債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

自己破産するとピアノは没収されるのか

 

自己破産手続きをして免責が決定した場合、所有しているピアノは没収されてしまうのでしょうか?他の家財についてもその判断基準について書いています。

ピアノの処分は所有者区分により決まる

7c512818f3b84945c791694b9b3b022b_s

自由財産は処分されないが、あの家財は?

自己破産しても自尊心は失いたくないものです。思い出がある我が家、乗りなれた車、コツコツ集めてきた金品などは自己破産により処分されることがあります。

自業自得といえばそれまでかもしれませんが、それぞれ一品、一品には忘れられない記憶が刻まれているものです。自己破産すると処分される物と、されない物に分けられますが、この処分されない財産を自由財産と定義します。

弁護士手数料を差し引いて現金なら99万円以下なら所有でき、また家具や寝具など身の回りの物は処分されません。また、ペットは生き物ですが基本的に処分されませんから安心してよさそうです。

ペットは家族の一員ですので一緒に暮らせるのは何よりといえます。ペットはもちろんですが、家財もそれぞれ思い出があり、できれば処分したくないものです。高額品は処分される傾向があるとされます。

子供の思い出が詰まったピアノはどうなる?

ではピアノについてはいかがでしょうか。ピアノといえば子どもに買い与えた家財といえます。

年齢が上がるにつれて弾ける楽曲も増えていき、子どもの成長とともにピアノも歴史を刻んでいきます。家内には様々な家財がありますがピアノはなの中でもとても思い出が詰まっている品ではないかと思います。

ただ、ピアノはやはり高額商品という認識が世間では定着しています。現実に何十万円もする物です。できれば処分されたくないとうのが本音でしょう。ここでまず押さえておくポイントがあります。自己破産は誰がしたのか、ということです。例えば世帯主の男性、父親が破産者とします。

誰が自己破産をしたのか?がポイントとなる

家財の所有者により判断される

その父親が所有している高額品は処分対象になるとみてよさそうです。だから父親が使っている物、所有している物は競売にかけられることはあるでしょう。

普通、ピアノは子どもの物、もしくは母親が所有、または家族の所有物と判断されます。このため基本的には処分されないと判断してよさそうです。とても思い出が詰まっている家財ですのでひと安心といえます。

しかし単身者が破産をし、そこにピアノがあったとするとそのピアノは処分される可能性があります。ピアノが処分されるか、されないかの見極めは所有者が誰、ということです。所有者いかによって処分の有無が決まることになります。

通常、家族で生活していたらそうそうピアノは処分対象になることはなさそうです。どちらにせよ法律事務所で弁護士に相談することが寛容となります。自己破産の対象は多岐にわたり、判断が難しいものもあります。

このため素人が自己判断で独自に思い込むのが一番の問題といえます。家財は思い出が詰まっている品ばかりです。だから処分はされたくない。ですから自己破産を検討する際は弁護士に処分される財産、されない財産を確認しておきましょう。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 自己破産後の生活

債務整理弁護士事務所ランキング