債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

任意整理の分割払いに回数制限はあるか?

 

任意整理による弁護士費用の支払い方法

0829

債務整理を弁護士に依頼すると当然ながら弁護士費用が発生します。任意整理でも高いといわれている弁護士費用ですが、ただでさえ今お金がないのに、そんなに高い弁護士費用まで負担することはできない、という方も多いでしょう。

安心してほしいのは、弁護士費用の支払い方法は

任意整理や個人再生であれば残りの債務がすべて払い終わってから、自己破産なら免責の許可が下りてから分割で支払うことができる

ということです。※もちろん事務所によりますのですべてではありません。

和解成立後、任意整理の場合は残った借金を3~5年で支払うことになりますが、弁護士費用も合わせて支払うとなると家計に大きな負担となるという方も多いです。

支払い方法の相談に乗ってくれない弁護士

ですが弁護士費用が債務整理の返済がすべて終わってからでいい、となれば気持ち的にも楽になるでしょう。かたくなに前払いを要求してきたり、事情の相談に乗ってくれない様な弁護士は始めから要注意とするのが得策です。

 

弁護士費用の相場について

では一体債務整理をすると弁護士費用はどのくらいかかる物なのでしょうか。弁護士費用の内訳は着手金、報酬金、手数料の3つです。任意整理の相場について書いてみます。

自己破産の着手金

着手金は結果がどうであれ支払わなければならない物で、1社につき20000~40000円かかります。手数料は成功や不成功を求めない事務処理に対する報酬で事務所によって異なります。

自己破産の報酬金

報酬金は解決報酬金、減額報酬金、過払い報酬金の3つからなり、減額報酬が減額した額の10%程度、過払い金は還元額の20%程度が相場です。また基本料金も1社当たり40000円程度が別途かかることがあります。

総合すると債務整理する会社の数によっては20万円以上かかるといえるでしょう。日本弁護士会によって上限金額が決められていますが、事務所によってまったく料金は違いますので、よく比較することが重要になりますね。

その他、自己破産や個人再生の報酬費用についてはまた別の記事で書いていきたいと思います。そちらをご参照下さい。

 

弁護士費用の分割回数に制限はあるのか?

では実際に弁護士費用を分割払いで支払おうと思ったとき、何回くらいで支払えば良いのでしょうか。弁護士費用は現在、ほとんどの事務所で分割払いが可能となっていますが、中には分割手数料がかからない、個人で自由に設定できるというところもあります。

たとえば債権者に対して債務を36回払いとしたとき、弁護士費用も36回払いにすることができるということです。着手金のみ一括で最初に支払わなければなりませんが、成功報酬などは債務整理が終わらなければ金額がはっきりしませんので、後払いになるのです。

分割回数は事務所によって異なる

もちろん分割回数は弁護士事務所によって異なりますので、あらかじめ確認することが大切です。中には分割払いに応じていても、期限がある、利息がかかるというところもありますので弁護士事務所を選ぶ際、料金体系についてもチェックして見ると良いでしょう。支払のタイミングや現金の持ち出しがあるかどうか?などは必ず最初の無料相談で聞いておくべきポイントとも言えます。

それぞれ、事務所ごとの料金比較についてはこちらのページをご参照下さい。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 任意整理の費用

債務整理弁護士事務所ランキング