パートナーズ法律事務所の評判の真実(悪評含む)を体験者の口コミや電話インタビューで徹底分析

 

パートナーズ法律事務所の評判の真実を徹底分析

ライター坂本が今回はパートナーズ法律事務所についての口コミや評判・噂について分析・検証していきます。

インターネット等に書き込まれた口コミや、実際に利用した人の声・体験談などを調査し、また、自身でも無料電話相談を利用してみた結果をまとめています。

このページを通じてパートナーズ法律事務所の良い点も悪い点も含めて、特徴や他事務所との違いを把握し弁護士・司法書士選びの参考にしてみて下さい。

まず、早速ですがザッと理解していただくために、当サイトが分析・検証したパートナーズ法律事務所の特徴を3つ挙げてみました。

パートナーズ法律事務所 の特徴

中小企業の顧問としても活躍

パートナーズ法律事務所は中小企業のホームロイヤーとして将来起こりうるトラブルを防止する予防法務、トラブルになってしまった場合に迅速に紛争を解決する臨床法務に力を入れているとのことです。

広い分野の民事案件で多数の実績

パートナーズ法律事務所は「暮らしを守るパートナー」として、広い分野の民事事件を取り扱い、地域の方々に貢献しています。

国際化へのパートナー

2014年4月からバンコクの提携先法律事務所に弁護士1名を派遣しています。
提携先法律事務所とのネットワークを活かし中小企業の海外進出支援・渉外トラブル相談・在外邦人支援・在日外国人支援を積極的に行っています。

パートナーズ法律事務所の概要

パートナーズ法律事務所

事務所所在地
東京都豊島区南大塚三丁目36番7号 T&Tビル4階
電話番号
03-5911-3216
WEBサイト
 https://p-law.jp/
所属弁護士会
東京弁護士会
過去の行政処分
パートナーズ法律事務所は過去に行政処分を受けていません。
最寄駅からのアクセス方法
JR山手線・大塚駅南口から都電荒川線沿い徒歩2分
東京メトロ・新大塚駅から徒歩9分
周辺情報
JR山手線と東京メトロに挟まれた商業住宅地域

※近隣の方や訪問したことがある方の情報に基づいた口コミです。
最新情報でない可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

パートナーズ法律事務所代表プロフィー

パートナーズ法律事務所代表プロフィール

【代表】

  • 代表 原 和良弁護士

【経歴】

  • 1995年     弁護士登録(東京弁護士会)
  • 2007年     パートナーズ法律事務所設立
  • 2012年     弁護士法人パートナーズ法律事務所設立
    主に労働事件(労働者側)・公害事件・ちかんえん罪事件などを手がける。
    東京高裁で逆転無罪判決をとり映画「それでもぼくはやっていない」のモデル事件の一つとなったちかんえん罪事件の弁護人。
    現在は中小企業の法律・経営問題・海外進出の援助・若手弁護士の指導・育成などに力を注ぐ

【所属団体等】

  • 日本ペンクラブ会員・東京中小企業家同友会理事・福島県中小企業家同友会会員
  • 人を大切にする経営学会会員・一般社団法人弁護士業務研究所代表理事
  • 司法修習生給費制廃止違憲訴訟東京弁護団長・福島原発事故津島被害者弁護団共同代表 

【著作】

  • 「弁護士研修ノート」(レクシスネクシス・ジャパン社)
  • 「人権で世界を変える30の方法」(共著:合同出版)
  • 「それでもがまん!?労働弁護士の事件ノート」(共著:青木書店)
  • 「Q&A 職場のトラブル法律相談」(共同編者:大月書店)
  • 「弁護士経営ノート」(監修:レクシスネクシス・ジャパン)
  • 「顧問契約を増やす秘訣とは?弁護士報酬の設定・決定プロセス」(株式会社レガシィ)
  • 「若手から相談をよく受ける所長弁護士が明かす 法律事務所経営の失敗事例と未然防止策」(株式会社レガシィ)
  • 「明るい失敗」(クロスメディア・パブリッシング)
  • 「逆転無罪の事実認定」(勁草書房:原田圀男著)
  • 「左手の証明記者が追いかけた痴漢冤罪事件868日の真実」(Nanaブックス:小澤実著)

引用元:パートナーズ法律事務所公式ホームページ
URL:https://p-law.jp/member/hara/

代表コメント

「弁護士になって、25年目になります。

弁護士である前に、人間としてどう生きるか、を大事にしながら、事件、依頼者と向き合いたいと思います。

社会が大きく変わろうとしている時代だからこそ、これまでの「弁護士」という既成の概念にとらわれず常に「弁護士とは」を問い直しながら新しい挑戦をし、自らを変革していける弁護士でありたいと思います」

引用元:パートナーズ法律事務所公式ホームページ
URL:https://p-law.jp/member/hara/

パートナーズ法律事務所を利用した方の感想・口コミ・評判

実際にパートナーズ法律事務所を利用した方の感想・口コミ・評判をネットで検索しました。

  • ネット口コミ情報→なし
  • メディア掲載履歴→なし

弁護士費用は安いのか?

当然のことながら、債務整理を考える人は経済的に行き詰まっている人が多く費用の問題は最も気になるポイントです。

しかし、費用の問題を余り気にする余り「安かろう悪かろう」の弁護士・司法書士に委任してしまうと元も子もありません。

したがって、債務整理で大事なことは「費用が安くかつ良い弁護士・司法書士」を選ぶことにつきると言え、事前に費用が明確に示されていることと文書による確認ができる弁護士・司法書士事務所が求められます。

パートナーズ法律事務所の債務整理の費用はホームページに明記されていませんでしたので、電話調査により判明した債務整理の費用は下記の通りとなっています。

任意再生 個人再生 自己破産 過払い金
相談料金 - - - -
着手金 1社~2社52,500円

3社以上
21,000円(1社あたり)
315,000円 210,000円 -
報酬金 1社21,000円
減額報酬10.5%
請求を免れた金額の10.5% 請求を免れた金額の10.5% -
過払い金報酬 21% 21% 21% -
その他費用 - - - -

上記の通りパートナーズ法律事務所の費用は他の弁護士事務所・司法書士事務所の平均と比べますと、任意整理は平均的で自己破産は安いイメージです。

合わせて読みたい

電話調査の結果

パートナーズ法律事務所に実際に電話で無料相談を行い具体的に下記の質問をぶつけてみました。
質問は弁護士・司法書士選定基準でプライオリティーの高い順に行いました。

パートナーズ法律事務所の具体的な返答と受けた印象と評価を以下ご紹介します。電話した際のやりとりを有りのままに紹介していきます。
電話にあたってのユーザーの設定としては東京在住で、3社の銀行カードローンから200万円借りているという設定で電話しました。

以下、電話してからの実際のやりとりについて、有りのままに紹介していきます。

ライター
パートナーズ法律事務所さんですか?
 

事務員
はい、パートナーズ法律事務所・電話相談員の〇〇と申します。

ベテランと思しき女性相談員が、電話に出られました。                     

ライター
債務整理の相談で電話しました。

事務員
それでは、お名前をお願いできますか?

ライター
はい、坂本と申します。

事務員
坂本様よろしくお願い申し上げます。
ただ、パートナーズ法律事務所では電話による法律相談を受けておりません。
ご法律相談の場合は予約を取って頂き法律相談料として30分5,000円+消費税を頂 くことになっています。

ライター
はい、法律相談については解りました。
ただ、私は債務整理するための弁護士事務所を探していますので、先程からパートナーズ法律事務所さんのホームページを見ていました。
それで、法律相談ではなくてパートナーズ法律事務所さんについて一般的なことを2~3お聞きしたいのですが?  
     

事務員
はい、それではお答えできることはお答えします。

ライター
まず、最初にお聞きしたいのは無料相談ができるのかということです

事務員
ご案内した通りパートナーズ法律事務所では法律相談料として30分で5,000円+消費税を頂くことになっています。
ただ、正式委任した場合は着手金の一部に充当
されます。
   

ライター
メールによる相談は無料相談できますか?

事務員
メールでの対応は可能です。
ただし、正式委任の際には直接の面談が必要です。
また、相談回数は受任した場合は適宜相談しながら事件を進めていきます。
受任前の段階では疑問点があれば何回でもご相談に応じますが、既に依頼の是非が判断できる情報提供がなされている段階での無料相談やその後の 受任はお引き受けできない場合があります。
                      

ライター
予約するための電話受付時間は何時から何時ですか?

事務員
受付時間帯は平日午前9時から午後6時までです。

ライター
土日祝日はどうですか?  

事務員
通常、土・日・祝日は休みですが予約を頂いた場合は別です。
  

ライター
借金の金額によって面談を断るケースがあると聞いたことがありますが、パートナーズ法律事務所さんではどうですか?

事務員
それはないと思いますが・・・
   

ライター
パートナーズ法律事務所さんの対応エリアは決まっていますか?

事務員
対応エリアには制限はありませんが、債務整理を受託させて頂く場合、必ず直接ご面談をさせて頂いておりますので、少なくとも一度は弊所に来て頂くことになります。

ライター
パートナーズ法律事務所さんには債務整理の経験豊富な弁護士先生がたくさんいますか?

事務員
代表の原和良弁護士を含めて6人の弁護士が在籍しています。
原は弁護士登録して20年以上のキャリアがあります。

原和良弁護士は1995年に弁護士登録し2007年にパートナーズ法律事務所を設立 しています。

ライター
これまで個人の債務整理は通算で何件くらい取り扱っていますか?

事務員
通算の取り扱い件数は聞いたことがありませんが、債務整理の相談件数は月5件~10件以内です。
比較的、事業者や会社の整理の相談が多い方だと思います。

ライター
債務整理以外の取り扱いで注力している分野は何ですか?

事務員
個人分野では交通事故・債権回収・不動産問題・消費者問題・労働問題などで、他に中小企業や外国企業・外国人問題も取り扱っています。

ライター
債務整理を取り扱っている期間はどのくらいですか?

事務員
パートナーズ法律事務所は2007年設立ですから、それ以来だと思います。

ライター
これまでに取り扱った中で最大の債務整理金額はいくらでしたか?

事務員
それは覚えていません。
  

ライター
正直、私が一番気になるのは費用の問題です。
ホームページに債務整理の費用はが書かれていませんので、費用についてお聞きしたいのですが?

事務員
債務整理の場合は債務額や債権者の数・事案の複雑性を勘案して費用を定めますが、基本的にパートナーズ法律事務所は日弁連のクレジット・サラ金事件報酬基準 に従っています。

ライター
パートナーズ法律事務所さんの具体的な費用の例を教えてください。

事務員
例えば、任意整理の着手金は1社~2社の場合は52,500円で3社以上の場合は21,000円×社数です。
それに、報酬金1社21,000円×社数が加わります。 
      

ライター
自己破産の費用は大体いくらくらいでしょうか?

事務員
個人破産の場合も日弁連のクレジット・サラ金事件報酬基準に従っていますが、事務所の報酬の標準額は20万円+税となり実費は別途負担となります。
あと、管財人を選任する場合は費用が加算されます。

ライター
費用の支払いはカード払いや振り込みも使えますか?

事務員
カード払いは受け付けておりません。
債務整理になりますとそもそもカードで支払うという信用取引は矛盾をきたしま すし、日弁連はカードでの弁護士費用の支払いを認めておりません。

ライター
分割払い場合はできますか?

事務員
分割支払いはご相談に乗ることができます。

ライター
通常の費用の支払いのタイミングはいつになりますか?

事務員
委任契約の時か直後に着手金をお振込み頂き残りは手続の後となります。

ライター
委任契約後の面談は土日祝日の対応は可能ですか?

事務員
弁護士のスケジュールが空いている日にアポイントを頂ければ大丈夫です。
  

ライター
通常、債務整理にかかる期間はどのくらいでしょうか?

事務員
手続により一概には言えませんので、面談の時に弁護士にお聞きください。
 

ライター
それでは、任意整理の場合、和解に至るまでの大まかな日数は何日くらいでしょうか?

事務員
任意整理の解決までの日数ですがケースバイケースであり、2~3か月間の債権調査・利息制限法引き直しを経て和解交渉を行いますので、通常受任から6か月以内で解決のケースが多いようです。

ライター
費用を分割する場合はどのくらいでしょうか?

事務員
通常、費用の分割払いを先に進めて頂きますのでプラス2~3ヵ月という感じでしょうか。

ライター
自己破産の場合はどうでしょうか?

事務員
通常、管財人を立てない同時廃止のケースでしたら半年から1年という感じです。
   

ライター
最後に債務整理は親や家族に知られることなく手続きは可能ですか?

事務員
私どもの方から情報が洩れることは過去ありませんが、裁判所の手続を経る場合は官報に掲載されますし、任意整理の業者から洩れることも考えられます。
                          

ライター
よく解りました。
長々と詳しく教えて頂きありがとうございます。
よく考えて正式に委任する時は改めて電話します。

事務員
ご連絡をお待ちしています。
よろしくお願い申し上げます。

総評

この事務所の総合評価
2.2
専門性
3.0
無料相談
1.0
費用と支払い方法
3.0
対応スケジュール
1.0
直接相談
3.0
専門性
直接相談
対応
スケジュール
費用と
支払い方法
無料相談

パートナーズ法律事務所に実際に電話で無料相談を行ない特に感じたことは以下の通りです。

電話に出た女性相談員は債務整理や他の業務に精通している様で質問にスラスラ答えてくれました。

パートナーズ法律事務所は弁護士が6人在籍する中堅の弁護士事務所で水準も高く対応やイメージも悪くありませんが、債務整理に注力していない事務所であるという印象を受けます。

代表の原和良弁護士が労働事件(労働者側)・公害事件を得意とする社会派弁護士であることで、取り扱い業務は交通事故・債権回収・不動産問題・消費者問題・労働問題の次に債務整理・過払金の回収・破産となっています。

その結果として、基本的に電話相談は受けず最初の弁護士との面談が有料となっています。

また、ホームページに債務整理手続の費用が示されていないことやタイムテーブルが示されていないことに繋がります。

今回、電話調査で費用について質問したところ基本的に日弁連の報酬基準に従っているということで、任意整理や自己破産などの具体的な金額が解りました。

したがって、パートナーズ法律事務所の債務整理の費用は平均並みということです。

合わせて読みたい

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。
自身も自己破産の経験があり、債務整理の森においては主に法律事務所の記事を担当。
現在は韓国釜山と福岡に居を構え、それぞれを行ったり来たりしながら、専業ライターとして活動中。

■略歴
1994年 都内某有名私立大学法学部卒業
 同年 日経BPマーケティング社に就職
    法人営業部営業マンとして日経BP社年間購読雑誌の法人販売を担当
2010年 任意整理手続するも失敗
2014年 自己破産手続
2015年 同社退職 
 同年 フリーランスのライターとなる

■得意分野
債務整理・金融・株式投資・不動産投資

■債務整理の森閲覧者へのメッセージ
債務整理の森のライターとしての目線で常に意識しているのは、債務整理を行なう人の目線です。
略歴にもありますが、私は過去に任意整理手続と自己破産手続を経験しています。
しかもそれは、任意整理手続に失敗した上で自己破産手続するという、珍しいケースです。
ですので、「あの時こうしておけば良かった」とか「ああするべきではなかった」など後悔は尽きませんが、今となっては少しでも同じような境遇の人の参考になればという思いで書いています。
特に債務整理を手掛ける弁護士や司法書士は、債務整理をビジネスにしている訳ですから、ある意味では債務整理者と利益が相反する場合もあり得ます。
そういったことも踏まえ、忖度することなく記事としてありのままに書き上げることは、私にしかできない仕事と自負しております。
私の記事が、借金問題でお悩みの方のお役に立てば幸いです。

厳選!おすすめ記事BEST3

1
債務整理に注力しているおすすめの事務所一覧【徹底調査】

当サイトでは、実際の取材や債務整理の相談を行なった体験談をもとに、おすすめの弁護 ...

任意整理の費用と支払い方法でみる弁護士ランキング 2
任意整理にかかる費用相場と支払い方法別の弁護士・司法書士おすすめ一覧

借金に関する相談は、弁護士事務所や司法書士事務所において無料で行なうことができま ...

3
みどり法務事務所の評判の真実(悪評含む)を体験者の口コミや電話インタビューで徹底分析

目次1 みどり法務事務所の評判の真実を徹底分析2 みどり法務事務所の概要3 みど ...

 - 弁護士事務所の口コミ