債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

弁護士に債務整理を断られた時の対策

 

債務整理をしたく弁護士や司法書士に相談をしたものの、断れてしまう事があります。その理由と、断られてしまった場合の対処法について書いています。

197

弁護士に債務整理を依頼し断られた理由とは

貸金業者や銀行系が取り扱う個人向けの融資であるカードローン、またクレジットカードなどを過剰に使い過ぎてしまい、今の収入では返済することが出来なくなってしまった場合に債務整理をすることで利息を減らしたり借金を帳消しにするなどが可能になります。

債務整理というのは弁護士や司法書士などが在籍している法律事務所に相談をするのが一般的ですが、場合により債務整理の依頼を断られることもあります。

ただ単に債務整理と言いましてもいくつか種類があり、例えば貸金業者と直接交渉して借金減額や利息の免除などを行う「任意整理」、裁判所が仲介に入り借金問題を解決する「自己破産」「個人再生」などがあります。

よく聞くのが任意整理の依頼をしたら断られたというケースであり、その理由の多くは「返済能力が完全に劣ってしまっている」ということです。

返済能力(収入)が低い場合に断られることも

つまり客観的に見て自己破産しか方法が無いのにも関わらず、どうしても任意整理で解決したいと相談してきたり、任意整理後に5年以上返済を続ける必要があるような時などが挙げられます。

このことからあまりにも借金総額が多く、その返済に見合った収入を得ていなければ法律事務所もお手上げとなり任意整理の依頼を断るしかなくなるのです。

 

自己破産や個人再生も断られたというケース

任意整理を断られたということで、改めて自己破産や個人再生の手続きを依頼したとしても、担当の弁護士や司法書士によっては断られてしまうことがあります。

裁判所を利用した手続きですので断る理由は無いとお考えかもしれませんが、例えば「自己破産や個人再生の知識が疎い」「時間的な余裕が無い」などといった理由が挙げられます。

他にも法律の専門家と言えどもビジネスで相談を承っているワケですから、十分な報酬を期待出来ないというのも断る理由の一つと言えます。

 

法律事務所に債務整理を断られた場合の対処法

004

では、最初に相談に行った法律事務所で全ての債務整理を断られた場合にはどのような対処をしたら良いのでしょうか?

当たり前のことですが、現在では日本全国至る所に法律事務所があり、中には債務整理を主な業務として取り扱っているところも多くあります。そこで是非ともご活用いただきたいのが平成18年に設立された「日本司法支援センター」で通称「法テラス」と呼ばれている法務省所管の法人機関です。

法テラスへ相談をすることにより、借金問題解決の糸口となる様々な情報を案内してくれます。無料法律相談はもちろんのこと、弁護士会や司法書士会なども無料で紹介してもらうことが出来ます。

ただし、法テラスにもデメリットや利用制限があります。関連記事をどうぞ。

関連記事

 

法律事務所は一つではありません。貴方の借金問題を解決してくれる法律事務所はきっと見つかります。最後まで諦めること無く前向きな姿勢で進めていくことが大切です。

最後に一つ注意事項としまして、債務整理手続きが進められている最中に中小の消費者金融や闇金などから再度お金を借りてしまうと、担当の弁護士や司法書士が途中で依頼を降りてしまうこともあるので絶対に新たな借金をしてはいけません。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 債務整理ができない場合

債務整理弁護士事務所ランキング