債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

個人再生で競売が中止に

 

個人再生を利用する最大の目的は、住宅などの財産の処分を避けるためといっても過言ではありません。では逆に差し押さえや競売が開始されそうだったら・・・

個人再生でそれらがストップできるか?という疑問が湧いてきます。

個人再生と競売との関係を掘り下げて考えてみます。

011329bca08071222482e4ee28d0a7f4_s

自己破産は財産が処分されるが個人再生は・・・?

個人再生のメリットにはさまざまなものがありますが、最大の恩恵は財産処分の回避ではないでしょうか。

特に住宅などの大きな財産になるとなるべく処分は避けたいものです。

大きな財産を処分して借金返済に充てる方法も有効な手段です。しかし、住みなれた思い出が詰まった住宅などはそう簡単に手放したくはないものでしょう。

債務整理の方法に自己破産があります。

自己破産は借金を免責してもらえる代わりに、財産を処分しなければなりません。

借金がどうしても返済不能に近づけば自己破産も視野に入ってきます。

ただ、自己破産は最終手段。

これだけはどうしても避けたいと考える債務者は実に多いといわれています。

そこで自己破産までいかなくても個人再生で状況を打開しようという考えが出てくるようです。個人再生は債務が削減され、ある程度の借金の返済は続けながら、住宅などの大きな財産を残しておくことができます。

通常、借金などが返済不能となれば財産が競売にかけられます。

その売買代金で債務の返済が行われます。

個人再生で競売開始が中断!?

個人再生はその真逆の行為となり、財産処分を免れる点が最大の売りになっています。

差し押さえや競売の実施に際して、個人再生をすることで回避できそうにも思えてきます。

実際のところは、個人再生の手続きが開始されると住宅の競売などは中止できます。

このとき個人再生の申立てにプラスして「競売中止等の申立て」を行うことになります。

債務の返済不能が現実味となり、競売等の手続きが開始されたら・・・

個人再生は一つの対抗手段になりそうです。

ただし、手続きはとても複雑です。

個人再生の手続きは入り組んでおり、弁護士や司法書士への依頼は欠かせません。

差し押さえや競売は物々しい行為です。このような行為が現実に起きてしまうとやはりビックリする債務者は多いようです。

競売などが実行に移され、どうしてもそれを回避したいときには弁護士に相談してみましょう。

特に思い出の詰まった財産は守りたいものです。

個人再生でそれらが守られる可能性があるのなら、

利用してみる価値はあるのかもしれません。

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 個人再生とは?メリットとデメリット

債務整理弁護士事務所ランキング