個人再生をすると教育ローンは組めないのか

 

個人再生を利用すると弊害も存在します。ブラックリスト入りするのもその一つ

債務者本人が影響を受けるのは理解できますが・・・家族についてはどうか?とりわけ受験を控えている子どもをもつ債務者からは、奨学金や教育ローンについて審査が通るのかと心配する声があります。そこでこれらについて一つ一つ検証していきたいと思います。

信用調査機関の登録が響く!

個人再生で、債務者が何がしらかの影響を受けるのはそれなりに納得できます。

最大の影響といえばクレジットやローンの融資が制限されることです。

信用調査機関に債務者情報が登録されるため、ローンやクレジットカードの申請が拒否されます。

お金の失敗でお金が借りられなくなる。

・・・という結末はある意味、仕方がないことです。

債務者自身のことであれば、デメリットも受けなくてはなりません。

ではその影響はどの程度まで広がるのでしょうか?

家族にまでその影響が広がればかなりの打撃となります。

生活のローンもできなくなる

債務者にもいろいろな年代の方がいます。

若い方もいれば高齢者もいることでしょう。

それぞれの年代により生活状況は異なります。

若い債務者なら独身の方が多いですし、高齢者なら子どもが独立をし、

その影響は高齢夫婦のみという感じがあります。

問題は中高年の債務者です。この世代は子どもにお金が掛かります。

例えば大学生の子どもがいると学費や仕送りで多くのお金を必要としています。

それでなくても今の時代、経済が右肩上がりでなくなっているため、給与の伸び率は低くなっています。

子供の教育費を借りたいが・・・できないことも債務者にはあるわけです。

また、勤めている会社がいつ倒産するかもしれない。

リストラだって起きても不思議ではありません。

子どもにお金が掛かる世代では、子どもの教育費を奨学金や教育ローンを借りて乗り切る動きが活発になっています。

奨学金や教育ローンが借りられればとても家計には助かります。

これには親の年収などの条件が必要になりますが、通常ある程度は見通しが立つものです。

しかし、これが個人再生を利用する家庭となると雲行きが怪しくなります。

個人再生の手続きに入ると融資などの借り入れに支障が出てきます。

新規のローンを組みたくても・・・最低でも10年近くはそれができなくなります。

教育や奨学金ローンについても・・・

住宅ローンやクレジットカードの申請に支障がでるのは分かりました。

では、子どものための奨学金や教育ローンについては果たしてどうなるのでしょうか?

銀行などの教育ローンについては無理といえます。

信用情報機関に債務者の情報が登録されていますので、融資は不可能といえる状況です。

公的色が強い日本政策金融公庫の教育ローンもありますが、こちらも厳しいとの見方が広がっています。

日本学生支援機構なら審査が通る可能性も!?

では奨学金についてはどうでしょう?

奨学金はそれを受ける本人が申請しても保証人が必要です。

その保証人は普通、親がなるものです。

親が個人再生を利用していたなら申請は拒否されることでしょう。

奨学金が受けられなくなるということです。

ただ、日本学生支援機構のような奨学金の場合、有料の保証会社が保証人の役割を果たせば問題はクリアされることもあります

このようにケースバイケースで申請の可否が異なります。

教育ローンについては厳しいですが、奨学金については条件を変えることで融資が可能なこともありますので弁護士や司法書士に相談してみましょう。

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

厳選!おすすめ記事BEST3

1
債務整理に注力しているおすすめの事務所一覧【徹底調査】

当サイトでは、実際の取材や債務整理の相談を行なった体験談をもとに、おすすめの弁護 ...

任意整理の費用と支払い方法でみる弁護士ランキング 2
任意整理にかかる費用相場と支払い方法別の弁護士・司法書士おすすめ一覧

借金に関する相談は、弁護士事務所や司法書士事務所において無料で行なうことができま ...

3
ゆうき司法書士事務所「ゆうきの無料チャット減額診断」の口コミと評判

「ゆうきの無料チャット減額診断」は、ゆうき司法書士事務所が運営する無料借金減額診 ...

 - 個人再生後のカード借入や住宅ローン