債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

リヴラ総合法律事務所の口コミと評判

 

リヴラ総合法律事務所の口コミや評判、噂についてインターネット上の情報を収集しました。また、実際に電話質問で無料相談をして、気になる点や報酬の支払い方法などを詳しく聞いてみたので、その内容について書いています。

まずは、リヴラ総合法律事務所の所在地など、概要です。

リブラ総合法律事務所の概要

さて、リブラ総合法律事務所について、口コミや評判を検証してみます。
まずは、この会社の実態についてみてみます。

■リヴラ総合法律事務所
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル509号
代表弁護士 大野弘明 第一東京弁護士会所属 登録番号32158

 

rivura

広告の多様化

上記の画像がメインサイトの様ですが、恐らく広告代理店や、紹介制度による集客を多様化していて、他に下記の様なサイトでもユーザーを集めているようです。

rivura2

実際に利用したユーザーの声

さて、次は実際に2ch(2ちゃん)やyahoo知恵袋にあった書き込みを探してみました。

リヴラ総合法律事務所について教えてください。
現在三社から合計160万借金していて、相談したところ、債務整理を勧められました。利息カットで毎月3万2千円をリヴラ総合法律事務所へ納めることで5年完済ができると言われました。しかし、利息ありで毎月合計3万8千円を三社へ返済しても5年完済です。結局手数料が利息と同じくらい取られているということですか?

月6千円の差は5年間で36万になりますので、利息カットの意味はあるかと思いますが、私が任意整理をお願いした弁護士さんは月々の返済を自分で行うか、弁護士事務所にお願いするかを選ばせてくれました。そこの場合は弁護士事務所にお願いすると手数料が1社あたり千円かかってしまうからと。私は結構額が大きく8社への返済だったので、月8千円、手数料だけで5年で48万は嫌だなと思い、自分で毎月返済しました。

一度、任意整理をした場合の返済額の内訳を確認した方が良いですよ。ちゃんとした弁護士さんなら何処に幾らずつの返済で手数料が幾らになるか教えてくれる筈ですから。教えてくれないような弁護士はやめた方が良いかと。引用:yahoo知恵袋より

ふむ、このあたりは確かに気を付けなければいけないポイントですよね。複数社から借り入れているケースが多いと思いますので、それぞれの返済の内訳や、利息の有無、減額の詳細など、それぞれ細かい部分をきちんと話し合いながら教えてくれる弁護士に依頼をするのが賢明です。では、次の質問を見てみましょう。

補助者がほとんどの業務をマニュアルに沿って行うだけ。ちゃんと面談して受任する事務所を選んだ方がいいです。多少の料金の差は有りますがちゃんとした所でないと損します。整理額がデカイほど損します。調停になると有資格者が来るが内容を把握してないので裁判官もご立腹。
全てではありませんが派手に宣伝、広告してる所は辞めるべきですね。着手金無料などと言っても報酬にちゃんと上乗せされてます。ちゃんとネットで調べて依頼しないと債務整理する前より手数料でキツくなります。債務整理だって適当に和解されてしまい損をした方を沢山見て来ました。数をこなすだけの事務所です。
電話番号などを知られも問題はないです。受任を勧められるくらいです。一応、法律事務所ですから!しつこい様なら他に依頼したと言えば一発で掛かって来なくなりますよ。数をこなすだけなんで!引用:yahoo知恵袋

こちらの回答者が言っているように、債務整理は金額が大きければ大きいほど頼むところを間違えると損が大きくなります。広告をたくさん打って、多くお客さんを集めようとしている事務所は回転率をあげる傾向にあり、実際に会わないまま書面のみで話や交渉を進めていく事がほとんどです。こちらの質問者さんの様に、やはり電話番号やHPがいくつもあったりすると不信に思うのもわかります。

※おすすめしている弁護士の条件

当サイトでおすすめしている弁護士の条件は、

1.顔を合わせられる距離であること
2.その上で、信頼ができ、ベストな債務整理方法を一緒に考えてくれる

という2点を重要視しています。債務整理は早期解決が重要ですが、だからと言って顔も合わせていない弁護士に書面のみで債務整理の受任をしてしまうのは少し安易すぎです

重要なのは、「ユーザーの利益を最大化できるように」アドバイスをくれる弁護士です。

借金問題は誰にとっても同じ解決方法という事はなく、何を守りたいか?や、どの様に返済していきたいか?によってベストな解決方法は異なります。そういった事を親身になって相談にのってくれる弁護士に依頼をするのがベストと言えるでしょう。

リブラ総合法律事務所のまとめ

1.24時間365日フリーダイヤル受付
2.窓口は女性スタッフが対応
3.分割払いは最長1年までOK

以上、ここまではインターネットで集められる情報について書いてきました。ここから先は、実際に電話での無料相談をしてみた内容です。

電話無料相談での調査結果

リヴラ総合法律事務所に実際に電話で無料相談を行い具体的に下記の質問をぶつけてみました。

質問は弁護士選定基準でプライオリティーの高い順に行いました。リヴラ総合法律事務所の具体的な返答と受けた印象と評価は以下の通りです。

債務整理専門の弁護士がいるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO1は債務整理専門の腕利き弁護士に依頼することですが、リヴラ総合法律事務所の大野弘明弁護士は2004年10月に弁護士登録し、法律事務所とコンサルティング会社勤務を経て現在に至っています。従って、大野弘明弁護士の債務整理手続の経験は長いとは言えません。

幅広い分野に対応

また、同事務所のホームページによりますと法人向けの取り扱い案件として、労働問題・知的財産・コンプライアンス・許認可・債権回収・IPO・M&A・税務・倒産などが挙げられています。

個人向けには交通事故・相続・労働問題・不動産・債務整理となっており幅広い分野での取り扱いが目立ちます。

医療訴訟での実績

特に、同事務所のホームページで大野弘明弁護士が、サンデー毎日2014/1/26号と週刊朝日2014年新春合併号に取り上げられた記事が強調されています。

サンデー毎日では「病院経営と医療現場の困ったを解決」というタイトルで、病院の再生とM&Aで実績を上げる傍ら、医療過誤や治療費の不払いなどの訴訟で活躍する姿が報道されています。

また、週刊朝日では病院経営者や医療従事者の法律相談を行っていることが紹介されています。

債務整理について

一方、債務整理について同事務所のホームページで強調されていることは、「借金お助け相談窓口」として20代で借金がある人専用の債務整理を前面に、即日取り立てストップ・相談初期費用ゼロ円・土日祝日でも相談OKを強調しています。

確かに、同事務所では分割払いの場合も委任後に即日取り立てストップになるよう迅速な手続を行っており、分割払いの場合も委任後に即日取り立てストップになるのは他の事務所では余り見られないことです。

そして、電話で大野弘明弁護士の債務整理手続の過去の実績をズバリお聞きしたところ、数年間で数百件の実績があり現在は他の訴訟等も取り扱っていますが債務整理に最も力を入れているとのことでした。

只、リヴラ総合法律事務所の在籍弁護士は大野弘明弁護士だけですので、債務整理以外の訴訟等も取り扱っているということは債務整理専門の弁護士とは言えない感じです。

本当に無料相談できるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO2は無料相談で好印象を受けた事務所や弁護士を選ぶことですが、リヴラ総合法律事務所では電話による無料相談と365日24時間対応のメールによる無料相談が行われています。

実際にリヴラ総合法律事務所に電話を掛けて無料相談を行ったところ、若い女性が電話を受け付けた後に直ぐにベテランの女性相談員が出て、テキパキと誠実にこちらの質問に答えてくれました。この無料相談電話で弁護士のアポイントメントを取れば、弁護士の面談による無料相談を受けることができるとのことでした。

弁護士費用は安いのか、また、分割できるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO3は弁護士費用の問題です。

債務整理を考える人は経済的に行き詰まっている人が多く費用の問題は最も気になるポイントです。しかし、費用の問題を余り気にする余り「安かろう悪かろう」の弁護士に委任してしまう恐れが出てきます。

従って、債務整理で大事なことは「費用が安く且つ良い弁護士」を選ぶことに尽きると言え、事前に費用が明確に示されていることと文書による確認が出来る弁護士事務所が求められます。リヴラ総合法律事務所の費用は以下の通りとなっています。

リヴラ総合法律事務所料金表

債務整理種類着手金(1社あたり)報酬金(1社あたり)
任意整理39,800円19,800円+減額報酬10%
過払い金39,800円19,800円+20%(返還された金額から)
個人再生300,000円~300,000円~
自己破産300,000円~300,000円~

別途、事務手数料が発生する場合や金額が状況によって異なる場合があるので、詳しくはお問い合わせくださいとのことです。また、費用はそれぞれ分割払いに対応しています。

そして、上記の費用について無料電話相談でポイントを質問したところ以下のような具体的な回答を得ました。

支払いの具体例

まず、任意整理については1社当たり着手金と成功報酬合わせて55,000円とのことで、例えば、債権者が5社の場合は55,000円×5社で弁護士費用は275,000円となります。

この275,000円を数か月間で分割支払いすることができるとのことですが、委任契約後に初回分を納めれば弁護士から債権者に受任通知を発送するとのことで、受任通知が債権者に届いた即日から取り立てはストップすることになります。

多くの弁護士事務所で分割支払いはできますが、債務整理手続の開始は分割支払いが一定の金額に達した後に開始される事務所が多く、この点ではリヴラ総合法律事務所の対応は非常にスピーディーで評価できると思います。

只、自己破産手続の場合は弁護士費用が最低でも45万円となり、この全額を支払うまでは自己破産手続は開始されないとのことです。つまり、月額5万円の分割支払いの場合は、9ヶ月後に分割支払いが終了後に自己破産手続が開始されることになります。この点は他の弁護士事務所と同様です。

債務整理手続のタイムテーブルを示してくれるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO4は債務整理手続のタイムテーブルを示してくれるかどうかですが、リヴラ総合法律事務所の手続の手順は以下の通りとなっています。

  1. 電話とメールによる無料相談
  2. 電話による無料相談のアポ取り
  3. 大野弘明弁護士との面談による無料相談
  4. 弁護士から費用の提示(分割も含む)
  5. 正式な委任契約締結とタイムテーブルの提示
  6. 弁護士費用納付
  7. 債務整理手続開始

担当弁護士に直接面談できるのか?

弁護士選定基準プライオリティーNO5は弁護士に直接会って面談できるかどうかですが、リヴラ総合法律事務所では最初の面談による無料相談は弁護士に直接会って面談できるようです。

ただ、現在、リヴラ総合法律事務所の在籍弁護士は大野弘明弁護士ただ1人ですが、医療問題など債務整理以外に力を入れている案件も多く見受けられます。従って、債務整理手続が順調に進む場合はアシスタントの相談者などが対応すると考えられます。

総評

リヴラ総合法律事務所の総評,債務整理の専門性2,無料相談4,費用5,スケジュール3,面談3

リヴラ総合法律事務所に実際に電話で無料相談を行ない特に感じたことは、同事務所の対応は誠実で信頼に足る弁護士事務所の1つであるという印象です。

特に、弁護士費用において分割支払ができることは他の事務所と同じですが、同事務所では初回分が納付された時点で債権者に受任通知が送付されることです。受任通知が送付されることで債権者から債務者への連絡はできなくなりますから、この点は債務者にとり最も安心できるポイントと言え同事務所の誠意が伝わってくる感じです。

また、弁護士費用も安い水準に設定されていると言えます。

只、弁護士経験11年の大野弘明弁護士は医療問題などで実績を積み上げており、必ずしも債務整理専門の弁護士とは言えない現状がありますが、今後は債務整理を中心に活動するとのことで同弁護士の今後が期待されます。

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

 - 弁護士の評判調査結果