【債務整理体験談】私が借金地獄生活から抜け出すまで

 

この記事を読んでいる方の中には、支払いが中々終わらない、減らない日々を過ごしている人も多いのではないでしょうか。

せっかくその月の返済額を支払っても、その月の生活費がなくなり、また借金を重ねてしまう人も沢山いるかと思います。

一時期の私も同じような境遇でした。
支払いをしても既に来月の支払いのこと、これからの毎日をどうやってやりくりしていこうと考える毎日。。。

本記事では、このような借金生活から抜け出した私の体験談をお伝えします。同じような境遇にいる方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

ーーーーーーーーーーーーー
<プロフィール>
・性別・女性
・年齢・39歳
・職業・専業主婦
・年収・0円
ーーーーーーーーーーーーー

養育費によって借金が増加。返済のための借金を重ねる日々

私は離婚歴のある職場の男性と結婚をしました。
彼の2人の幼い子供は元妻が引き取っていました。

協議離婚でしたが、子供に対しては養育費を支払いをする義務が発生している状態です。
子供が20歳の誕生日の月末まで一人につき月4万円、合計8万円を毎月養育費として支払う必要がありました。

養育費の支払いを怠った場合、給料の差し押さえをされます。

旦那は毎月8万の養育費、アパート代、光熱費や携帯料やガソリン代などの支払いがかさみ、生活費が捻出できなくなっていました。

二人で働いているときは、8万円の養育費を支払っても普通に家計が成り立っていました。

しかし、私の旦那の間に子供を2人授かったことで共働きができなくなり、次第に生活が苦しくなっていったのです。

子供が成長をする度に給食費、学級費などの教育費、部活や遠征費用などが沢山かかるようになります。
それが自分の子供二人、離婚してきた二人の子供の養育費、計4人分の支払いとなると家計は非常に厳しい状態でした。

家計が成り立たずにキャッシングへ

自分達の稼ぎでは、到底家計が成り立たなかったので、親に借りたり、援助を受けたりという生活を繰り返しながら毎日を過ごしていました。

「お金が欲しい」「借金どうにかしないと」「どうやって節約しよう」「これからどうなるんだろう」などと考えていると、ついつい通りすがりの"すぐ融資"の文字に自然に目が行くようになっていきました。

そしてついに、消費者金金融4件と信販系の会社2件と銀行1件の計7社にキャッシングの申し込みをしてしまいました。

借金生活の始まり。いつしか借金額は160万に。

融資の金額は限度額10万から30万までと様々な金額で利子もそれぞれです。
そのキャッシングのお金で生活を成り立たせていても、いつもお金が足りませんでした。

また、子供達の衣類や身の回りの物や部活用のジャージや靴なども、クレジット決済で買ってしまい、どんどん借金がかさんできます。

借り入れの限度額ギリギリまで使っている状況でしたので、
返済額は減ることはなく、返してはまた借りるというような借金生活が始まりました。

当時はいつかは借金も無くなるだろうという甘い考えがあったため、返済がいつまでも続くとは思っていなかったのも事実です。

次第に借金生活も限界になり今度は借りたくても借りれない、買いたくても買えない状況になっていき、
毎月の支払いも、次第に決まった返済額を返せない月も出てきました。

そしてついに、養育費の未払いで旦那に対しては給料差押えの通知が来始めました。
私の当時勤めていた会社や携帯にも、毎日のように
「支払いはいつにしますか、いつ出来ますか」の電話がかかってきます。

借金生活の途中で東北大震災にも被災し、旦那の会社や車が津波にさらわれるという出来事も重なりました。

旦那も一時期は職を失うことになり、失業保険での生活が始まりました。
それでも容赦無く支払いの日はやってきます。

私たち家族は、精神的にどんどん追い詰められていったのです。

借金の支払い額が160万!任意整理に出会うまで

返したくても返せない、この借金がなくなったらどんなに楽に生きて行けるのだろうと何度思ったことでしょうか。

旦那は、被災による退職後、国民保険の支払いも負担になっていました。

本格的に債務整理を考え始めたのは、震災後に旦那が体調を崩してしまい、治療代が発生したことで、これ以上支払い余力がないと限界を感じた時からです。

当時の私の借金は、消費者金融4件で120万、クレジット会社で30万、銀行1件で10万で合計160万でした。

その中には、金利が20%を超えているものもあったのです。

債務整理との出会い

ある日たまたま、ネットのヤフーニュースの記事を見ている時に、「債務整理」についての広告を目にしました。
債務整理って何?
返済が少なくすることができる?
そのような方法があるなら手続きをしてみようと思いました。

実は始めのうちは、「借金が0になって苦しい状況から脱出できる」という理由で破産を考えていました。

しかし「借りたお金は返さなくてはならない」という思いから「破産」はしたくないと考え直します。
破産するということは何だか全てに終止符を打たれた気がして決断できなかったのです。

弁護士事務所の対応の違い

全国には沢山の弁護士事務所があるので、弁護士さん選びには苦労すると思っていましたが、私の住んでる地域には弁護士が2人しかいなかったため、すぐに見つけることができました。

早速、2箇所の弁護士事務所に出向き「借金を少なくしたい、無くしたい」と相談しました。

最初に訪れた弁護士事務所では、残念なことにあまり親身になって相談に乗ってもらえず、
時間が来たので、という理由で体良く追い返されてしまいました。
その時は目の前が真っ暗になり、もう一生借金を返すことができない、と諦めかけていました。

肩を落としながら、次の弁護士事務所に向かいました。

訪れた事務所は、通常は事前に予約してからでないと話を聞いて貰えないのですが、
その日は弁護士さんが時間が空いたために相談にのって頂きました。

私は最後の望みを賭けて、必死で
「早く返したい、早く借金生活から抜け出したい」と訴えました。

弁護士さんは
「今まで色々な苦労をされましたね。この借金を少なく返済出来るように手続きをしましょう」
と温かい言葉をかけてくださり、涙が止まらなかったのを今でも覚えています。

弁護士事務所へ任意整理の依頼~和解~完納まで

相談に行くと、弁護士さんから以下の質問をされました。

質問内容

①お金を借りた債務者の件数、金額
②どうしてこのような金額になったのかの経緯
③債務者に対してどう思っているか
④これからどうしたいのか

その後、債務整理と破産についての説明があり、どちらを選ぶか選択してくださいと言われました。
一瞬、「破産=0円もう支払いしなくていい」という言葉が頭をよぎりましたが借りたお金は返さなくてはならないと思い破産はしないことにして、任意整理の依頼をすることにしました。

続いて、必要書類や記入して欲しい調書を渡され、次の予約日までに書いてきて欲しいと言われました。

調書の内容

①自分の身元調査で、生まれてから今までの就職の経歴

②家族構成など名前、年齢、生年月日、就職先の名前、電話、勤続年数、雇用形態

③お金を借りた債務者の人達のリスト、会社名、住所、電話番号、いつ借りたか、いつまで返していたか、金利はどのくらい取られているか

④延滞を始めたのはいつ頃か、何故延滞をすることになったかの理由

⑤債務者の会社1社ずつに債務整理をすることになった経緯と謝罪文

これらの記載が済んだら、弁護士さんが債権者の方々とのやりとりに移ります。
1ヶ月の支払いや金利について話し合いをして減額をできるように話を進めてくれるとのことでした。

調書を弁護士さんに提出してからは、債権者からの催促の電話、会社への電話、自宅への訪問がピタリとなくなり安心したのを今でも覚えています。

債務整理直後に一度だけ怒りの電話が

一度だけ、私の債務整理自体を断ってくる消費者金融の方から、
「借りるだけ借りて返さない、しまいには破産でもするのか」と怒鳴られたことがありました。
その場合にも弁護士さんが消費者金融の方との間に入ってくださり、色々説明をしてくれて和解をしてくれました。

具体的にどのように借金を返済していったのか

まず、弁護士の方と相談し、「過払い請求」による利息の見直しを行い、150万が戻ってくることになりました。

【参考】借金の過払い金返還請求とは?メリットとデメリット
これで、借金160万円のうち、150万円を一気に返済に充てられることになります。
この結果には、とても驚きました。

そして、残りの10万円は分割で支払うことになりました。
毎月の支払いを考え、5000円を20回に分けて支払いをすることで和解しました。

それから毎月、給料日の5日の日に5000円を利子なしの20ヶ月に渡り支払いをしていき、ついに完納することができたのです。

任意整理をしたあとの環境で変わったこと

一番大きな環境の変化は、自宅に債権者が来なくなり安心して自宅にいれることです。

当時はチャイムの音や携帯のバイブレーションにびくびくしながら生活している状況でした。
しかし、債務整理を行うことで、会社や自宅、携帯に電話も来なくなり、普段の生活を取り戻せたことが大きな変化でした。

また、毎月10万以上支払いしていたのが5,000円になり支払いの負担が少なりました。

これだけ負担が減ると、毎月の支払いや来月の支払いのストレスがなくなり、気持ち的にも余裕が生まれます。

また、また、食費や子供たちの教育費で悩むこともなくなり、子供達にも嫌な思いをさせることもなくなりました。

債務整理と並行して、養育費も弁護士さんからの提案で「減額請求」という手段を教えて貰い、毎月8万円養育費を支払いしていたのを話合いの末、3万円になったのも嬉しい誤算でした。

任意整理をしないために心がけていること

債務整理を行ってから心がけていることは、今自分が持っているお金、現金を常に明白にしておくことです。

教育費、家賃、光熱費費、携帯料、病院代、ガソリン代、雑費、何かあったときに使うための現金と分類して現金を封筒に入れて仕分けすることにしました。

「現金がないときには買わない、クレジットには手を出さない、必要のない物は買わない」というルールを作って生活しています。

同じ過ちを犯さないためにも、買うときは本当に必要かどうか考えてから購入するように心がけるようになったことも大きな心境の変化でした。
債務整理を検討している人に対してのメッセージ

沢山の借金を抱えていながら毎日を過ごしている人も多いと思いますが、
借りたお金は返さなくてはならないです。

債務整理の相談をしたくても、自分自身のことを話すのも恥ずかしいし情けないと思うこともあるでしょう。

しかし、思い切って債務整理をすれば借金を減らすことができます。
過払い請求によりお金が戻ってくるという場合もあります。

追い込まれて心の病気などになる前に弁護士さんに相談をして、一日も早く債務整理を検討してみてください。

そしてもう二度と同じ過ちを繰り返さないように心を入れ替えて生活をして欲しいです。
借金が少なくなることで、楽になり自然と笑顔のでる生活ができるようになります。
自分自身だけでなく、家族も笑顔になります。
勇気を持ち借金生活から脱出しましょう。

The following two tabs change content below.
債務整理の森中の人

債務整理の森中の人

債務整理の森編集長。ユーザーの求めている情報をわかりやすく配信することを最優先し、記事の編集に励んでいます。

厳選!おすすめ記事BEST3

1
債務整理に注力しているおすすめの事務所一覧【徹底調査】

当サイトでは、実際の取材や債務整理の相談を行なった体験談をもとに、おすすめの弁護 ...

任意整理の費用と支払い方法でみる弁護士ランキング 2
任意整理にかかる費用相場と支払い方法別の弁護士・司法書士おすすめ一覧

借金に関する相談は、弁護士事務所や司法書士事務所において無料で行なうことができま ...

3
ゆうき司法書士事務所「ゆうきの無料チャット減額診断」の口コミと評判

「ゆうきの無料チャット減額診断」は、ゆうき司法書士事務所が運営する無料借金減額診 ...

 - 債務整理体験談