債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

延滞損害金は個人再生で免除されるか

 

借金を返済していると遅れるということはしばしばあります。返済が遅れることで延滞損害金が発生します。これが結構負担になりますが、個人再生をしたら延滞損害金が免除されるといわれています。個人再生における延滞損害金の位置づけを探りつつ、遅延の意味を考えてみたいと思います。

5fd3e612e5fd3190f64cbc8a4fddbb28_s

遅延利息は二重の苦しみ

債務の返済は借主の義務といえます。法律的にいえば契約違反です。当然、遅延という行為がなされるとペナルティーが課せられます。金銭債務においては延滞損害金というものが発生します。

この延滞損害金は返済期限の経過にともない発生する損害賠償金のようなものです。

延滞損害金が発生すると債務者にとってかなりの痛手となります。それでなくても利息の負担が重いのに、さらに延滞損害金が加わるということは二重の苦しみを負うことになるでしょう。

個人再生で遅延利息が免除

延滞損害金というのは貸金業者が無造作にいくらでもとっていいというものではありません。上限利率が決められていて、制限利率の1.46倍までと定められています。利息に1.46をかけて計算します。

1.46倍を超える上限利率は無効になります。債務不履行という遅延行為があったわけですから延滞損害金が発生しても致し方ないことです。ただ、債務者にしてみれば返済不能という事態も起こり得るかもしれません。その解決法として個人再生が注目を集めます。

弁護士に相談しながら最終決定

個人再生の特徴は、利息の引き直し計算により債務を1/5程度に減額して借金を返済することにあります。利息分だけでも減額されるととても大きな負担減になります。借金返済を続けなければならない債務者にとっては多いに助かりますが、延滞損害金もまた負担軽減の対象になり、個人再生の決定後に延滞損害金が免除されます。債務の返済というのは利息を払い続けているようなものです。極端な言い方をすれば利息ばかりを払い続け、元本の支払いが完了しないということも決して珍しいことではありません。

そこに延滞損害金が発生すれば懐は破産寸前です。自己破産になっても不思議ではないでしょう。自己破産に陥る前に個人再生により延滞損害金の救済措置が適応されるならば検討に値します。債務の遅延を起こしてしまったらまずは弁護士へ相談してください。延滞損害金がどの程度発生するかの確認が必要です。そして延滞損害金を含め支払い継続が可能かの判断をしなければなりません。これらが無理となれば最終的に個人再生の選択も視野に入ってくることでしょう。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 個人再生とは?メリットとデメリット

債務整理弁護士事務所ランキング