債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

PORT株式会社東証マザーズ上場 債務整理の森は、東京証券取引所マザーズ市場に上場しているポート株式会社(証券コード:7047)が運営しているサービスです。

旬報法律事務所の評判の真実(悪評含む)を体験者の口コミや電話インタビューで徹底分析

 

旬報法律事務所の評判の真実を徹底分析

ライター石黒菜穂が、今回は旬報法律事務所についての口コミや評判、噂について分析・検証していきます。

インターネット等に書き込まれた口コミや、実際に利用した方の声、体験談などを調査し、また自身でも無料電話相談を利用してみた電話調査をした結果をまとめています。

このページを通じて、旬報法律事務所の良い点も悪い点も含めて特徴や、他事務所との違いを把握し、弁護士選びの参考にしてみて下さい。

当サイトが分析・検証した旬報法律事務所の特徴は、以下の3点が挙げられます。

旬報法律事務所 の特徴

HPにて債務整理を行うにあたってのポイントがわかりやすく説明してある。

相談する前に事前に調べておくこと等を全てホームページに記載してあります。
また、 今後の流れや Q & A なども用意してあり、初めて債務整理をする人でも
分かりやすくなっています。

旬報法律事務所で「できること」「できないこと」の説明を納得いくようにしてくれる

相談者に対してただ「優しい」のではなく、厳しい言葉を用いながらも納得のいく説明をしてくれます。
なんのために債務整理をするのか?を明確にし、事務所の方針を説明した上で、依頼するかどうか判断をすることができます。

労働問題のスペシャリスト集団

労働問題については60年以上の取組みがあり、Yahoo!知恵袋などの口コミにおいても、労働問題を相談したいがどこがよいか?などという質問に名前が多くあがっています。
実績が多いため、難しい問題にも対応してくれることが期待されます。

それではこちらの3点について解説していきましょう。

旬報法律事務所の概要

旬報法律事務所

事務所所在地
東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル6階
電話番号
03-3580-5311
WEBサイト
http://junpo.org/
所属弁護士会
東京弁護士会 第二東京弁護士会
過去の行政処分
・野澤裕昭弁護士 2017年6月
・ 依頼者との協議不足による戒告処分 
(取締役及代表取締役の変更登記申請を行うにあたり、必要な裁判所の判断を仰がず、野澤裕昭弁護士によって収集された資料からの解釈で登記申請がされた。この判断が弁護士法第56条第1項に定める弁護士としての品位を失うべき非行に該当する、として戒告処分を受けたもの)

引用元:弁護士自治を考える会
URL:https://jlfmt.com/2017/07/15/31373/
最寄駅からのアクセス方法
JR有楽町駅日比谷口 徒歩4分
丸の内線「銀座」駅 徒歩2分(C1出口)
 日比谷線「日比谷」駅 徒歩1分(A4出口)
千代田線「日比谷」駅 徒歩3分(A9出口)   
周辺情報
東京メトロ日比谷線「日比谷駅」A4出口より徒歩1分。
A4出口を出て山手線の高架に方向へ。高架手前を右に進みます。
東京メトロ丸ノ内線「銀座駅」C1出口からは徒歩2分。
C1出口を出て山手線の高架に方向へ。高架を超えてすぐを左折します。
JR「有楽町駅」からは徒歩5分。
ビックカメラ側の出口を線路沿いに新橋方面へ。
晴海通り(JALプラザ前の交差点)を渡り、2軒目にある「松井ビル」の7階になります。
1階にかずやという和菓子屋がある「松井ビル」の7階になります。
【引用】
著作物の題号:弁護士ドットコムHP
記事名:旬報法律事務所
URL:https://office.bengo4.com/tokyo/a_13101/o_4006/

※近隣の方や訪問したことがある方の情報に基づいた口コミです。
最新情報でない可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

旬報法律事務所代表弁護士プロフィール

旬報法律事務所代表弁護士プロフィール

  • 清水 洋二 (しみず ようじ)

46年に及ぶ弁護士経験を活用し、依頼者の正当な権利を護るための 弁護活動を今後も継続したいと思います。

【経歴】

  • 中央大学法学部法律学科卒司法修習22期
  • 1970年 弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
  • 1998年 日弁連常務理事・第二東京弁護士会副会長
  • 2008年 専修大法科大学院客員教授
  • 2009年 東京簡裁民事調停協会会長
  • 現     東京HIV訴訟弁護団団長

趣味 : 読書、スポーツ(マラソン・ゴルフ・スキー等)、音楽鑑賞

主な取扱分野

  • 労働事件・労災事件
  • 過誤・交通事故等各種損害賠償事件
  • 相続事件・離婚事件等の民事事件

主な活動内容

  • 日本労働弁護団常任幹事
  • 東京十勝池田会会長

担当した主な事件

  • 日産自動車事件
  • 大日本印刷事件
  • 三菱樹脂事件等の労働事件
  • スモン(キノホルム薬害)事件
  • HIV感染被害(薬害エイズ)事件等の薬害事件

引用元:旬報法律事務所公式ホームページ
URL:http://junpo.org/lawyer_introduction/20

代表弁護士コメント

旬報法律事務所は、1954年に創立され、2014年に60周年を迎えました。

当事務所は、働く人や市民の生活と権利を擁護し、平和と民主主義を守るという共通した理念をもって活動しています。

現在、弁護士26名、事務局員11名が所属しています。

労働事件のほか、民事一般事件(不動産取引・借地借家・金銭貸借・損害賠償など)、家事事件(相続・遺言・離婚など)、消費者事件、医療過誤事件、公害・薬害事件、商事事件、債務整理・倒産処理事件、刑事事件、その他多岐にわたる分野の法律事件を扱っています。

所員はこれまで、全逓東京中郵事件、東京電力賃金差別事件などの労働事件のほか、水俣病、イタイイタイ病などの公害事件、スモン(キノホルム薬害)事件などの薬害事件、等の歴史的事件に、一員として取り組んで参りました。

最近では、NTTリストラ事件、日本マクドナルド店長(「名ばかり管理職」)事件、薬害ヤコブ病事件、東京大気汚染事件、預貯金過誤払事件、日の丸・君が代強制事件の弁護団などにも参加しています。

その他、日本弁護士連合会、東京弁護士会、第二東京弁護士会などの弁護士会活動のほか、日本労働弁護団、自由法曹団、国際法律家協会、青年法律家協会、日本民主法律家協会など法律家団体の諸活動にも積極的に取り組んでいます。

引用元:旬報法律事務所公式ホームページ
URL:http://junpo.org/office_introduction

旬報法律事務所を利用した方の感想・口コミ・評判

知恵袋や教えてgooなどの質問サイト、2ch(2ちゃん)などの掲示板も見て回りましたが、事務所を利用した方からのサービスや対応についてお客様の声がありましたので以下、紹介します。

①30代 男性 

  • 労働問題 2019年6月に解決

野澤先生本当に有難うございます。

普通解雇ということで、将来の不安が沢山ある中で、常々励まして頂いたり、途中途中で私の大変な我儘にも寄り添って頂き、最終的には十分納得できる形での決着になりました。

非常に感謝しております。

また、裁判の進捗がある度に、次の展開についての的確な見通しを伝えて頂いたので、大きな不安を感じることなく過ごすことができました。

加えて、納得できる形での解決に至った大きな理由に、調停前や証人尋問前にはお忙しいにも関わらず、サポートに十分時間をとって頂けた点にあるかと思います。

【相談した出来事】

普通解雇されたため、解雇撤回と原職復帰を目指し地位保全の仮処分や裁判を行い、最終的には示談決着となりました。

②30代 男性 

  • 依頼
    労働問題 2012年11月に解決

当初通常の街弁に依頼したが和解に持ち込んで不当に安い金額で決着をつけようとしたので、セカンドオピニオンを聞きに、労働法専門の事務所に行ったところ、もっと取れると聞かされた。

結果ほぼ全面勝訴になり、満足な金額を得ることができた。当初、共産党系の法律事務所という事で、躊躇したが、私の資本主義を愛する思想なども尊重してくれ、また、共産党への勧誘等がなかったことも良かった。

費用については分からないが、私は、会社をぶちのめし、完全勝訴に拘ったので、それが叶えられ、復讐ができたと言う爽快感が得られたのが良かった。

佐々木弁護士にはとても感謝しており、またの機会があったら、もう一度依頼したい。

【相談した出来事】

前職の会社の残業代、慰謝料の請求をした。

【解決方法】

裁判・審判

引用元:弁護士ドットコム
URL:https://www.bengo4.com/tokyo/a_13101/l_107610/voice/

どちらも労働問題の解決に対するお客様の声ですが、60年以上の実績のある事務所だけあって、対応方法もスマートで納得いく結果を得られていることがわかります。

債務整理についても同じように、的確な判断と依頼者が納得いく結果が得られることが期待されます。

メディア掲載履歴

清水 洋二 著書」「旬報法律事務所 著書」で検索したところ以下の著作が見つかりました。

  • わかりやすい職場の法律事典 (有斐閣選書)
  • 未払い残業代請求 法律実務マニュアル学陽書房 (2014/7/18)
  • 解雇・退職 (シリーズ働く人を守る)中央経済社 (2012/2/1)
  • 労働審判を使いこなそう!―典型事例から派遣・偽装請負まで
  • エイデル研究所 (2014/08)

いずれも、労働裁判の実績がトップクラスである旬報法律事務所が労働問題の裁判に対してどう立ち向かうか、というノウハウを詰め込んだ専門書です。

旬報法律事務所に所属する弁護士の何人かが執筆しています。

どちらかというと労働の実務をされている方が手に取る本と言えます。

弁護士費用は安いのか?

当然のことながら、債務整理を考える人は経済的に行き詰まっている人が多く費用の問題は最も気になるポイントです。

しかし、費用の問題を余り気にする余り「安かろう悪かろう」の弁護士・司法書士に委任してしまうと元も子もありません。

したがって、債務整理で大事なことは「費用が安くかつ良い弁護士・司法書士」を選ぶことにつきると言え、事前に費用が明確に示されていることと文書による確認ができる弁護士・司法書士事務所が求められます。

任意整理個人再生自己破産過払い金
相談料金----
着手金----
報酬金----
その他費用----

費用については、面談時に弁護士と話し合いの上、わかります。

支払いの方法なども、面談時に相談が必要です。

合わせて読みたい

電話調査の結果

旬報法律事務所に実際に電話で相談を行い具体的に下記の質問をぶつけてみました。

質問は弁護士・司法書士選定基準でプライオリティーの高い順に行いました。

旬報法律事務所の具体的な返答と受けた印象と総合評価を、以下ご紹介いたします。

事務員
旬報法律事務所です。

ライター
すみません、債務整理の相談はこちらの電話で大丈夫でしょうか?

事務員
はい、大丈夫ですよ。
初めてのお電話でしょうか?

ライター
はい、そうです。

事務員
では、お名前とご住所確認させていただいた上で、本日の担当の弁護士につなぎます。
少々お待ちいただけますでしょうか。

ここでいったん保留となりました。

受付の準備と担当の弁護士への連絡をするようでした。

事務員
お待たせしました。
それではお名前からお願いします。

ライター
〇〇と言います。

事務員
ありがとうございます。
続いてご住所もお願いします。

ライター
横浜市〇〇区・・です。

事務員
かしこまりました。
それでは弁護士に電話を代わりますので少々お待ちくださいませ。

ライター
はい、お願いします。

ここで二度目の保留です。

相談についてはすべて弁護士に任せているようです。

事務の方から説明されることはありません。

弁護士
お電話かりました。
●●です。

ライター
あの、すみません弁護士の先生でしょうか?

弁護士
はい。

ライター
私、〇〇と申しまして、債務整理の相談がしたくてご連絡をしたんですけれども・・

弁護士
はい。

このあと、しばらく沈黙が続きます。

こちらから話すのを待っているのか、まったくこちらの状況を把握したい、ということが伝わってきません。

ライター
すみません、債務整理のことでいろいろ聞きたいんですけれども、今3社からだいたい200万円ぐらいを借りています。
全部銀行から借りてましてカードローンです。
一社が100万円、もう一社が50万円、もう一社が50万円、という感じで借りております。
こちらは主人にも相談をしています。
すべて任意整理で返していきたいというふうに考えているのですが、こうしたご相談を先生の所でお願いするということができるんでしょうか?

弁護士
これは月々を少なくしたいっていうことですか?

ライター
はい、そうです。

弁護士
今、全部で200万円を借りていて、他にもまだ借りなければならない状況ですか?

ライター
いえ、そうではありません。
今ある金額を少しでも負担が減ればと思ってご連絡をしました。

弁護士
ちなみに今収入はいくらあるの?

ライター
月収は25万円です。

弁護士
正社員で働いてるの?家族は?

ライター
はい、そうです。
家族は夫がいます。

弁護士
お子さんはいない・・ということはまだ若いのかな?

質問をされているという感覚よりも、言葉の使い方等勘案すると、尋問されているような感覚になります。

ライター
5歳です。

弁護士
あと何年かかって返すの?

ライター
今ちょっと分からないんですけれども・・

弁護士
わからないって・・・銀行と契約したでしょ?
その時の契約書がないの?

ライター
はい、 その当時夫に内緒にしていました。
ですので契約書見つからないように破棄してしまいました。

弁護士
破棄しちゃったの?それって意図的に?
夫も知ってるのに?

ライター
いえ、 ですので夫はその当時知らなかったとお伝えしましたが・・

弁護士
これってちゃんとお話ししました?

ライター
夫には話したとお伝えしてますが・・・

弁護士
いえ、銀行です。
直接払えない旨を銀行に話しましたかということです。

ライター
まだ話したことはありません。

弁護士
それでしたら、 一度銀行さんと、話をしてみるべきですよ。

ライター
そうなんですか?
弁護士の先生を通さず話すんですか?

弁護士
弁護士が債務整理をするっていう時は、もう支払いができなくて困ってるとかそういう時なんですよね。
でも今聞いてる限り月収は25万円でしょ、旦那さんの月収は?

ライター
20万です。

弁護士
全部で45万あります。
その中から月8万って払えない金額ではないですよね。
そしたら弁護士が入る意味って、あまりないんですよ。
入るとしたら同じ金額を支払う期間を延ばすということになるんですね。
毎月の額を抑えたいという風であればそれはメリットになるんですけれども、
今のところきちんと支払いができるのに、それをただ伸ばすというのは、あまりメリットとは言えないと思いますよ。

正論を伝えてもらえていると思うのですが、伝え方の問題でしょうか、納得できるというよりはだんだん気分が悪くなってきます。

弁護士
まずとりあえずやることとして、銀行さんの方に連絡をして、書類をなくしてしまったので、 もう一度書類をくださいと伝えることですね。
まあ再発行はしてもらえないかもしれませんが、 コピーぐらいはもらえると思いますよ。
銀行さんの場合は減額ができないのでね、自分で交渉した方がいいです。
弁護士が入るとなるとやはり破産とか金額が減らせれる交渉ができる場合だと思いますよ。

ライター
なるほど。
そういうことですね。

説明に納得がいきますが、以下のやりとりは相当気分がよくない内容です。

ライター
要するに先生のところではこのようなケースは受けられないということですね。

弁護士
そうですね、支払いが遅れているとか、支払い期間を伸ばしたいとか。
でも今のところ払っていけているし、 二人の収入を合わせればまだ支払いもできるので弁護士が介入しないといけないとは思えないです。
まずは銀行から書類を取り寄せることが一番ですね。

ライター
わかりました。
ありがとうございます。

ここで電話を切りました。

言っていることは正論ですが、すんなりと受け入れられる内容では到底ありませんでした。

総評

この事務所の総合評価
3.8
専門性
3.0
無料相談
3.0
費用と支払い方法
3.0
対応スケジュール
5.0
直接相談
5.0
専門性
直接相談
対応
スケジュール
費用と
支払い方法
無料相談

旬報法律事務所に実際に電話で無料相談を行ない特に感じたことは、受付の方の対応はテキパキしていて大変よいものの、それに比べて弁護士の態度が良いとは言えない、ということです。

また、費用についてもHPには記載がなく、電話でも説明はありません。

債務整理を断られるケースがあるとすれば、今回のように銀行系のカードローンは弁護士が入るメリットがない、と考えられているようで、この場合は断られることがわかりました。

HPには、債務整理についてわかりやすく説明がしてあり、また、全員の顔写真が出ていることなど、親しみやすい事務所、という印象を持って電話をしたため、電話での話とのギャップを強く感じました。

ただ、労働問題については、日本でも有数の事務所なので、相談する価値は高いと感じます。

また、今回の電話取材のように、ヒヤリングについては相当しっかりと行い、メリットデメリットの判断をしてもらえるため、少しキツイことを言われても大丈夫、というようであれば行く価値はあるかもしれません。

費用の心配があることと、やはり労働問題の第一線で活躍している事務所なので、債務整理に力を入れているとは言い切れず、おすすめできる事務所ではありません。

合わせて読みたい
The following two tabs change content below.
石黒 菜穂

石黒 菜穂

大学卒業後、社会福祉士の補助者として総合病院にて勤務するが、より広く様々な専門家をサポートする仕事をしたいと考えるようになり、司法書士・土地家屋調査士・税理士が多数所属する法人に転職。
債務整理を専門とする補助者として、のべ1800人以上の依頼者の債務整理をサポートする。
司法書士の面談への同席を志願し、依頼者のこと、置かれている環境を理解した上で、今後の方針を話し合い、前を向いて再スタートができる状態にすることを心がけてきた。
そのために、借金の原因となった要因にも目を向け、傷ついた心のケアにも力を注ぐ。
債務整理の手続きが終了したのちも、電話や事務所で直接面会してのサポートも多数取り組む。

債務整理の森への寄稿は、これまで専門的にサポートしてきた経験を活かして、依頼者の目線をもって取材し、借金の問題で悩みを抱える読者に向けて、一歩踏み出す勇気が湧く記事を執筆している。

■略歴
1978年 愛知県にて生まれる
2001年 椙山女学園大学卒業
     総合病院に入職
2008年 愛知県の大手司法書士法人に勤務
2019年 債務整理専門Webライターとして独立

■債務整理の森閲覧者へのメッセージ
「どこに相談すればいいのかわからなかった」
「どの事務所を選べば良いのかわからない」
この2つは、司法書士法人に勤務した中で、私が依頼者から数多く聞いた言葉でした。
抱えている悩みを相談できないまま、辛く長い年月を過ごしてきた方を目の当たりにして、全力で解決をサポートした経験が今、債務整理ライターとしての自分に活きています。

借金の問題解決の第一歩は「正確な情報を得る」ことだと思います。
どの専門家に相談すればいいのか、また、選ぶ際の基準など、実際に取材をしながら、的確な判断で司法書士・弁護士事務所を評価し、忖度のない情報を提供します。

債務整理の森をご覧になる方が、問題解決に向けて心地よく一歩を踏み出せるよう、サポートしていきます。

厳選!おすすめ記事BEST3

1
債務整理に注力しているおすすめの事務所一覧【徹底調査】

当サイトでは、実際の取材や債務整理の相談を行なった体験談をもとに、おすすめの弁護 ...

任意整理の費用と支払い方法でみる弁護士ランキング 2
任意整理にかかる費用相場と支払い方法別の弁護士・司法書士おすすめ一覧

借金に関する相談は、弁護士事務所や司法書士事務所において無料で行なうことができま ...

3
みどり法務事務所の評判の真実(悪評含む)を体験者の口コミや電話インタビューで徹底分析

目次1 みどり法務事務所の評判の真実を徹底分析2 みどり法務事務所の概要3 みど ...

 - 弁護士事務所の口コミ, 弁護士の評判調査結果