債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

リボ払いからの多重債務を任意整理

 

弁護士は実際に会って判断したほうが良いと思います。

実際に、岡田法律事務所で自己破産を行った坂田さん(仮名)にその体験談を聞いてきました。 債務整理の先輩からアドバイスもありますので、参考にしてみてください。

債務整理をする事になったキッカケ、その時の状況(借金詳細)

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

借金が減っていかない事にうんざりしました

カードローンが嵩んでしまい、毎月収入が入っても返済分、毎月の他の支払い(ケータイ代金、家賃)分を支払うだけで手元には良くて3万しか残りませんでした。

総額の金額としては、そこまで多くはありませんでした。ただ複数社のカードローンがあり、最低額のリボ払いで支払いをしていたので返しても返しても金額が減らず、かといって上乗せで返済をするほど給料が多くなかったので完全に火の車状態でした。

支払が全くできない状況にはなっていませんでしたが、毎月お金が足りていないことへの不満、永遠と支払が続くことを考えた時にうんざりしていました。そんな状況が1年弱くらい続いた時に、このままでは支払いができなくなってしまうことを懸念し、ネットで調べ、債務整理のことを知りました。内訳は下記の通り

  • 三井住友VISA
  • JCB
  • レイク
  • ソニーファイナンス
  • DCカード

 

弁護士の選び方と、弁護士を決めた理由

岡田法律事務所に相談しました。

初め相談に行った弁護士事務所では、メディア掲載されている大手の弁護士事務所だったのですが話を聞くと少々不信感を持ってしまいました。

そこでこのままこの弁護士事務所で契約をすることが怖くなり、改めて信用できそうなところを探し直しました。債務整理に強い会社が良かったのでHP上で債務整理のことを詳しく書いている事務所だったのが岡田法律事務所でした。

実際に事務所で話を聞く前にHP上で、債務整理とはどういうものなのかという情報記載もあり、素人が見ても分かりやすい情報でもあったので変な事務所ではなさそうだと信用できそうだなと思えました。

メールで事前相談をした際にも、この前行った弁護士事務所に不信感を抱いたこと、今の生活環境や支払い能力がそこまでない中で返済することがきついが支払いはちゃんと完済したいと思っている等のことを恥も承知で正直に相談させてもらいました。

そこでの返答も、話を聞きますよという受け入れ体制が整っていることを感じれる返答でしたのでメールでのやり取り段階からココにお願いしようと思えました。

ちなみに、岡田法律事務所さんは東京の事務所ですがわざわざ出張面談に来ていただきました。

 

債務整理の方法と、債務整理後の状況

任意整理をして全て完済したのは6年後

だいぶ前に任意整理の手続きをしたので少々おぼろげではありますが、着手金みたいなものを契約時支払いをしました。
確か3万円くらいだったかと思います。

あとは自分のローン額を毎月いくら支払いするのか、必ず払える金額設定をする必要があったので想像以上に少ない金額設定になりました。私の場合は支払いを遅延していて支払いが滞っており、カード会社からの返済の催促電話がかかってきていたので、まずは債務整理をしますということを各会社へ代理連絡をしてくれるということ、その後に催促電話がストップすること、が説明がありました。

任意整理をお願いするときに、お金にだらしがないことに対しての叱咤激励と二度と同じようなことにならないために意識を変えるべきだという助言を頂きました。

債務整理をお願いし全て完済をしたのが今年2015年の6月でしたのでトータル6年ほどかかりました。支払いが全て終わった段階で久々に弁護士事務所へ連絡をしました。

返済状況を改めて確認頂き、今まで長いお付き合いをありがとうございましたというお言葉を頂きました。

 

その弁護士(司法書士)に依頼して良かったか、失敗談など

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

思いやりを感じました

恐らく事務的な対応するような弁護士であれば依頼までに至らなかったと思います。それはその当時も今も変わらずそう思っています。

債務整理時はまだ20代前半で、誰にも相談できず、藁をもすがる重いで相談に行きました。その時に、なんで借金を増やしてしまったのか、返せなくなる一歩手前まできていたのに危機感がない、と強めに言われました。

そういう世界をずっと見てきている方から言われたのは、すごく身にしみました。

仕事だからということで指摘をしたというわけではなく、若いのに無駄な苦労をすることこそ勿体無い、悪い方向へ行ってほしくないという思いやりを感じれました。

 

債務整理後の状況、これから債務整理をされる方にアドバイスを

借金問題は友達に相談しても頼りにならないです

無駄遣いをしてしまったり、ストレス解消で買い物に行ったり、物欲に負けてしまったりが続いた先には支払いがスムーズにできなくなってしまったとか気づいたらローンがどんどん増えてしまったという事態になってしまっている人というのは、ひとりで抱え込んでしまっていると思います。

友達に軽く相談した時もありましたが、正直こういうときに友達は本当の意味で頼りにはなりませんでした。専門家に話をしてみる、相談してみるだけでも心のつかえは取れますし、必ず今よりも生活や気持ちも変わると思います。

私は少なくとも、債務整理というのは最終手段だと思っていたので、やはり債務整理をするというのは気が引けましたが自己破産ではないですし、自分の状況を第三者からアドバイスを頂ける上でどう今ある借金をきちんと返していくべきかを教えてくれます。

物理的にはカードが作れないくらいですので、生活に支障は特にありません。誰にもバレません。私は一緒に住んでいた親にすら知られずに任意整理完了出来ました。

任意整理を始めてから、やはり3年間くらいはどうしても物欲に負けがちだったり自分をコントロールすることに苦労しました。

今ではカードがないことは当たり前、手持ち以上の買い物をしたいとは思わなくなりました。一番変わったのは自分の収入に見合わない買い物はしなくなりました。

私が債務整理をした当時は今よりかは、債務整理しますと謳っている弁護士事務所は調べないと出てきませんでした。今は色々な弁護士事務所の情報が出てくるので判断材料に困るかと思いますが、大手だから良くしてくれるとは限らないということ、中小規模だから安心できない、というわけではいなと思いました。

メール相談だけでは判断できないので、実際に弁護士の方と会った上で、自分の中で信頼できそうなのかどうか、弁護士事務所を見て信頼できそうと思えるかどうかで決めたほうが納得出来ると思います。

 

管理人より一言アドバイス

たしかに、現在は過払い金や任意整理手続きが儲かるという事で宣伝しはじめた法律事務所が大変多く、中には債務者の未来を考えずに利益重視で債務整理を奨める弁護士もいるようです。

そういった弁護士に当たらない為には一度会って話をすれば判断はできるはずです。まずはメール相談など無料の相談をしてみると良いかもしれませんね。

 - 任意整理の体験談, 債務整理の体験談