債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

自己破産を受任してもらえない

 

借金は必ず解決できると思います。

実際に、街角法律相談所で自己破産手続きを行った山田さん(仮名)にその体験談を聞いてきました。 債務整理の先輩からアドバイスもありますので、参考にしてみてください。

債務整理をする事になったキッカケと、その時の状況(借金詳細)

bb88f32e47960401bc523ad883726785_s

雪だるま式に増えた総額200万円以上の借金

無能で凡人だった自分には、不況でまともな仕事がなかなかなく、 日雇いや契約期間工の派遣社員で不安定だったのと、 法律で日雇い派遣のルールが厳しくなり収入が激減した為に 無能で凡人の自分でも働ける安定した職業が見つかるまでのつなぎと思い 生活費や借金返済の為に暫くの間だけと自分に言い聞かせながら借り入れをしました。

あと大きな借金として、公共交通機関が少なく不便な為に通勤として使っていた車のローン、 ガソリン代等の維持費の為にも借り入れを行いました。

ざっくりですが、JCB,三井住友,アコム,ライフカード,レイクなどから総額200万くらい借金をしていました。

雪だるまのように増えていく借金に終止符を打とうと考えたのが約1年前の7月、 (2014年7月)その頃には大企業に派遣ではあるが働き始めた。月収が約35万、十分返済していける金額でした。 しかし不幸は突如としてやって来ました。病気です・・・。

その後原因不明の病気に

11月、原因不明の腹痛、嘔吐、血便に苦しめられ急患で地元の大病院に搬送されました。 意識が朦朧として会社に連絡もできず(正確には親が派遣会社に連絡していた) 3週間近く無断欠勤(派遣先には連絡が行かずこの扱いになった。) 病気が改善された後に、明日から行ける旨を連絡をしたがクビを言い渡された。

急に職を失い収入を失った瞬間で目の前が真っ暗、数日間は放心状態になりました。 (この時の状態は正直、言い表しにくい)

 

弁護士の選び方と、弁護士を決めた理由

どこも受任してもらえず消費者生活相談窓口から紹介

放心状態になっているわけにも行かず気持ちを切り替えて、 もうこうなったらと思いネットで調べ弁護士に相談する、 しかしどの弁護士も自分と同じような依頼がいっぱいらしく受任してくれなかった。 (5人の弁護士に電話をしたが門前払いで相談にも乗ってくれなかった。しかし依頼を急いだ方が良いとは言われる)

法テラスの無料相談にも何度か行ったが、そこですごく酷いことも言われた。 詐欺師や犯罪者の弁護はできないとか、勝てる裁判しかしないなど、 相談に行って損をした気分になりました。あと専門違いの弁護士を紹介されて話にならなかった。

お金を借りていた金融会社も私の状態に気づいたのか催促が始まっていました。 気持ちとしては本当に時間がありませんでした。最後の一縷の望みという思いで年が終わる12月28日に、市役所の消費者生活相談窓口に 電話をして至急窓口に来るように言われてそこで弁護士を紹介して貰い、 年明け受任して貰いました(これで催促は止まりました、弁護士名は控えます)

 

債務整理の方法と、債務整理後の状況

自己破産を選びましたが今だ解決せず

7月になりましたが実はまだ解決していません。

これからどうなるか分かりませんが今の弁護士と一緒に解決していこうと思っています。 弁護士との話し合いで決まったのは、自己破産です。 夜逃げするかこれしかない他の方法では解決できないと言われました。債務整理はまだですが受任して貰ったおかげで借金の催促は止まりました。

今現在は弁護士が資料集めをしている状態です。 あっ自分が用意する資料はすべて揃いました。 弁護士への提出もしました。7月現在の状況は、ある債権者の代理弁護士に東京簡易裁判所に 裁判を起こされている状態です。 自分が依頼した弁護士には話をしている最中です。

東京簡易裁判所からきた通知も依頼した弁護士に渡してあります。 あと、携帯電話料金の督促状もきています。 依頼した弁護士さんは、こちらで処理しますと言われたので 指示に従い無視している状態です。 とにかく今はどこにも一銭も払わないようにと言われて待っている状態です。

 

その弁護士(司法書士)に依頼して良かったか?失敗談など

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

早く動かない弁護士はやめたほうがいいです。

その時に戻っても同じ弁護士に依頼をしますか? と聞かれるとたぶん依頼しないと思います。理由は、未だに動いていないからです。 借金の催促は止まりましたが、依頼してから約半年が立ちますが未だに終わっていません。

自分が用意する資料はすべて揃いました。 弁護士への提出もしましたが、未だに動いてくれません。 理由は各債権者から返答が来ないのだそうです。 本当かどうか不安になってきています。やはり信頼関係が大事だと思うのですが、処理が進まないと不安で仕方がありません。 こんなに長くかかるのでしょうか?

ネットで調べるとだいたい3ヶ月位で免責がおりると書いてあったのであまりにも長く、 それどころか未だに何も進まない止まったままでこれは失敗したかなと感じています。

でも、依頼する前に戻ったとしても、どの弁護士も話も聞いてくれない、 相談にのるふりをして日頃のストレス発散するような感じで罵声を 浴びせるそんな弁護士ばかりだったので、 今の弁護士は依頼を受けて相談にものってくれたのでこれで良かったのかもしれません。

 

債務整理後の状況、これから債務整理をされる方にアドバイス

時効の援用も頭にいれて

まだ解決していないのでアドバイスと言ってもこれといってないのですが、 とにかくあきらめないで!というとこでしょうか。

あと、あまり良い事とは思いませんが実は借金には時効が有ります。(消滅時効の援用) こういうこともネット等で調べて頭に入れておいたら焦らずに済むのではないでしょうか?とにかくあきらめずに、法テラスや地元の弁護士協会等の無料相談に電話をしましょう。

ダメ元で住んでいる役所の消費者生活相談窓口に電話をしてみるといいと思います。 (自分はこれで前に進めました) 借金は必ず解決できると思います。 何度も言いますがとにかくあきらめずに、変なことを考えず頑張りましょう。

それから債務整理、任意整理、自己破産を手続きするのに必要なのは、 まず債権者一覧表(自分はエクセルで作りました。 法テラスのHPに債権者一覧表の見本があるので参考にします。)を作ります、 それから役所で世帯家族全員分の住民票、非課税証明書(2年分)を手にれます、 自分の住んでいる土地を管轄する法務局にて不動産登記簿謄本を入手します。

これらは必ず必要になりますので用意した方が良いと思います。 あとは弁護士の支持に従い、必要な物を揃えて下さい。

 

管理人より一言アドバイス

こちらの山田さんのケースの様に、「依頼したくても断られてしまう」というケースも 債務整理では良く見られるようです。 せっかく勇気を出して連絡をしているのに、あろうことか「罵声」を浴びせられる、 なんて本当に最悪の結果ですよね・・・。

そうなってしまわない為には、弁護士事務所とあなたの間で中立の立場である 街角法律相談所に相談をしてみるのも良いかもしれません。 無料匿名の借金シミュレーションを運営している街角法律相談所ですが、 その時にすぐ動けてあなたのお住まいから近くの弁護士を無料で仲介してくれます。

また、街角法律相談所に加盟している弁護士事務所は全て厳しい審査を クリアして登録されているので、心配せずに相談してみてください。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 債務整理の体験談, 自己破産の体験談

債務整理弁護士事務所ランキング