債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

個人再生がおすすめなケースと依頼する弁護士

 

個人再生には当然のことながら利点、欠点があります。個人再生の最大の利点はマイホームを処分せずに債務整理の手続きができる点です。個人再生に焦点を当てながらこの制度をおすすめできる人、個人再生に強い事務所の特徴などを紹介していきます。

61bfef75a68773d0cfe0c6258ae3da88_s

個人再生におすすめの弁護士ランキング

マイホーム処分を回避したい債務者

個人再生はいくつかある債務手続きのひとつです。任意整理は債務者と債権者が直接交渉しますが、個人再生は裁判所が関わるなかで債務の減額が行われます。債務が免除される自己破産と違い、債権者への弁済(返済)は続けることになります。

ただ、自己破産のように財産を処分することは免れ、特にマイホームを処分せずに債務の減額ができるため、住宅を手元に残して置いておきたい債務者におすすめできる制度といえます。やはり自分で築いてきた財産は手放さずにいたいものです。

債務者の支払い能力を見極める

個人再生はマイホームなどの財産を残しつつ、債務を1/5程度まで減額をして、3年をめどに返済します。減額された債務とはいえ、それを返済できる能力が必要なことはいうまでもありません。これが確認できれば債務者の収入を考慮しながら再生計画を立てていきます。

ここで重要となるのが債務者の現状分析です。現在の収入もさることながら家族構成、それに伴う家計収支、さらには職業における返済完了までの支払い能力を見極めます。この作業は客観的に行うことが望ましいでしょう。

個人再生が得意な事務所の特徴を探る

弁護士や司法書士による分析が欠かせません。個人再生の手続きを実行するには弁護士等に依頼することが必須条件といえますが、どの事務所に依頼するかがポイントとなります。一言で法律事務所、または司法書士事務所といっても数多くあり、それぞれに特徴をもっています。

個人再生は債務整理の中でも一番手続きが煩雑で、専門知識が必要です。また、司法書士ではすべての業務を代行することはできません。

では、どのように事務所を選べばよいでしょう。

大手事務士?それとも小規模事務所?その選び方は?

大手の弁護士事務所がいいのか、それとも小さな事務所でも大丈夫なのかとの、依頼主の迷いの声をよく聞きます。一概に規模だけで善し悪しを結論づけることはできないものの、迷いがある時は大手の法律事務所へ依頼することがベストといえます。

大手の事務所は弁護士の数が多いので、事例も多く個人再生のノウハウもあるはずです。しかし、蜜な連絡が取れず細かいやり取りがスムーズにいかないケースも多いです。

大手に依頼をして、たまたま担当をした弁護士が新人弁護士であれば個人再生は難しいですし、小規模なところに相談して個人再生の事例が少なければ意味がありません。

個人再生は、弁護士の実績を重視する

結論は、「個人再生の場合はとくに債務整理の実績を重視すること」です。

ただ、事務所が小規模になるほど弁護士、司法書士個人の力量が試されますので、経験年数もさることながら案件実績を確認することが大切になるでしょう。迷った時は大手に、小さな事務所への依頼は実績重視で個人再生の依頼先をチョイスしてみるのも有効な手段になりそうです。

当サイトで30社以上に無料相談をした中で、個人再生でも安心して任せられる事務所は下記のとおりです。

個人再生におすすめの弁護士ランキング

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 個人再生とは?メリットとデメリット

債務整理弁護士事務所ランキング