債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

債務整理が与える影響

 

債務整理の手続きをすることで、保証人や親族・家族にはどのような影響があるのでしょうか。また、債務整理後にクレジットカードやローンの審査はどうなるのか、転職はできるのでしょうか。

この記事では、債務整理をすることで何に影響が出るかをまとめています。

債務整理が与える影響

連帯保証人への影響

債務整理をする場合、弁護士は債権者に債務整理を受任した旨の通知を送付します。

債権者は、債務者が返済できなくなったときの保証のために連帯保証人をつけているのですから、債務整理の通知を受け取ると、連帯保証人に請求することになります。自己破産や個人再生の場合、保証人への請求を止めることはできません

しかし、任意整理と特定調停の場合において、債権者との間で和解することができれば、連帯保証人に対する請求が停止する可能性があります

ただし、任意整理は、あくまで「任意」で債権者と交渉する方法なので、大幅に借金を減らすことは困難です。債権者と交渉しても、将来分の利息をカットして分割返済するという内容の和解が限界というケースもあります。

親族に与える影響

親族が保証人になっていない限り、親族に対して債務整理の影響が及ぶことはありません。親族が返済を求められたり、親族の信用情報に影響したりすることはありません。

とはいえ、実際には、多額の借金を抱える場合、親族を連帯保証人にしたり、親族所有の土地に抵当権を設定したりしていることがよくあります。このような場合、親族も返済を求められて破産したり、親族所有の土地を手放したりせざるをえなくなります。

どうしても親族に迷惑をかけたくないと言って、破産せずに任意整理を選択する方もいます。

配偶者や子どもに与える影響

債務整理は、あくまで本人が行うものであり、配偶者(同居人)や子どもに返済を求められることはありません。債務整理をしたことが、配偶者や子どもの信用情報に影響することはありません。よくあるケースですが、子どもが奨学金を受けている場合、保護者が債務整理をしても子どもの奨学金には影響がありません。

ただし、配偶者や子どもが保証人になっている場合は、保証人としての責任を負うことになります。その場合、配偶者や子どもも同時に債務整理の手続きを検討する必要があります。

闇金に脅された場合

また、闇金の場合、脅しとして、「家族に返済させるぞ」と言ってくる場合があります。しかし、闇金も自分のしていることが違法であることは認識しているので、本当に実行することは滅多にありません。特に090金融の場合、そもそも闇金自身が遠方に居住していることもあるので、実際に自宅まで押しかけることは少ないといえます。

脅迫したり、深夜に自宅を訪れて借金返済を求めたりする取り立て方法は禁止されていますので、そのような取り立てを実行された場合、遠慮なく警察を呼びましょう。闇金に自分で対応するのは怖いという場合、弁護士に依頼することも一つの方法です

クレジットカードやローン審査への影響

債務整理をすると、信用情報機関に債務整理をしたという情報が登録されます。これを事故情報といいます。

金融機関がローンの審査をする場合、信用情報機関に照会をかけますので、この事故情報が登録されている間は、新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることはできなくなります。いわゆるブラックリストに載っている状態となります。

信用情報機関が何年間その情報を登録するかという点について、特に法律の定めはありません。したがって、各機関の内部基準によって、何年間債務整理の情報を登録するかが決まることになります。

よく、弁護士に対して、「いつまでクレジットカードが作れないのですか」と質問される方がいますが、法律で決まっているわけではないので、弁護士にもはっきりとはわからないのです。一般的には、7年程度で情報が消去されることが多いといわれていますが、確実ではありません。

どうしても気になる場合は、自分の信用情報がどうなっているかを信用情報機関に照会して確認するしかありません。

現在利用している住宅ローンへの影響

現在すでに住宅ローンを利用中の場合のローンへの影響については、債務整理と住宅ローンの関係と、住宅ローンが払えない場合の記事で詳しくご説明していますのでそちらをご覧ください。

転職など仕事に与える影響

通常、債務整理をしたことが転職に影響することは少ないといえます。しかし、銀行や保険会社など、金銭を取り扱っており、かつ信用が非常に重視されるような職業に転職する場合、信用情報を調査され、債務整理をしたことが転職に不利に働く可能性があります。

破産や個人再生をした場合は、官報に掲載されるので、官報をチェックするような業種への転職は困難かもしれません

また、各金融機関は、信用情報機関とは別に自社の信用情報を保有していますので、債務整理の際に債権者となった会社に就職したり、新たにお金を借りたりすることは難しいでしょう。

債務整理が与える影響のまとめ

上記のように、債務整理をすることによる影響は様々です。保証人をつけている借金がある場合や、ローン、転職について不安がある場合は弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
西岡容子

西岡容子

熊本にて夫婦で司法書士事務所を営む。10年以上の実務経験で、債務整理の経験も豊富。現場での経験を活かしてユーザーのためになる確かな記事を執筆中。
西岡容子

最新記事 by 西岡容子 (全て見る)

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 債務整理の種類と基礎知識

債務整理弁護士事務所ランキング