼するわけですが、専門家が交渉をしたからと言って過払い金の全てがすぐに貸金業者から支払われるわけではないんですね。

POINT:さらに、余分に払った過払い金には5%の利息がつきます。つまり、あなたが多く支払った分に対してさらに5%の金利分を請求する権利が認められているんです!

過払い金は全額戻ってこないの??

過払い金の請求方法には大きく2通りの方法があって、

  • 裁判所を通して過払い金を請求する
  • 直接和解交渉をして過払い金を請求する

という方法があるのですが、手間も考えるとどちらが良いのかは考え物です。前者の場合は過払い金総額の6~8割くらいが返還されると一般的には言われていますが、当然交渉ごとですので、後者でもそれくらい返還されるケースもあります。

ここから先は、弁護士と貸金業者との和解交渉で金額が決定していきます。当然ですが、過払い金の返還率が良い業者や悪い業者もあり、弁護士の交渉力によっても返還される金額は変わってきます。こういった背景から、一概に「過払い金はいくら戻ってきます」と言えないのが現状なわけです。

しかし、一つ言える事は、過払い金返還請求は専門家に相談をした方が良いということです。自分でやる労力と手間、交渉力などの技術的な部分も考えると、果たして自分でやるメリットはあるのか?という事になります。交渉次第で戻ってくる金額にも差が付きますので、弁護士報酬を払ってもプロに交渉してもらった方が結果として良いケースが多いです。

そもそも、過払い金の請求を自分でやろうと思っても、取引履歴の開示すら個人では受け付けてもらえない事が多いのです。

大切なのは過払い金請求に強い弁護士に依頼をすること

一番大切なのは、それらをわかった上で「過払い金請求に強い弁護士」に相談、依頼をする事です。

素人の請求とプロの請求に差がつくように、過払い金が得意な弁護士と経験の浅い弁護士とでは戻ってくる金額に大きな差がつきます。

月間600件以上の債務整理相談を受ける債務整理専門の弁護士はこちら

 - 借金の過払い金返還請求とは?メリットとデメリット