債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

債務整理をする事のデメリット

 

借金の整理をするのに債務整理は非常に有効な手段ですが、デメリットがあることも覚えておきましょう。

デメリット1 ブラックリスト入り
デメリット2 官報に掲載
デメリット3 職業の制限
デメリット4 保証人に迷惑

大きく分けるとこの4つがデメリットとなります。1つずつ見ていきましょう。

いわゆるブラックリストにのってしまう

では債務整理にはどのようなデメリットがあるのかというと、まず信用情報機関に登録されます。

これはいわゆるブラックリストに乗るということで、一定期間借り入れができなくなったり制限されてしまったりすることです。

もしもあなたが自己破産や個人再生をした場合は7~10年、任意整理をした場合は5年ほど借り入れができなくなります。

よく家族に影響があるのではないかという心配をする人がいますが、債務整理手続きをした人だけの情報になりますので家族の情報は信用情報に登録されません。

 

官報に掲載される

それから官報公告というものがされます。

官報公告がされるのは自己破産、個人再生だけなのですが、官報を使って一般に知らせることになります。自己破産や個人再生が行われると申立人の住所、氏名が掲載され、ヤミ金からダイレクトメールなどが送られてくることがありますが、関係者以外が官報を見るということはほとんどありません。

官報は国の広報誌に当たり、自己破産の場合は開始決定からおよそ2週間後、免責決定のおよそ2週間後と約2回行われます。個人差異性の場合は開始決定のおよそ2週間後と書面決議決定のおよそ2週間後、さらに認可決定のおよそ2週間後と3回官報に掲載されます。

 

職業の制限を受ける

3つ目のデメリットは自己破産をした場合、就ける職業に制限を設けられることです。

破産決定から免責決定までの間なのですが、保険外交員、警備会社警備員などに就くことができません。ただし個人再生や任意生理の場合はこうした制限を受けることはありません。

また株式会社や有限会社取締役、監査役の場合は一度役職を退任する必要がありますが、今は法律が改正され、またすぐに取締役として就くことも可能となっています。

 

保証人に迷惑をかける

保証人への影響も考えなければなりません。

もし借り入れたときに保証人を立てている場合、債権者から保証人に対して請求が行きます。申立人の債務が免責と言う結果となっても保証人には債務が残ってしまうのです。

これは自己破産、個人再生、任意整理すべての債務整理で起こることですからよく考えておきましょう。

 

その他に考えられるデメリット

よく言われるような自己破産が戸籍に載せられる、年金が受給できなくなる、自己破産で会社が首になるということはありません。デメリットは先に挙げた4つとなりますのでメリットとデメリットを踏まえたうえで考えていくようにしましょう。

他に、デメリットがあるとすれば、あなたの精神的な部分です。債務整理をするという事は、どの方法であれ返せない借金をチャラにしてもらったり、減額してもらう手続きを取ることになります。その部分を大きな負い目と感じる人も中にはおります。

しかし、現状返せない状況になってしまってはそんな意地の為に債務整理を先延ばしにするのはナンセンスです。気にされる場合は、自己破産などではなく、せめて任意整理などで対処すれば気持ちの部分も幾分ラクになるでしょう。

また、債務整理をした事を他人や家族にバレたくないという事を気にされるケースもありますが、債務整理手続きは基本的にあなたが直接告白しなければバレてしまう事はありません。郵送でのやり取りもわからない様にする事はできます。その点が足かせとなっているのであればそれも含めて弁護士なり専門家に相談する事をお勧めします。

 

ベストの選択はプロに相談を

実際に、あなたの借金状況ではどの債務整理方法が適しているのか?また、それぞれの債務整理方法に対する細かなメリットやデメリットは専門家に相談してみない事にはわかりません。

同じ借金状況でも何を優先するのか?は個人個人で違いますし、それに対してベストな方法を教えてくれ、その手伝いをしてくれるのが法律の専門家です。

まずは匿名相談などのできる街角法律相談所などを利用してあなたにとってベストの債務整理方法を検討してみると良いかもしれませんね。

サンク総合法律事務所

  • 無料相談の対応がとにかく親切
  • 分割、後払いも対応
  • 債務整理に特化した実績
    月間600件以上!
  • 積立開始後すぐ着手
  • 土日、深夜でも相談可能
  • 全国対応
  • 初期費用0円

0120-322-046
【24時間無料受付中】

弁護士報酬一覧
任意整理過払い金自己破産個人再生
39,800円+19,800円+10%19,800円+20%450,000円~500,000円~
The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 債務整理の種類と基礎知識

債務整理弁護士事務所ランキング