債務整理とクレジットカードの関係

 

債務整理後にクレジットカードは作れるのか?を知るには、クレジットカードの審査条件を知る必要があります。なんらからの債務整理手続き(自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求)を行った場合には、クレジットカードが作れなくなりますが、その期間や解除年数なども審査内容を知る事で把握することができます。

審査から落とされる人

クレジットカードの審査に落ちてしまう人の代表は、暴力団員と金融事故を起こした債務者です。暴力団員は非常にわかりやすいですが、問題は金融事故を起こした(債務整理をした)人です。

審査から落とされる人(金融事故)

問題は金融事故を起こした債務者の取り扱いです。彼らは暴力団員とは違い、反社会的勢力でもなく、犯罪とは無縁で生きてきた人たちです。金融事故もそもそも犯罪ではありません。金融事故とは自己破産など債務整理をする行為を指しますが、これは借金問題を解決する手続きのことで、犯罪行為とは次元の違う話になります。

ではなぜ犯罪にも関係なく、さらに給与など収入がある債務者がカード審査に落とされるのでしょうか?これは信用問題です。なぜ債務整理者がクレジットカードの審査を通過できないのか?についての考え方を見てみましょう。

再破たんの可能性を懸念

債務整理をするということは経済的な失敗をしてしまったことを意味します。経済破綻をした債務者にクレジットカードを認めるということは、再び同じ失敗をするリスクをカード会社が抱えることになります。それを避けるためには一定期間、猶予期間が必要になるわけです。

ですからこの期間、債務整理をした人はクレジットカードを作ることができなくなります。残念なことですが仕方のないことといえます。

猶予期間が過ぎれば審査はパスできる

ただ、猶予期間が過ぎればクレジットカードを作ることは可能になります。この猶予期間は金融庁の指導で5年以内とされています。ところが実際、債務整理をした人が再びクレジットカードの発行をカード会社に申し込むも、5年を超えてもなおカード申請が認められないケースが少なくないともされます。

カード会社により審査基準が異なるし、申請者の各々の事情にも偏りがあるため、一概にどのくらい期間が経過すればクレジットカードが作れるかはまちまちといえるでしょう。

任意整理で審査5年が目安

あえて目安をあげるのなら、再発行までは任意整理で5年、自己破産では10年以内がめどとされているようです。これは信用情報機関に記載されている債務者情報の消去期間と密接に関係しています。カード会社が申し込み者の申請を審査するとき必ず信用情報機関のリストをチェックします。

信用情報からの名前消去がカギとなる

いわゆるブラックリストです。ブラックリストの照会をもとに債務整理の有無を確認します。リストに名前が掲載されている間は原則、どのカード会社もクレジットカードの発行を認めません。逆説的にいえばブラックリストから名前が消去されればカード申請が認められる可能性があるわけです。

自己破産で10年

ブラックリストから名前が消えるめどが、概ね任意整理5年、自己破産10年と囁かれています。信用情報機関に債務者の名前がある限りは少なくともクレジットカードの発行はないと認識をもっていた方がよさそうです。

クレジットカードはとても便利です。もつことができないと不便さを感じます。債務整理をすると5~10年以内はクレジットカードを作れないとあきらめるしかないようです。これが債務整理の現実といえます。

 

自分の信用情報を確かめるには?

つまり、債務整理後にカードを作れるかどうか?を知るには自分自身の信用情報をしることが大切です。信用情報はいくつかの信用情報機関で管理・登録されています。クレジットカードや住宅ローンなどで取り扱われているのは下記の2社が大部分です。

1000円の手数料がかかりますが、現在のあなたに記録されている信用情報を閲覧することができますので、各社信用情報の請求をしてみることでクレジットカードを作れるかどうか?について知ることができます。

 

債務整理後でも楽天カード(クレジットカード)が作れた事例

楽天クレジットカード

引用:https://www.rakuten-card.co.jp/

ここまで、一般的なクレジットカードの審査条件などについて書いてきましたが、実際に債務整理後でもクレジットカードが作れた事例があります。債務整理をしたあとでも発行できたクレジットカード会社は、「楽天カード」です。

インターネット上の書き込みなどを見ても、実際に作れたという方が何名もいるようです。とはいえ、もちろん審査はあります。すべての方が審査を通過できるということではありませんが、事例があるということは可能性がゼロではありません。「安定した収入がある(配偶者含む」、「楽天プラチナ会員である」、「持家、固定電話がある」などの条件が揃うと審査を通過しやすいという「噂」もあります。

実際に発行できるかどうか?は申請をしてみなければわかりませんので、すでに債務整理をした(債務整理中)という方は申し込みをしてみると良いでしょう。楽天カード発行審査はこちらから

The following two tabs change content below.

西岡容子

青山学院大学卒。認定司法書士。
大学卒業後、受験予備校に就職するが、一生通用する国家資格を取得したいと考えるようになり退職。その後一般企業の派遣社員をしながら猛勉強し、司法書士試験に合格。

平成15年より神奈川県の大手司法書士法人に勤務し、広い分野で実務経験を積んだ後、熊本県へ移住し夫婦で司法書士法人西岡合同事務所を設立。

「悩める女性たちのお力になる」をモットーに、温かくもスピーディーな業務対応で、地域住民を中心に依頼者からの信頼を獲得している。
以後15年以上、司法書士として債務整理、相続、不動産を中心に多くの案件を手掛ける。

債務整理の森への寄稿に際しては、その豊富な経験と現場で得た最新の情報を元に、借金問題に悩むユーザーに向け、確かな記事を執筆中。

■略歴
昭和45年 神奈川県横浜市に生まれる
平成5年   青山学院大学卒業
平成14年 司法書士試験合格 
平成15年 神奈川県の大手司法書士法人に勤務
平成18年 司法書士西岡合同事務所開設

■登録番号
司法書士登録番号 第470615号
簡易裁判所代理権認定番号 第529087

■所属司法書士会
熊本県司法書士会所属

■注力分野
債務整理
不動産登記
相続

■ご覧のみなさまへのメッセージ
通常、お金のプロである債権者と、一般人である債務者の知識レベルの差は歴然としており、「知らない」ことが圧倒的に不利な結果を招くこともあります。
債務整理の森では、さまざまなポイントから借金問題の解決方法について詳しく、わかりやすく解説することに努めています。

借金問題を法律家に相談する時は、事前に債務者自身が債務整理についてある程度理解しておくことが大切です。
なぜなら大まかにでも知識があれば法律家の話がよく理解できますし、不明な点を手続き開始前に質問することもできます。

法律家に「言われるがまま」ではなく、自分の意思で、納得して手続きに入るためにも当サイトで正しい知識をつけていただけたら幸いです。

厳選!おすすめ記事BEST3

1
債務整理のベストな選択とは?経験談を踏まえて基礎情報から弁護士の選び方まで一挙解説

もし多額の借金を抱えてしまった場合、もしくは借金を返せなくなったと思った場合、誰 ...

2
債務整理に注力しているおすすめの事務所一覧【徹底調査】

当サイトでは、実際の取材や債務整理の相談を行なった体験談をもとに、おすすめの弁護 ...

3
債務整理のベストな選択とは?経験談を踏まえて基礎情報から弁護士の選び方まで一挙解説

もし多額の借金を抱えてしまった場合、もしくは借金を返せなくなったと思った場合、誰 ...

任意整理の費用と支払い方法でみる弁護士ランキング 4
任意整理の弁護士費用はどれくらい異なるの?おすすめ事務所を徹底比較

借金に関する相談は、弁護士事務所や司法書士事務所において無料で行なうことができま ...

5
債務整理のベストな選択とは?経験談を踏まえて基礎情報から弁護士の選び方まで一挙解説

もし多額の借金を抱えてしまった場合、もしくは借金を返せなくなったと思った場合、誰 ...

6
ひばり法律事務所(旧:名村法律事務所)の評判・口コミを徹底分析

※2020年8月に名村法律事務所からひばり法律事務所に事務所名を変更しました 目 ...

 - 債務整理後の借入れや住宅ローン