債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

自己破産の流れをわかりやすく解説

 

自己破産の流れは複雑なものです。ここではそのプロセスを分かりやすく解説をします。流れが分かると弁護士の依頼が必須だということが理解できます。自己破産のプロセスを確認しながら債務者がとるべき行動を考えてみましょう。

49b8e1316a50a1d5c766213b85c3795c_s

破産手続きはとても複雑

自己破産は債務整理の中でももっとも劇的な効果をもたらしてくれる方法です。借金が0になることは破産者にとって最大のメリットといえます。

ただ、借金が免責されるまでのプロセスはとても分かりにくいです。自己破産の申請を行う場合、弁護士に依頼することが一般的ですが、まず一連の流れを確認してみます。

はじめに破産者本人が地方裁判所へ自己破産の手続きを行います。その後、裁判所での審尋が始まります。この面談は代理人弁護士が出席します。面談が終わると破産手続きの決定が下されます。裁判所による破産宣告です。ここから破産管財人が選ばれ、競売による財産の処分が行われます。そして破産者が同席する形での免責審尋。最後に債務の免責が正式決定します。

やはり、わかりにくいですね。箇条書きにしてみます。

自己破産の流れ

  1. 債務者による申立て
  2. 地方裁判所での審尋
  3. 破産宣告
  4. 破産管財人の選任
  5. 競売(自宅ありの場合)
  6. 免責審尋
  7. 破産手続きの終了

免責不許可で依頼を断られるケースもある?

このように自己破産の流れをみるといくつものプロセスがあり、それぞれの過程においては具体的な行動が求められます。自己破産の申立てを債務者本人がするにはやはり難しい手続きであるように思えます。

自己破産は一般的に弁護士等に依頼して開始するものです。債務者が単独で行うことは無理といえます。弁護士を代理人に立て一連の手続きを行いますが、自己破産は内容により依頼を断られるケースも少なくないとされます。そこには自己破産するまでの状況にはないと判断されるようです。

その一番の理由として著しい免責不許可事由があげられます。免責不許可事由といっても幅広いケースがあてはまります。例えば、借金の大半をギャンブルなどの遊興費に充てていた場合、免責が認められないことがあります。そうなると弁護士に相談しても依頼を断られる事態も存在します。

自己破産の申立てには弁護士の力が必要です。しかし、免責不許可事由などで依頼を引き受けてもらえないこともあり得ることを理解しておきましょう。そのような場合はあきらめずに他の弁護士に相談してみます。

他の弁護士に断られた案件でも別の弁護士なら引き受けてもらえるケースはあります。自己破産の流れは複雑です。さらに状況によっては申立てが認められないことも否定できません。自己破産の申し立ては債務者と弁護士などが二人三脚で行うものといえるでしょう。

自己破産について、もっと詳しく知りたい方は下記の記事をお読みください。

自己破産とは?メリットデメリットとその後の生活

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 自己破産とは?メリットデメリットとその後の生活

債務整理弁護士事務所ランキング