オリックス債権回収会社から督促状がきたらどうするか?担当森木とは?

 

オリックス債権回収会社から取り立てや督促状が来た時の対応について、直接オリックス債権回収に電話をして聞いてみました。

森木と名乗るショートメール(SMS)は架空請求の連絡ですので、お気を付けください。

オリックス債権回収会社に電話相談してみました

債務整理の森スタッフ

オリックス債権回収会社から旅行中の妻宛てに書類が来ました。どうしたらよいですか?


オリックス債権回収会社

オリックス債権回収会社は社名からもお解かりの様にオリックスグループの債権回収会社です。

奥様宛の書類が私どもオリックス債権回収会社からの書類に間違いなければ、過去のローンやクレジットカードなどの支払いに関するお願いになります。

ただ、最近、オリックス債権回収会社を名乗った架空請求事件も起きていますので、まず、冷静にオリックス債権回収会社からの正規の書類かどうかを確認して下さい。

私どもの書類であれば必ずお客様毎の確認番号と担当部署が記入されていますので、担当部署に電話して確認番号のみを告げて下さい。

債務整理の森スタッフ

オリックス債権回収会社からの書類ではない場合はどうしたらよいですか?


オリックス債権回収会社

もし、オリックス債権回収会社からの書類ではない時は弊社お客様相談窓口03-6858-6031か、全国サービサー協会の苦情受付・相談センター03-3221-6711または警察に電話して下さい。

債務整理の森スタッフ

もし、妻に債務が有った場合、債務の支払いは一括返済する必要がありますか?


オリックス債権回収会社

一概に債務と言っても様々なケースが想定されます。私どもは無理な取り立てなどは決して行いませんので、オリックス債権回収会社の担当者と相談して頂ければと思います。

債務整理の森スタッフ

一般的にオリックス債権回収会社の取り扱いで多いのはどの様な債権ですか?


オリックス債権回収会社

あくまでも一般論ですが、オリックスが扱う住宅ローンやカードローン・クレジットカード債権、オリックス銀行カードローン債権などが多いことは間違いありません。

督促状や催告状が来た時に一般的な注意点や対策について詳しく知りたい場合はこちらも併せてお読みください。

督促状や催告状が届いたらどのように対応する?

森木という担当者について

上記でも少し触れましたが、オリックス債権回収を名乗る「森木」という人物からSMS(ショートメール)での連絡や「h0figancf@i.softbank.jp」このメールアドレスからのメールが来たら架空請求業者という情報も入っています。

SMSの電話番号は、「03-5904-9479」ですので、該当する場合には決して連絡を返したりせずオリックス債権回収の連絡先へ直接相談するようにしましょう。

  • オリックス債権回収のお客様相談窓口 03-6858-6031

オリックス債権回収会社からのハガキや督促を無視するとどうなる?

直ちに行動する必要あり  

オリックス債権回収会社からのハガキや督促に全く心当たりが無い場合は、オリックス債権回収会社お客様相談窓口03-6858-6031か全国サービサー協会の苦情受付・相談センタ03-3221-6711または警察に電話して下さい。また、裁判所から仮執行宣言付支払督促が送付された場合、差押等の強制執行の可能性がありますので直ちに弁護士等に相談する必要があります。

1週間以内に連絡する必要あり

オリックス債権回収会社からの督促内容に心当たりがある場合は、1週間以内に書類に記載された部署まで電話する必要があります。書類に記入された確認番号を伝えれば直ぐに分かるようになっていますが、時効の可能性がある場合は連絡すると時効が中断される場合があります。 

2週間以内に行動する必要あり

支払督促を受け取ってから2週間を経過すると、その日から30日の間に債権者は仮執行宣言の申立てをすることができます。つまり、債権者は差し押さえの準備に入りますので、債務者が仮執行宣言の申立てを阻止するには弁護士に相談し2週間以内に対応する必要があります。

時効の可能性がある場合  

債務に時効の可能性がある場合は時効を中断することになりますのでオリックス債権回収会社に電話をしてはいけません。直ぐに弁護士等に相談することをお奨めします。

上記のような連絡が来る場合、どのような方が該当するのか会社の業務の面から調べてみました。

時効援用についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

オリックス債権回収会社って?

オリックス債権回収会社は法務大臣の許可を得て無担保債権の管理・回収を主たる業務とする債権回収専門会社(サービサー)で、オリックスの100%子会社の債権回収会社です。

オリックス債権回収会社(オリックス・サービサー)は1992年2月に施行された「債権管理回収業に関する特別措置法(通称「サービサー法」)」に基づき、同年4月にオリックスグループの一員として設立されました。設立以来、不動産担保ローンや住宅ローンなどのサービシング業務に積極的に取り組み、併せて日本では数少ない証券化案件やノンリコースローンも取り扱っています。

オリックス債権回収会社の親会社であるオリックスは東証1部上場の資本金1,940億の大企業で、

リースをはじめ不動産・銀行・クレジット・ベンチャーキャピタル・プロ野球球団など多くの事業を手掛けており、グループを通して多角的金融サービス業を提供しています。

特に、個人向けには住宅ローン・カードローン・クレジットカードは勿論ですが、各金融機関(都市銀行・地方銀行など)における個人向けローンに対する信用保証事業も積極的に展開しています。

オリックス銀行カードローンではオリックス・クレジットと新生フィナンシャルが保証業務を担っています。また、近年は業界最低水準の手数料・金利にて「オリックス・フラット35」を、独立行政法人住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)との提携に基づき取り扱っています。したがって、オリックス債権回収会社は法人向けの不動産担保・証券担保・ビジネスローン(事業貸付)債権の回収、個人向けの各種ローン・クレジットカード債権の管理回収を広く手掛けている企業と言えます。

オリックス債権回収会社の詳細

本社〒105-0014 東京都港区芝2丁目14番5号 オリックス芝2丁目ビル
電話03-6858-6030 お客様相談窓口 03-6858-6031
代表者取締役社長 酒井 貴行
許可番号法務大臣許可番号 第11号
設立日  1999年4月1日
資本金5億円
事業内容無担保債権の管理・回収
従業員数120名 (2017年3月現在)
株主 オリックス株式会社 100%出資

オリックス債権回収会社の役割と業務内容

オリックス債権回収会社が特に注力中の業務は以下の通りです。

  1. 住宅ローンサービシング
    オリックス・サービサーは2003年から住宅ローンサービシング業務を受託しており、その前身であるオリックス㈱住宅事業部時代を含めるとその始まりは1980年にまでさかのぼります。
    中身はプライマリーサービシング業務受託(正常な住宅ローン債権のサービシング業務)と、スペシャルサービシング業務受託(不良債権化した住宅ローン債権のサービシング業務)に分けることができます。
  2. 事業再生ビジネス
    オリックス・サービサーは単なる債権回収業務にとどまらず経営困難に陥っている企業への支援を通して、地域再生・地方創生に寄与する事業再生ビジネスに取り組んでいます。
  3. 不動産再生ビジネス
    オリックス・サービサーは債権回収の一形態として、担保不動産を再生させることにより投資回収を極大化させる不動産再生ビジネスも行っています。

オリックス債権回収会社が取り扱う金融機関等

  1. オリックス(住宅ローン・カードローン・クレジットカード)
  2. オリックス銀行(カードローン)
  3. 住宅金融支援機構(フラット35)

印象と総評

オリックス債権回収会社のお客様相談窓口に電話で「妻宛てに書類が来たので教えて下さい」とお願いしたところ、「一般論ですが」と前置きした上で丁寧に解り易く説明してくれました。

まず、オリックス債権回収会社に於いても会社名を掲載した不審なハガキ・電話・電子メールが多数確認されています。これらは不当に金銭を要求する詐欺行為と言えますが、詐欺行為なのか正規の書類なのかを直ぐに見分けることはできません。

そこで、ポイントを整理しますと、詐欺行為の場合は個人名義の銀行預金口座に資金を振込ませたり、個人の携帯電話に電話を求める手口が共通しています。

オリックス債権回収会社では個人名義の銀行預金口座に資金を振込ませたり、個人の携帯電話に電話を求めることは一切、有り得ません。一方で、正規の書類の場合は担当部署と確認番号が必ず記入されており、番号のみで書類の内容が確認できる様になっています。

ただし、正規の書類であっても直ぐに債権回収会社(サービサー)に連絡しては駄目なケースもあります。債権者(銀行やサービサー)が良くやる手ですが、時効成立直前に債務残高確認書や支払い督促状を出して債務者に債務確認を行います。

これらの場合は優しい文面で書いてあるので署名捺印して書類を返送すると、それが時効成立妨害の書類として使われます。時効中断により時効は自動的に10年延長されることになります。

この様な場合は債権回収会社(サービサー)に連絡する前に弁護士に相談することが大事です。

The following two tabs change content below.
債務整理の森中の人

債務整理の森中の人

債務整理の森編集長。ユーザーの求めている情報をわかりやすく配信することを最優先し、記事の編集に励んでいます。

挿入サンク

  • 記事を読んでもわからなかった
  • 具体的な内容を相談したい

という方は、お気軽にお電話でもメールでもお問合せください。

↓24時間無料相談受付中↓


 - 過払い金請求への消費者金融の対応