債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

闇金から電話が来た時の対処法

 

闇金業者(090金融)から借り入れをしてしまい、激しい取立て電話が鳴り止まない時の対処法と、根本の対策、警察への連絡などについて書いています。

7500c3d6bf08ef36a56e00e68daafdbd_s

闇金からかかってくる電話の対処法

最初は軽い気持ちで消費者金融などの貸金業者からお金を借りたもの、「自分はお金に余裕がある」と勘違いしてしまい、どんどんと雪だるま方式で借金が増えていってしまう方が多いです。消費者金融もビジネスとしてお金を貸しているワケですから、まだ十分に返済出来そうだなと審査で認められれば、総量規制内で融資を行います。

しかし最終的にはどこからもお金を借りることが出来なくなり、殆ど審査をすること無く借入れ出来る闇金業者を利用するしか方法が無くなります。

確かに消費者金融と比べて金利は非常に高いですが、初回の利用で数万円程度でしたらほぼ無審査で貸してくれます。そのような闇金業者でお金を借りて万が一約束の日までに返済をしなかった場合、まずは携帯電話や自宅など債務者が保有する電話へ取り立てが行われます。

その際、電話に出なかったり再度約束した日に返済しなかった場合には、勤めている会社や職場、さらに家族へ取り立ての連絡がいくこともあります。まさに嫌がらせと言っても過言では無いほど強引な闇金の取り立ての電話…

もし闇金からの電話を止めたいとお考えでしたら、弁護士や司法書士に相談をして法律の力で電話をストップさせましょう。いくら違法行為で貸金業を行っている闇金でも、法律の圧力を受けてしまえば、その指示に従わなければいけません。闇金からお金を借りてしまって借金返済の取り立てにお悩みの方、どうしようも無いと諦める必要はありません。

自分一人の力で闇金と戦うのは難しいですが、法律が貴方を守ってくれるのです。

具体的な電話口での対応

闇金からの恫喝や恐喝まがいの電話を止める方法はわかったけど、実際に電話口ではどう対応したら良いのか?ポイントは3点です。

  1. 必ず電話に出る事
  2. 出れなければすぐに折り返す事
  3. はっきりと答えを話す事

以上です。

1.必ず電話に出る事

可能な限り電話には出る事が大切です。電話で話をしていればいきなり家に来ることや、それ以外の嫌がらせに進まない事が多いです。もちろん、電話に出る事自体が苦痛なのはわかりますが、電話にでなければ相手も躍起になって嫌がらせが進行します。まずは電話にでましょう。

2.出れなければすぐに折返す事

奴らは逃げると追いかけてきます。犬と同じです。こちらから向かって行くと案外追って来なかったりします。万が一電話に出れなかった場合は確認後すぐに折り返して要件を聞きましょう。弱気になる必要はありません。

3.はっきりと答えを話す事

これが一番難しいかもしれませんが、返答をはっきりとする事です。「支払いはできません」、「払うつもりはありません」などときっぱり言う事が大切です。

上記の様な対応をしていれば、ひどい取立てや嫌がらせまがいの事を極力抑える事ができるはずです。タチの悪い嫌がらせについては、下記の記事を参照ください。

関連記事

 

闇金の取り立てに警察は動いてくれない?

「闇金は違法行為なんだから警察に相談すれば摘発してくれるのでは?」という考えから、闇金からの強引な取り立てを止めさせようと警察に駆け込む方もいらっしゃるかと思います。警察24時などのテレビ番組で、時に闇金が摘発される瞬間などを放送していることから、警察は動いてくれるものだと思いがちです。

しかし実際には電話を使った取り立てや、自宅や会社に来ての取り立て程度の嫌がらせでは動いてくれないのが現実です。警察というのは肉体的な実害が無ければ殆ど対処してくれないのです。

例えば取り立ての際に暴力を受けたとなれば暴行罪が成立しますので警察は逮捕に踏み切ってくれるでしょう。ただ闇金も馬鹿ではありませんので、警察が動くような暴力的な行為は避け、法律を犯さないギリギリの範囲内で債務者へ取り立てを行います。

このように私達の身の安全を守ってくれる警察ですが、闇金の取り立ての対処法としてはあまり力になってもらうことは出来ないのです。

闇金被害に強い弁護士へ相談して債務整理

だからこそ弁護士や司法書士の出番となるのですが、全ての弁護士が闇金に対処してくれるワケではありません。

闇金対処の実績と経験があり、的確に対処してくれる闇金に強い弁護士や司法書士へ相談をするようにしましょう。法律の専門家に債務整理の相談をすることによって、受任通知と呼ばれる書類が債権者である闇金に届き、それを受け取った闇金は取り立てを行うことが一切出来なくなります。

これは法律で決められていることであり、闇金も受任通知の指示に従うしかありません。チンピラのような格好をしている闇金も、法の力の前では身動き出来なくなるのです。

一度弁護士や司法書士が間に入ることで、債務者自身が闇金とやり取りをする必要が無くなります。これによって精神的な苦痛から解放され、自分自身はもちろん、家族や会社、友人など周囲の人にも迷惑をかけることが無くなることでしょう。

いつまでも一人で悩んでいたとしても闇金問題は一向に解決しません。闇金との繋がりを一切断つためにも、まずは弁護士や司法書士への相談が先決です。

下記は、闇金対策を得意としている弁護士をランキングにしてまとめた記事です。

関連記事

 

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 闇金の取り立てについて

債務整理弁護士事務所ランキング
闇金に強い弁護士