債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

任意整理後でもauウォレットは持てる?

 

任意整理後でもauウォレットは持てる?

任意整理をしたあとでも、auウォレットを持つことはできるのか?という事ですが、結論を先に言ってしまうと、可能です。しかし、au(エーユー)ウォレットクレジットは、持つことができません。

この記事では、ブラックリストになってしまった場合のauウォレットについて書いています。

任意整理をすると信用情報がブラックに!?

クレジットカードやキャッシングカードって一枚持っていればとっても便利なのですが、必要以上に使い過ぎてしまうと返済で頭を抱えてしまうことになります。

とても毎日の給料の中から返済をすることが出来なくなってしまったら、友人や同僚、家族などに借金をしてそれを返済に回すという方法もありますが、それでは何の解決にもなりません。

ましてや新たにカード会社からお金を借りたり、クレジットカードのキャッシング機能を使うといった方法では余計にお金の悩みを拡大させてしまうだけです。

本当に支払うことが困難でしたら、新しく借金をするのではなく債務整理の一つである任意整理を選んだ方が良いかもしれません。

任意整理というのは、債権者と債務者が直接話し合いをして、利息を減らしたり無くしたりすることの出来る方法であり、基本的には弁護士や司法書士に依頼をすることとなります。

確かに任意整理をすることで借金問題の解決に繋がりますが、その事実が個人信用情報機関に記録されてしまうため、信用情報がブラックな状態となってしまいます。

基本的には任意整理をしてから完済後5年間はブラックとなりますので、その期間の新たなローンやキャッシングは出来なくなります。

完済5年後はローンやキャッシングは出来ない

任意整理後はクレジットカード審査に通らない

つまり新規でクレジットカードやキャッシングカードを作ることが出来なくなりますので、たとえ申込みをしたとしても審査で断られてしまいます。

これは任意整理に限らず、自己破産や個人再生など他の債務整理手続きでも同様のことであり、いわゆるペナルティ期間が必ず発生します。

auウォレットクレジットカードは持てない

もちろん今auユーザーに人気のau WALLETクレジットカードも持つことは出来ません。

au WALLETクレジットカードというのは、支払い時はカード会社が立て替えをして、後に口座から引き落としされる通常のクレジットカードですので、残念ながらブラックの状態では審査通過は出来ないのです。

任意整理後でもauウォレットならOK!

au WALLETプリペイドカードならOK

しかしauウォレットなら問題ありません。

auウォレットはチャージ内のみ利用可能

auウォレットというのは、プリペイド式のカードであり、事前にauウォレットにお金をチャージしておき、そのチャージ金額以内の支払いを可能にしているカードです。

つまりスルガ銀行や三菱東京UFJ銀行、楽天銀行などで取り扱っているデビットカードと似たようなシステムですので、カード会社が立て替えをする必要が無いワケです。

このことからauウォレットを作るのにわざわざ返済能力があるのかをチェックする審査は行われませんので、任意整理後でも問題無く持つことが出来ます。

マスターカード加盟店で利用可能、海外でも

auウォレットはマスターカード加盟店で利用することが出来ることから、もちろん海外でも支払い方法の一つとして選択肢が増えます。

「任意整理をしてクレジットカードが持てない。でも海外旅行へ行くのにクレジットカード機能が欲しい」「任意整理後もネットショッピングがしたい!」などといった時には、是非auウォレットへ申込みをしてみてください。

債務整理を専門とする弁護士は、信用情報や、クレジットカードの情報についても詳しいので相談してみることをお勧めします。

月間600件以上の債務整理相談を受ける債務整理専門の弁護士はこちら

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 任意整理後の借入れやクレジットカード

債務整理弁護士事務所ランキング