債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

新虎ノ門法律事務所の口コミと評判

 

新虎ノ門法律事務所の、インターネットでの評判や口コミ、噂について検証をしています。また、実際に無料相談を受けた時の印象やその内容についても書いています。債務整理や闇金対策を依頼する弁護士選びの参考にしてみて下さい。

image1

新虎ノ門法律事務所はヤミ金に強い

債務整理や借金問題だけではなく、ヤミ金対応にも強いと言われているのが新虎ノ門法律事務所です。

お金の問題を抱えている方の中にはヤミ金に手を出してしまったと言う方もいるでしょう。ヤミ金は違法な金利で取立てを行い、10万円借りたはずが1ヵ月後には債務が50万円になっていた、と言うことも珍しくありません。

そうすると金利すら支払えなくなり、さらに厳しい取立てを受け、自殺や夜逃げと言った道を選んでしまう人も少なくないのです。そんな方を含め、お金の問題を抱えている人の味方になってくれると評判なのが新虎ノ門法律事務所です。

実際の口コミをチェックしよう

実際に新虎ノ門法律事務所を利用した方の口コミや評判を見てみましょう。

茨城県 20代男性 家族に知られず解決できました

お金を借りようと契約した後でヤミ金と分かり、融資を断るとキャンセル料がかかると言われました。
しかも会社に借金をしようとしていたことを告げ口するとも言われ、途方にくれていたときに出会ったのが新虎ノ門法律事務所です。
弁護士の先生からヤミ金から電話が来ないようにしてもらい、銀行口座の凍結などとことんできることをしてもらいました。
その結果、会社や家族に知られることなく問題を解決することができました。

千葉県 30代男性 取立ての電話がやみました

金利すら返せなくなったため別の法律事務所を利用していましたが、着手金を支払ったものの取立ての電話が病むことはありませんでした。
そこで口コミを見て新虎ノ門法律事務所を利用してみたところ、電話を止めるための経緯、銀行口座の凍結など、事細かに報告をいただくことができ安心感を覚えました。
その後ヤミ金からの取り立てもなくなりました

2chや知恵袋での書き込み

2ch(2ちゃん)やyahoo知恵袋での書き込みも検索してみましたが、2chの方で良くないものが見つかりました。

もっと長い書き込みだったのですが、あまりにも長い内容だったので途中で切っています。

懲戒処分の件については下記でも書いてありますので、参考にしてください。

電話無料相談をしてみた調査結果

新虎ノ門法律事務所に実際に電話で無料相談を行い具体的に下記の質問をぶつけてみました。質問は弁護士選定基準でプライオリティーの高い順に行いました。新虎ノ門法律事務所の具体的な返答と受けた印象と評価は以下の通りです。

債務整理専門の弁護士がいるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO1は債務整理専門の腕利き弁護士に依頼することですが、

新虎ノ門法律事務所の渡辺征二郎弁護士(第一東京弁護士会所属・登録番号第16876号)は、下記の懲戒処分を受けていることを最初にお伝えしなければなりません。

2014年9月9日付で『官報』に公告として掲載された懲戒処分は下記の通りです。

第一東京弁護士会・渡邉征二郎弁護士の懲戒処分の公告
(2014年1月1日から通算70人目平成26年度4月1日から42人目、
平成25年1月1日~12月31日の処分件数は98件、
平成25年4月1日~26年3月31日は102人の処分がありました)
懲 戒 の 処 分 公 告
弁護士法第64条の6第3項の規定により下記のとおり公告します。

1 処分をした弁護士会 第一東京弁護士会
2 処分を受けた弁護士氏名 渡邊征二郎(登録番号16876号)
東京都港区虎ノ門 新虎ノ門法律事務所
3 処分の内容 戒 告(処分の効力が生じた日2014年8月6日)
2014年8月11日 日本弁護士連合会

尚、無料電話相談の最後に同弁護士の懲戒処分について聞いてみましたが、相談員は全く聞いていないとのことで懲戒処分を受けた原因については解りませんでした。

従って、渡辺征二郎弁護士(第一東京弁護士会所属・登録番号第16876号)が何故に懲戒処分を受けたかは不明ですが、一般的に債務整理を手掛ける弁護士で多いのは返還された過払い金の一部を返還しなかったことなどでの懲戒処分で、いずれにしても依頼する立場から見ると信頼感が欠けるのは否めません。

また、それが原因なのかもしれませんが、新虎ノ門法律事務所のホームページを隅から隅まで探しましたが、渡辺征二郎弁護士のプロフィールや履歴は全く載っておらず弁護士事務所のホームページとしては珍しいことです。

そして、もう1つ付け加えなければならないことは新虎ノ門法律事務所と事務所名が似ている弁護士事務所で、大手の虎の門法律経済事務所がありますが全く別の事務所ですから間違えないようにしなければなりません。

以下、新虎ノ門法律事務所のホームページで強調されていることを記載します。

  • 借金問題は借金問題に強い弁護士に任せることが大事
    (同事務所では違法な取り立てなどが生じている場合などには迅速に各都道府県の警視庁及び県警と連携して対処し違法な会社を絶対に許さない)
  • 複数から借入がある場合でも最適な解決方法を見つけ家族や職場に知られないよう慎重に的確に解決を進めること
  • 同事務所では事業者ヤミ金被害・商工ローン・高金利ローン・自己破産・倒産対策・ビジネスローン・街金・手形不渡り・090金融・ノンバンクなど借金全般の問題解決を得意としている

また、同事務所で強調されているキーワードは、「ヤミ金問題解決度100%・24時間全国対応・相談料無料・最短で即日問題解決」などです。

本当に無料相談できるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO2は無料相談で好印象を受けた事務所や弁護士を選ぶことですが、新虎ノ門法律事務所ではホームページの中で相談料無料が強調されています。

特に、闇金に対しては365日24時間無料相談を掲げ、闇金の取り立ては毎日、夜中でも来るので弁護士の対応時間を決めてしまうといざという時に対応できない可能性もありますから、同事務所は依頼者や相談者を最優先にいつでも相談できる体制を作っているとのことです。

弁護士費用は安いのか、また、分割できるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO3は弁護士費用の問題です。当然のことながら、債務整理を考える人は経済的に行き詰まっている人が多く費用の問題は最も気になるポイントです。

しかし、費用の問題を余り気にする余り「安かろう悪かろう」の弁護士に委任してしまうと元も子もありません。従って、債務整理で大事なことは「費用が安く且つ良い弁護士」を選ぶことに尽きると言え、事前に費用が明確に示されていることと文書による確認が出来る弁護士事務所が求められます。新虎ノ門法律事務所の弁護士費用は以下の通りとなっています。
(同事務所は相談料無料で着手金もなく費用の分割払いも可能となっています)

個人の場合

  • 相談料・着手金0円
  • 成功報酬 闇金55,000円(税別)

法人の場合

  • 闇金80,000円(税別)
  • 成功報酬は経済的利益の20%
    システム金融・手形・事業主ローン・債務整理 1件3万円で成功報酬は経済的利益の10%

自己破産

  • 20万円(印紙代・切手代・交通費等が発生した場合には実費費用、分割払いの条件:給料明細の直近の3ヶ月分の写しか連帯保証人が必要)

債務整理手続のタイムテーブルを示してくれるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO4は債務整理手続のタイムテーブルを示してくれるかどうかですが、新虎ノ門法律事務所ではホームページに債務整理手続のタイムテーブルを示しています。

  1. 無料相談(まずは電話かメール相談で状況をお伺いして最短で解決できる方法を提案)
  2. 依頼者との受任契約(受任契約書にサイン・押印、
    その後ご不安のないように電話・FAX・メールによる相談を続ける)
  3. 金融業者へ弁護士が直接交渉(取立の早期ストップの為に金融業者との交渉開始)
  4. 解決・アフターフォローへ

担当弁護士に直接面談できるのか?

電話やメールで面談のアポイントメントを取れば弁護士による無料相談を受けられます。

また、正式委任後も新虎ノ門法律事務所と電話・FAX・メールで連絡を密に取りながら、必要な場合は面談のアポイントメントを取れば弁護士による相談を受けられます。

 

総評

(5段階評価・25点が最高レベル)

shintora

新虎ノ門法律事務所に実際に電話で無料相談を行ない特に感じたことは、最も重要な代表弁護士である渡辺征二郎弁護士の顔が見えないということです。

やはり、2014年8月6日に懲戒処分を受けたというマイナスイメージが強いことは否定できませんが、それだけではなく、ホームページに同弁護士らしき人の写真は掲載されていますが、経歴や具体的な過去の実績が全く記載されていません。従って、顔の見えない弁護士が闇金や借金問題に強いといくら強調されても、依頼者や相談者に響くものはありません。

また、債務整理を考える者にとって最も気になる弁護士費用についても、自己破産手続の費用が20万円であれば破格の安さですが、債務整理の1件3万円で成功報酬は経済的利益の10%という費用設定は特に安いとは言えません。

債務整理手続を手掛ける弁護士事務所がこれだけ多く競争が激しくなっている中で、直近に懲戒処分を受けた弁護士に敢えて依頼する必要性を見出すことは難しいというのが本音です。

他のおすすめ事務所を探してみる

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 弁護士の評判調査結果

債務整理弁護士事務所ランキング