債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

債務整理後の賃貸契約の審査

 

債務整理後、賃貸契約はできるの?

ba88a68e07cd0504fb981367aa863834_s

債務整理をすると多くの方が気にすること、それは賃貸契約の更新はできるのか、ということです。基本的に賃貸契約の更新をするとき、債務整理が妨げとなることはありません。

債務整理の有無を不動産業者は把握していない

なぜなら債務整理をしたことが人に知られる可能性はきわめて低いからです。たとえば任意整理であれば官報に掲載されることはありませんし、ブラックリストに載っても大家となる人や不動産業者は信用情報機関のデータを見ることはできません。

大家、不動産屋がアパートを借りる人、契約する人に求めることは、あくまでも家賃をきちんと毎月支払うことであり、債務整理をしたかどうかではないのです。

個人再生や自己破産の場合もほぼ問題なし

しかし個人再生や自己破産の場合は国が発行する官報に名前と住所が掲載されます。これでばれる可能性はないのかというと、ほとんどないと言って良いでしょう。

官報を見る人は滅多にいませんし、アパートを借りたい人がいるからと、わざわざ官報を調べることもありません。ですからアパートの契約更新をすることが債務整理によって困難になると言うことはほぼないのです。

 

注意したいのはアパートの契約更新

アパートの契約更新で債務整理が妨げになることはないと言っても例外はあります。それがクレジットカードで更新料などを支払う場合です。

債務整理をするとブラックリストに掲載されるので、クレジットカードは新たに作ることができません。更新料を決済しようとしてもはじかれてしまいます。

最近は家賃の支払い、仲介手数料や更新料の支払をクレジットカードでできる不動産屋も増えているので、使えなくなったクレジットカードで決済しようと言うことは、家賃保証がないと言うことになりますから、更新や新規契約が難しくなるのです。

ですから債務整理をした方で、アパートの契約更新をしたい、新規契約をしたいという方はクレジットカード払いを避けるようにしましょう。

 

債務整理後に入居審査に通るためには

しかし債務整理をしても新規にアパートを借りたい、入居したいと言う方はいるでしょう。

信用情報は不動産会社が見られる物ではないと言っても、カード決済で家賃や仲介手数料などを支払っている場合、はじかれれば当然アパートの契約はできません。どうしてもアパートを借りたいと言う場合は、賃貸の保障会社をつけることで解決します。

今まで家賃滞納などをしたことがない、と言う場合は審査に通りやすくなります。

基本的に不動産会社や大家さんは金銭的に家賃を支払うことができるかどうかということ以外にも、借りる人の人柄を見ます。服装、態度、話し方、人付き合いなどを見ますから、債務整理をしたと言う人でも収入がある、家賃を支払うことができるというのであればアパートの契約はしやすいようです。

相手も人間ですので、誠実な態度で臨むことが相手からの信頼を勝ち得ることに繋がりますね。

⇒その他に考えられる債務整理をする事のデメリットについてはこちら

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

 - 債務整理後の借入れや住宅ローン