債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

任意整理のプール金とは?

 

任意整理のプール金って何?

言葉の意味と、プール金を活用する方法を解説します。

任意整理のプール金とは?

プール金の積み立て任意整理を乗り越えよう

借金解消に向けて、一番初めに検討する方法が任意整理です。しかし、任意整理についての具体的な手順はあまり知られていません。例えばプール金の存在です。任意整理のプロセスのなかで、プール金は重要な意味をもちます。

このプール金いかんにより任意整理ができなくなる恐れもあります。債務者はプール金について理解しつつ、その活用法を学ぶことが任意整理の成功につながることを心得ておきましょう。

自己破産の魔力!?

債務整理において自己破産でなく、任意整理を選択する理由はさまざまです。債務者の名誉を守るというのもその理由の一つですが、債務履行不能に陥ると自己破産した方が楽ともいえます。ただ、自己破産してしまうと財産没収などの制限を受けることになります。

和解を選択する意味は?

一方、任意整理をすれば借金は残るものの、今までと変わりない生活を続けることができます。任意整理は債務が温存されるため返済を続けなければなりません。

とはいえ原則、金利負担がなくなるので元本のみの返済となり、債務者にとってかなりの軽減につながります。返済期間は短くても3年は掛かってしまいます。

 

弁護士が返済計画書を作成

任意整理をすることになっても、返済過程で履行遅滞などの状況が発生することはしばしばです。そもそも債務整理をせざる得ない人たちは返済能力に問題を抱えていることが普通といえます。ですから任意整理を選択しても返済過程において履行遅滞などのトラブルが発生しても何も不思議ではありません。

任意整理をすると、債務者の収入状況などを考慮して返済計画書を作成します。

しかし計画通りに事が運ばれれば良いですが、現実には紆余曲折の返済プロセスが待ち構えているものです。そこでリスクを最小限に抑える工夫が必要になります。返済遅滞が起きることを事前に織り込み、それをバックアップする対策を用意しておかなければなりません。これがプール金というものです。

プール金は毎月の返済にプラスアルファー

お金をプールしておくことで、返済不能といえる状況が発生してもそのプール金から返済資金をねん出することができます。いざという時の保険ともいえます。このプール金は当然のことながら債務者が積み立てていくことになります。

毎月の返済額にプラスしてプール金を積み立てるのが一般的です。

プラスアルファー分のプール額がいくらになるかはケースバイケースといえます。債務者の返済能力に沿って決められていきますので、積み立て可能な範囲内でプール金額は定められることになります。

無理のない返済計画を立てよう

任意整理とは債権者との和解があってのことです。せっかく任意整理が債権者により認められたにも関わらず、履行遅滞や履行不能ということになれば和解契約に反することになります。債権者への裏切り行為ともいえます。

任意整理の支払ができなくなってしまったケースについてはこちらの記事をお読みください。

このような事態を避けるためプール金が役立ちます。プール金は任意整理の柱とも言える制度です。プール金制度があるからこそ債権者と和解が成立し、任意整理が実行されるといっても過言ではありません。プール金の概念を理解して、債務返済計画の道筋を立ててきましょう。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 任意整理の費用

債務整理弁護士事務所ランキング