債務整理の森

債務整理を依頼する際の弁護士の選び方と、それぞれの弁護士の口コミや評判を検証し解説します。

ギャンブルで作った借金の債務整理

 

ギャンブルやパチンコの借金が返せない!どうすればいい?

c535a1bc5c71b0c81cae430ea46f3d0d_s

借金の理由は様々ですが、中にはパチンコや競馬などのギャンブルによる借金で首が回らなくなってしまったと言う方もいると思います。

なんとか借金を返そうと、一攫千金を狙ってキャッシングを繰り返し、お金をつぎ込んでいくのですが、大損してしまい、ますます借金が膨らんでいってしまった、こんなときはどうすればいいのでしょうか?

ギャンブルから足を洗うしかない

パチンコなどのギャンブル依存性による借金を解決するには債務整理をして二度とギャンブルをしない事しか方法はありません。断言します。

債務整理というとギャンブルや浪費によるカード使用では利用できないと聞いた、と言う方もいるかもしれませんが、選択肢によってはギャンブルでも債務整理をすることも可能です。

ギャンブルがやめられない、家族に迷惑をかけてしまうほどギャンブルにハマっている、という場合はギャンブル依存症かもしれません。

関連記事

 

ギャンブルの借金でも債務整理ができる

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産という大きく分けて3種類の方法があります。この内で、任意整理と個人再生は借金の理由を問わず債務整理を行うことが可能です。

ただしこの2つの方法は自己破産と違い借金の総額を0にする方法ではありません。必ず3~5年で減額された借金を返済するというものですが、それでも借金が減り返済しやすくなるのは嬉しいメリットです。

 

ギャンブルの借金には任意整理か個人再生を利用しよう

実際にギャンブルなどでローンの返済ができなくなったと言う方の体験談を見てみると、返済額が5分の1程度に減るため返しやすくなった、思い切って弁護士に相談してよかった、と言う声が多く見られます。

債務整理というとマイナスのイメージを抱く人も多いのですが、借金で完全に首が回らなくなる前に専門家に早めに相談することが大切です。ギャンブルによる債務整理の場合、利用できるのは任意整理と個人再生ですが、この2つの違いは何でしょうか。

任意整理と個人再生の違い

任意整理と言うのは弁護士や司法書誌を通じて直接貸金業者と交渉してもらい、過払い請求などを経て再計算し、将来的に利息をカットした上で借金の総額を減らす物です。金額によって違いはあるものの、最終的に5分の1まで減額されるようです。

個人再生は割と新しい債務整理の方法ですが、裁判所を通じて借金の総額を減らしてもらうと言う方法です。借金の総額が5000万円以下であれば理由がギャンブルでも利用できる方法で、任意整理と自己破産の中間に位置します。いずれの方法が適切なのかは弁護士や司法書士に相談し決めることが大切です。

 

で?実際にギャンブルで作った借金は自己破産できないの?

破産法にはこんな記述があります。

(免責許可の決定の要件等)

第二百五十二条  裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

四  浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。

なんだか難しい表現ですが、要するにギャンブルの借金では破産を認めませんよって事です。

ギャンブルによる借金で自己破産をする実状

ただ、実務のところはちょっと違います。実際にギャンブルで作った借金でも免責が下りるケースはありますし、下りないケースもあります。

一概には言えない部分なんですね。どちらにしろ、個人再生や自己破産を選択する場合には裁判所に強い弁護士の事務所を選ぶ事がとても重要になります。司法書士では対応できないケースがほとんどで、のちのち弁護士を選びなおすという事にも成りかねません。

関連記事

 

まずは専門家に相談を

ギャンブルで借金をした人の体験談を見てみると、借金の返済が苦しくなったら早めに弁護士や司法書士などの専門家に相談することが大切だと言います。弁護士、司法書士の中には債務整理を得意とする人も多いので、口コミや体験談を見てあなたと相性のいい事務所を見つけることから始めましょう。

無料相談をフルに活用する

また多くの事務所は無料相談を受け付けていますので、スタッフや専門家の態度、対応などを直接見て聞いて、信頼できるかどうか判断してもいいでしょう。

無料相談は1回だけという事務所もありますが、契約するまで何度でも利用できるところもありますので、納得できるまで活用してみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
坂本一夫

坂本一夫

大手証券会社⇒大手出版社勤務、その後独立し10年ほど会社経営。その後、フリーライターとなる。自身も自己破産の経験あり。主に法律事務所の記事を担当。

相談フォームリンク

匿名相談フォーム

 - 債務整理ができない場合

債務整理弁護士事務所ランキング