債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

PORT株式会社東証マザーズ上場 債務整理の森は、東京証券取引所マザーズ市場に上場しているポート株式会社(証券コード:7047)が運営しているサービスです。

個人再生でクレジットカードが使えなくなるのか

 

個人再生によるメリットはたくさんあります。しかし、もちろん良いことばかりではありません。デメリットも、当然ながらあります。その中にはクレジットカードを巡る問題も含まれます。じゃあ、クレジットカードをめぐる問題って一体何?というあなたへ。ここでは、クレジットカードに焦点を当て、その取り扱いを探っていきます。

計10年はカードが使えない!?

個人再生のメリットは、もちろんあなたにとって有意義なものもあります。

その代表的なものがこれ。

個人再生のメリット→債務が削減され返済がとても楽になる

しかし、一方ではさまざまなリスクが生じてしまいます。

その一つに新規の融資が出来なくなることがあげられます

以下のことには黄色信号もしくは赤信号が、ともります。

各種のローン

クレジットカードの新規申請

その理由は至って簡単。

個人再生をしたことで、信用情報機関への情報登録として

「この人借金返せずに個人再生しました。しばらく新規融資は要注意人物」

となるようなチェックがついているからです。

この情報機関の事故情報は、ブラックリストと呼ばれ、全部の金融機関および各クレジットカード会社から、あなたの新たな申請はNGとなってしまうのです。

だいたい5年間くらいは新たなクレジットカードがつくれないとみてよいでしょう。

ただし、この5年というのは借金を支払い終えてから5年間ですから・・・

事実上、10年近くはクレジットカードやローンの申請が通らなくなります。

さらに・・次のようなことも起こるので注意が必要です。

所有しているクレジットカードも使用不可に

実は個人再生をすると、現在使っているクレジットカード使用できなくなります。

個人再生の手続きをする前にもっていたクレジットカードは、審査が通って持っているものの、今のあなたの状況においては、新たな借金になりますので、やはりカードは使えなくなるのです。債務整理したのですから、これは当然といえます。こればかりはどうすることもできません。

これらは、個人再生を利用した最大のデメリットといえます。

ただし、よく考えれば・・別にクレジットカードをもっていなくても生活が不便になるわけではありません。買い物をしたら現金払いにすればいいだけで、大げさに嘆くことはないのです。

デビットカードが代役!

そうはいっても、クレジットカードの現金不要のメリットが捨てがたい!

享受したい!と思う債務者も少なからずいるようです。

スーパーなどで普段、買い物をする際にクレジットカードをやたらに利用することはそうそうありません(たまにお茶1本でもクレカを使っている人もいますが)が、少し値段の張る商品を購入する時にはカード払いが便利なのは事実です。ポイントもたまったり、割引になったりもします。

しかし、個人再生の利用者はクレジットカードが使えない・・。

そこでオススメなのがデビットカードです。

デビットカードはあらかじめ現金をチャージしておけば現金いらずで買い物ができます。クレジットカードの代替品としても、注目を集めています。チャージ分だけしか使えないことから借金をするわけでもないし、破たんすることもありません。

デビットカードは債務者向き!?

先に述べたような意味では、デビットカードは債務整理をした人に向いているカードといえるでしょう。クレジットカードのように特別な審査はないため、個人再生を利用してもデビットカードをもつことはできます。

ただ一点難をあげれば・・

デビットカードが使えるお店がクレジットカードに比べれば少ないことです。

しかしながら現在、デビットカードの利用店は広がりを見せています。

クレジットカードの代わりに所有しておくのもよいでしょう。クレジットカードが使えれば、利便性はいいですが、もし個人再生で使えなくなったときには、デビットカードでもその代役は務まります。

クレジット停止になったときには、検討に値するアイテムといえるでしょう。

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。
自身も自己破産の経験があり、債務整理の森においては主に法律事務所の記事を担当。
現在は韓国釜山と福岡に居を構え、それぞれを行ったり来たりしながら、専業ライターとして活動中。

■略歴
1994年 都内某有名私立大学法学部卒業
 同年 日経BPマーケティング社に就職
    法人営業部営業マンとして日経BP社年間購読雑誌の法人販売を担当
2010年 任意整理手続するも失敗
2014年 自己破産手続
2015年 同社退職 
 同年 フリーランスのライターとなる

■得意分野
債務整理・金融・株式投資・不動産投資

■債務整理の森閲覧者へのメッセージ
債務整理の森のライターとしての目線で常に意識しているのは、債務整理を行なう人の目線です。
略歴にもありますが、私は過去に任意整理手続と自己破産手続を経験しています。
しかもそれは、任意整理手続に失敗した上で自己破産手続するという、珍しいケースです。
ですので、「あの時こうしておけば良かった」とか「ああするべきではなかった」など後悔は尽きませんが、今となっては少しでも同じような境遇の人の参考になればという思いで書いています。
特に債務整理を手掛ける弁護士や司法書士は、債務整理をビジネスにしている訳ですから、ある意味では債務整理者と利益が相反する場合もあり得ます。
そういったことも踏まえ、忖度することなく記事としてありのままに書き上げることは、私にしかできない仕事と自負しております。
私の記事が、借金問題でお悩みの方のお役に立てば幸いです。

厳選!おすすめ記事BEST3

1
債務整理に注力しているおすすめの事務所一覧【徹底調査】

当サイトでは、実際の取材や債務整理の相談を行なった体験談をもとに、おすすめの弁護 ...

任意整理の費用と支払い方法でみる弁護士ランキング 2
任意整理にかかる費用相場と支払い方法別の弁護士・司法書士おすすめ一覧

借金に関する相談は、弁護士事務所や司法書士事務所において無料で行なうことができま ...

3
みどり法務事務所の評判の真実(悪評含む)を体験者の口コミや電話インタビューで徹底分析

目次1 みどり法務事務所の評判の真実を徹底分析2 みどり法務事務所の概要3 みど ...

 - 個人再生後のカード借入や住宅ローン